カイト [編集]

デュエル・マスターズ プレイスキャラクター。肩書きを含めた名前は「水の守護者 カイト」。
メインストーリーとシティバトルで登場するNPCの一人。声は小笠原仁氏。
対戦開始時の称号は『水の加護』。
EPISODE 12 流離う民が捧ぐ唄の時のみ『人知が為の対旋律』。

論理的な戦い方をし、主人公の論理に縛られない戦い方に興味を抱く。コッコ・ルピコによれば、彼に認められるのは勝つことよりも難しい。
実はお笑い好きな一面があり、イメージのために周りには隠している。また、エレナがモデルなどをしているように、彼もプロゲーマーとして活躍している。

衣装のモチーフは、《アクアン》《クリスタル・パラディン》となっている。

  • 2020/4/9〜4/22に彼を主役にした期間限定イベント「教えて!カイト先生!」が開催されていた。
    • 報酬のわりに各種ミッションが「〇文明のカードを入れてランクマッチでX勝する」などといった難易度の非常に高い項目がゴロゴロしていたため、初心者はおろか熟練者にとっても理不尽極まりないものであった。
+  カイトスキンのエモートのセリフ

公式Twitterでの紹介[1] [編集]

日常の全てを論理的に分析し予測を欠かさない。
その冷静沈着な表情の裏に闘志をたぎらせる策士。
無限の戦略を使い、勝利の方程式を構築する。

使用デッキ [編集]

主に水文明を中心としたデッキを使用する。水文明使いらしくコンセプトはドローバウンスを中心にしたものが多い。
手札補充とバウンスに長けるためリソース切れや包囲制圧には期待しづらい一方、クリーチャーのパワーは低めなので《バースト・ショット》などの全体除去が有効なことが多い。
使用デッキは早めの速攻が多く、リソースが切れにくいことも相まって、AIの精度の低さで知られるNPC軍の中では比較的強敵。

+  一覧

限りなく循環する聖域 [編集]

  • DMPP-14リリース後のシティバトル「マスター改造計画 前編」で使用。

黄昏を待ちながら [編集]

  • DMPP-14リリース後のシティバトル「マスター改造計画 中編」で使用。

歌姫、次元を超え [編集]

  • DMPP-14リリース後のシティバトル「マスター改造計画 後編」で使用。

デュエマシティの日常では [編集]

7話から登場。
コッコ・ルピコに「アクア・サーファーさん」と名前を間違えられていた。流石にカイトも「間違え方ヤバいだろ」とツッコんだ。

コラボ [編集]

DMPCD-02の特典スリーブでは、四季の春を担当。
グレンと一緒に花見に来ている。

守護者 [編集]

各文明に一人ずつ存在する。

参考 [編集]