時空(じくう)戦猫(せんびょう)シンカイヤヌス》 [編集]

時空の戦猫シンカイヤヌス UC 水文明 (4)
サイキック・クリーチャー:ブルー・モンスター 4000
M・ソウル
K・ソウル
このクリーチャーに覚醒した時、カードを1枚引く。
ループ覚醒:自分のターン中に火のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このクリーチャーを《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》のほうに裏返す。
覚醒後⇒《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》

全制覇挑戦パック Vol.3で先行登場し、DM-38に収録されたM・ソウル/K・ソウル持ちのサイキックブルー・モンスター

覚醒すると《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》となる。特殊な覚醒方法であるループ覚醒を持ち、文字通り《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》とはループの関係になっている。

クリーチャーを出すと《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》の方に裏返り、味方1体をスピードアタッカーにできる。同じくサイキック・クリーチャー《時空の魔陣オーフレイム》との相性は良く、そちらをスピードアタッカーにしてシールドブレイクすれば、こちらのブレイク数を増やして合計3枚のシールドを割ることができる。

逆に、あちらの面の時にクリーチャーを出せばこちらの方に裏返り、カードを1枚ドローできる。単純ではあるが、展開と手札補充を同時にこなせるのは非常に便利である。

どちら面の能力も優秀だが、最大限に活用するためにはクリーチャーをバランス良く入れる必要がある。もしくはどちらのクリーチャーも出し分けることのできる超次元呪文と合わせるのもいい。このクリーチャーを呼び出すのにも使え、一石二鳥と言える。

サイキックコストが4なので《超次元サプライズ・ホール》《超次元グリーンレッド・ホール》などから呼び出しやすい。《爆竜トルネードシヴァXX》《爆裂のイザナイ ダイダラ》など、単純にクリーチャーアタックトリガー光臨のサポートとして使うだけでも十分に強力である。

裏面ともども面白い働きが期待できる有能なカードである。

  • 3、4マナの適当な超次元呪文から呼び出せるため、最後の詰めや終盤の接戦で追加のアタッカーを用意することができる。余った超次元ゾーンの枠に入れておけば役立つ場面もあるだろう。
  • 裏表を考えない場合、DM-37に収録されたどの呪文でもこのクリーチャーを呼び出すことができることになる。
  • 大剣を操るその姿はケングレンオーを彷彿とさせる。何らかの関係があるのだろうか。
  • 名前はローマ神話に登場する神である「ヤーヌス」からきているのだろう。前後両面に顔を持つとされており、その特徴はループ覚醒するこのカードに相応しい。
  • 全制覇挑戦パック Vol.3での収録に合わせ、公式サイトにてこのカードをコンセプトに据えたデッキが公開されている。このカードを使いたい場合は参考に見ておくと良いだろう。
  • DMEX-08にて再録された際にはなんと、両面共に実写の猫の写真になった。こちらの猫種は大柄の長毛種で吊り上がった眼をしているところから「ラガマフィン」であると思われる。
    • 能力テキストが《ヤヌスグレンオー》側と共に「このクリーチャー覚醒した時」になっている。おそらく、誤植だろうが、ルールに影響はない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

TCG版での「自分のターン中に(文明)のクリーチャーをバトルゾーンに出した時」というテキストは相手のクリーチャーにも反応する裁定となった。
これがデュエプレでは「自分のターン中、自分の(文明)のクリーチャーがバトルゾーンに出た時」となり、予期せぬ覚醒が起こらなくなった。

M・ソウルK・ソウルはなくなった。

収録セット [編集]

参考 [編集]