戦祭の化身(サンバ・トーテム) [編集]

戦祭の化身 UC 自然文明 (7)
クリーチャー:ミステリー・トーテム/オリジン 4000
S・トリガー
バトルゾーンに置く時、このクリーチャーはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、次の自分のターンのはじめまで、相手の攻撃クリーチャーは可能であればこのクリーチャーを攻撃する。

DM-35で登場したミステリー・トーテム/オリジン

S・トリガーを持った《戦いの化身》とでも言うべき能力を持つ。

結果的に強制ブロッカーの役割をこなすため、パワー4000のS・トリガーブロッカーだと考えればコストパフォーマンスは悪くないといえる。
基本パワーの低いデッキには中々刺さりそうだが、大型クリーチャーの出揃う終盤ではかなり厳しいだろう。
どちらにせよ、攻撃する前に手札除去カード破壊されたりしない限り1体は確実に足止めすることが可能。それだけで必要最低限の仕事といえる。
バトルゾーンタップして置かれる効果は強制なので、能力が発揮しやすい反面、攻撃クリーチャーとしては扱いづらいか。

  • 革命編で登場した《瞬撃の大地 ザンヴァッカ》コストが1増えた代わりにパワーが5000になっており、効果もタップインが任意、攻撃対象制限効果もcip能力から常在型能力になり、上位種の立ち位置でありながらもかなり強力かつ使いやすくなっている。この手の効果におけるパワー1000の差や、単純な扱いやすさの差は極めて大きいものの、刺さる相手を考えると素出しも考慮するならコスト7と8の差も決して小さいものではないので、仮想敵や自デッキの加速能力、種族の違い等と相談して上手く使い分けると良いだろう。種族のミステリー・トーテム、ガイア・「コマンド」は共に革命編で注目されているので、今後活躍の場は互いに広がるかもしれない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

戦祭の化身 R 自然文明 (7)
クリーチャー:ミステリー・トーテム/オリジン 4000
S・トリガー
このクリーチャーは、タップしてバトルゾーンに出る。
相手のターン中、このクリーチャーがタップされていて、そのターンにまだ攻撃を受けていないなら、相手のクリーチャーは可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

《不落の超人》と同じ、毎ターン働き、相手に攻撃拒否の権利がない効果に上方修正された。
ただし、そのターンに1回攻撃を通したらプレイヤーに攻撃できるようになる。TCG版ではパワー3500以下が大量に並んでいても全員の攻撃をためらわせることができたが、こちらは1体を犠牲にゴリ押しができてしまう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-13
    全員まとめて相手してやるぞお!――戦祭の化身

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]