乱打(らんだ)覚醒者(かくせいしゃ)ジャパニカ》 [編集]

乱打の覚醒者ジャパニカ SR 自然文明 (14)
サイキック・クリーチャー:ジャイアント 17000
W・ソウル
自分のターンの終わりに、自分の山札を見る。その中からクリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。
T・ブレイカー
解除
覚醒前⇒《時空の豪腕ジャパン》

DM-36で登場したW・ソウル持ちのサイキックジャイアント

エキスパンションの14コストサイキック・クリーチャーサイクル自然担当で《時空の豪腕ジャパン》覚醒した姿。17000という高いパワーに加え、ターンの終わりにクリーチャーサーチすることができる。

覚醒条件を考えると地味だが、クリーチャーサーチはなかなか便利。状況に応じて好きなクリーチャーを持って来られるので、次のターンに備えて追加のアタッカーを補充したり、ニンジャ・ストライク持ちのシノビマッドネス手札に加えて、相手をけん制することもできる。
《時空の豪腕ジャパン》と合わせて、【ドルゲーザ】【シノビドルゲーザ】クリーチャーコントロールにかみ合った性能だといえる。

また、覚醒条件を満たして《乱打の覚醒者ジャパニカ》に裏返したのであれば、すでに場には4体以上のクリーチャーが展開されている筈なので、T・ブレイカー除去耐性を持った《ジャパニカ》を軸に攻め立てれば、覚醒したそのターンに勝負を終わらせることも出来るだろう。

欠点としてサーチを使えるのはターンの終わりなので、S・トリガーS・バック除去されると能力を使えなくなってしまう。
ただ、攻撃の布陣が完成しているのにもたついてまでサーチをする意義は薄いので、攻めるタイミングをしっかり見極めたい。

また、そもそも覚醒の難易度が高いため、フィニッシャーとしての安定感や信頼性といった点では見劣りする点も多い。

デッキの切り札にしては地味すぎるが、覚醒条件そのものは特殊ではないため、条件を満たせるデッキに差し込む分には一考の余地があるだろう。
《乱打の覚醒者ジャパニカ》に覚醒出来れば、解除持ちのT・ブレイカーサーチ能力は心強く、サブフィニッシャーとしては十分な性能である。

  • 名前となっている「ジャパニカ(Japonica)」とは、「欧米人の間の日本趣味」、または「椿」、または米の二大種別の一つである「ジャポニカ米」の事を指す。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

乱打の覚醒者ジャパニカ SR 自然文明 (14)
サイキック・クリーチャー:ジャイアント 17000
自分のターン終了時、自分の山札からコスト7以上のクリーチャーを探索し、1枚をバトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
T・ブレイカー
解除:バトルゾーンを離れる時、かわりに《時空の豪腕ジャパン》のほうに裏返す。
覚醒前⇒《時空の豪腕ジャパン》

ターンの終わりの効果は、《ディメンジョン・ゲート》からリクルートに変更された。
強いクリーチャーが選ばれやすいよう、コスト7以上の範囲で探索する。

《連珠の精霊アガピトス》など、コスト6以下の範囲で横並べさせるクリーチャーを使い《時空の豪腕ジャパン》の覚醒をサポートすれば、《乱打の覚醒者ジャパニカ》で出すクリーチャーを3種類以下に絞ることもたやすい。
攻撃に参加できるのは次のターンからなので常在型能力持ちなら《光神龍スペル・デル・フィン》《聖鎧亜キング・アルカディアス》(進化も出せるので)、《ボルシャック・クロス・NEX》など、cip持ちなら《キング・レムリア》などが候補だろう。

サイクル [編集]

DM-36/DMPP-13サイキック・クリーチャーサイクル。TCGではこれら5種そのものがスーパーレアであり、デュエプレではそれぞれに対応したスーパーレア超次元呪文を入手した際に自動的にストレージに加わる。
それぞれ覚醒条件が異なり、覚醒後は全てのクリーチャーが解除を持つ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-13
    聖地フィオナの名を冒涜する行為に、度重なる侵略を耐えてきたジャパニカも覚醒の力に目覚めるのだった。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]