密林(みつりん)総督(そうとく)ハックル・キリンソーヤ》 [編集]

密林の総督ハックル・キリンソーヤ UC 自然文明 (3)
進化クリーチャー:ドリームメイト 5000
マナ進化:自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつ出す。
シールド・フォース(このクリーチャーを出す時、自分のシールドを1つ選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次のSF能力を得る)
SF−自分のクリーチャーは、それよりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない。

DM-28で登場した自然マナ進化ドリームメイト
エキスパンションの新能力であるマナ進化と、自分のクリーチャーを条件付きでブロックされないようにするシールド・フォースを持つ。

コスト3と軽い上にパワーが5000もあるため、速攻デッキでは強力なウィニーアタッカーとしてよく使用される。チャンプブロックをすり抜けるシールド・フォースも優秀であり、ダイレクトアタックへの最後の駄目押しとして凶悪なまでの突破力を持つ。

単純なアタッカーとしてだけでなく、同系デッキに対して殴り返しに使っても良いだろう。ウィニーの中では他を抜きん出るパワーの高さもあり、バトルには大抵負けない。またシールド・フォースによって《ねじれる者ボーン・スライム》《死神術士デスマーチ》などの邪魔なブロッカーブロックされないことも魅力。

デメリットを挙げるなら、マナ進化によって自分のマナを減らすことだろう。無闇に使いすぎると後続を呼ぶためのマナが足りなくなり、マナチャージのために手札を多く消費しなければならなくなる。デッキ構成・プレイングの双方に気を付けて使いたい。

自然入りの速攻デッキならば必須カードと言えるだろう。非常に優秀なマナ進化クリーチャーであり、DM-28でも白眉のカードである。

環境において [編集]

神化編環境からドラゴン・サーガ環境にかけて【黒緑速攻】で活躍。ただし、S・トリガーとして踏んだ《ミラクルとミステリーの扉》から《勝利宣言 鬼丸「覇」》が飛び出る時代であったエピソード2環境などのように、不遇なシリーズもあった。

革命編環境【緑単ベアフガン】に使われることもあったが、それ以降は永らく環境と縁がなかった。ところが王来篇環境【緑単ベアフ・ガンガンオー】が見掛けられるようになると、そちらの侵略元として復権。

その他 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-11
    ここが我らの戦場!皆の者、要塞を守り抜くのですぞ!!――密林の総督ハックル・キリンソーヤ

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]