神羅(しんら)ブリザード・ムーン》 [編集]

神羅ブリザード・ムーン SR 水文明 (6)
進化クリーチャー:ルナティック・エンペラー/サイバー・コマンド 9000
究極進化−自分の進化クリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、カードを3枚まで引いてもよい。
W・ブレイカー

DM-32で登場した究極進化ルナティック・エンペラー/サイバー・コマンド

アタックトリガーで3枚までドロー可能なため、出した直後に数量のディスアドバンテージを即リカバリー可能。
6コスト究極進化ではやや軽いため、運用もしやすい。
究極進化としては地味ではあるが、堅実な働きが望める。

アタックトリガーでのドローであるため《ロスト・ソウル》などに耐性があり、さらにこのカード除去されても豊富な手札から次の手が打ちやすい。
特に《エンペラー・マルコ》などから進化し、圧倒的な物量を生かして押し切るような戦法が向いている。

コストの低さもあり、文明の低コスト進化クリーチャーを中心にまとめたビートダウンに合わせやすいカードだろう。
デッキ進化マナ進化などを多用するデッキでも輝く。

  • ブリザード(Blizzard)は吹雪。カードイラストでは氷の外骨格のようなものを纏っており、非常に派手。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

神羅ブリザード・ムーン SR 水文明 (6)
進化クリーチャー:ルナティック・エンペラー/サイバー・コマンド 9000
究極進化-進化クリーチャー
攻撃する時、自分の手札が上限枚数になるまでカードを引いてもよい。
自分の手札が10枚あるなら、このクリーチャーは攻撃もブロックもされない。
W・ブレイカー
(このカードは、《羅月ブリザード》として召喚してもよい)
羅月ブリザード SR 水文明 (4)
進化クリーチャー:サイバー・コマンド/ルナティック 5000
進化-水のクリーチャー
ルナティック進化[水(6)]:このクリーチャーを《神羅ブリザード・ムーン》に究極進化させる。
攻撃する時、カードを1枚引く。

他のルナティック・エンペラー同様に、ルナティック進化をもつ《羅月》側のクリーチャーを内蔵するカードとして登場した。

他4体の究極進化と比較すると、《羅月》でアドバンテージを稼ぎつつ《神羅》に成長させたり、あるいは《羅月》だけでも戦っていける性質を持つのに対して、このカードは《神羅》に到達させないとあまり採用価値がないカードとなっている。

《羅月ブリザード》は水のクリーチャーから進化するクリーチャー。cipはなく、アタックトリガーで1ドローする能力がある。
ただしルナティック進化してから攻撃すれば最大限にドローできるため、この形態でS・トリガーのリスクを負う不用意な攻撃は状況次第では悪手となる。
究極進化をあまり生かせないデッキで採用したら、《羅月ブリザード》より1マナ少なく進化速攻でき、cipなので攻撃せずとも1ドローできる《エンペラー・ヒミコ》の影がちらつく。

《神羅ブリザード・ムーン》はアタックトリガー手札上限10枚までと派手なドロー効果に強化された。
さらに手札10枚なら疑似的な飛行を得る効果も追加されている。
アタックトリガーを使えば容易く条件が満たされるのでほぼ毎ターン攻撃されないブロックされないクリーチャーとなるが、これらの能力と引き換えに次のターンのドローを事実上放棄することになる。
返しのターンに除去されたとしても豊富な手札があれば体制を立て直すことは難しくないだろう。
《ルナ・コスモビュー》《クリスタル・アックス》、軽いサイバーを進化させて戦線を維持していきたい。

また、1枚でもハンデスされれば攻撃もブロックもされない効果が消えてしまうが、相手はハンデス殴り返しを同時に行わないと耐性を剥がしても手出しができない。ハンデスデッキがパワー9000超えのクリーチャーを出していることは少なく、スレイヤー《不浄の魔人ジャラ》ぐらいでしか対応できない。
つまり《デーモン・ハンド》など直接的な除去を踏まない限りビートダウン要員やリーサル要員として信頼できる。

前述の通り、《羅月ブリザード》を経由する主なメリットは「ルナティック進化前に1〜2回アタックで相手のシールドを削りつつドローする余地がある」ことなので、その点を重視しないのであれば他の進化元から究極進化もできるようにしたデッキ構築が望ましい。
S・トリガーで《羅月ブリザード》が除去されることを嫌ってブレイクを行わないのなら必然的に除去の的になるため、《機真装甲ヴァルドリル》《魔皇アンドラージ》といった究極進化の種から奇襲的に登場させて一気に最大ドローするのが理に適っている。
とはいえ相手のデッキタイプから棒立ちしている《羅月ブリザード》を除去できるカードを搭載していないと予想できるなら中盤でもルナティック進化を狙うなど、臨機応変に対応したい。

DMPP-12までは《神羅ブリザード・ムーン》の評価はかなり低かったが、DMPP-13で登場した《キュート・ウィスパー》のおかげで《アストラル・リーフ》の召喚難易度が低くなり、その結果、無理なく究極進化を狙えるようになったため、【サイバービートダウン】で採用の機会を得た。
やはりルナティック進化能力は使われることは少ないが、《羅月ブリザード》自体は《ツクモ・スパーク》《トリア》などを打点に変換することができるので役立つ場合は少なくない。

  • 「実は女性型」と語られた《神羅ブリザード・ムーン》だが、《羅月ブリザード》のイラストには顔と乳房がしっかり描かれており、女性型であることがよりわかりやすくなっている。
  • デュエプレ環境では全く関係ないが、手札が10枚ちょうどであることが疑似飛行を得る条件である。TCG版だと手札が11枚以上になることが可能なため、そちらに準拠するなら「手札が10枚以上なら」となるべきだろう。
  • 《羅月ブリザード》は召喚酔いしない「コマンド」という独自性がある。まだまだ先の話だが、侵略が実装されたらこのカードの価値も大きく変わるだろう。

サイクル [編集]

DM-32スーパーレア究極進化クリーチャー。いずれも種族ルナティック・エンペラーを持つ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-32
    月が凍てつく冷気に閉ざされる時、吹き荒れる嵐が全てを閉ざす。
  • DMPP-12
    • 月が凍てつく冷気に閉ざされる時、吹き荒れる嵐が全てを閉ざす。(神羅ブリザード・ムーン)
    • その衛星の名はラムーン。オリジナル・ハートに対抗すべく、さらなる進化の力を持つ戦士を超獣世界へと送り込んだ。(羅月ブリザード)

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 後手が2ターン目にマナ加速しつつ、3ターン目に《炎獄スマッシュ》などのコスト4の除去札を使うというパターンはあるが、手札消費の観点で3ターン目に除去を撃てるデッキ構成はかなり少ない