デュエマシティの日常 [編集]

デュエル・マスターズ プレイス公式Twitterで不定期で連載されている4コマ漫画。

イラストは羊箱氏(第1話から第6話まで)およびaneko氏(2周年特別編以降)。

  • 羊箱氏の作風は流血などブラックジョーク寄りで、aneko氏の作風は一切流血描写がないため、一気に世界観が変わったように錯覚する。

公式サイトのSPECIAL→COMICで見る事も可能。

通常回 [編集]

第1話「デュエル!」 [編集]

  • デュエル・マスターズの解説をするコッコ・ルピコが必要以上にやかましかったのか、あるいはカードを使って戦うという解釈を誤ったからか、プレイヤー(デュエプレ)がルピコに向かってカードを投げつけるという話。

第2話「チュートリアル!」 [編集]

  • ゲームに慣れているプレイヤーは、チュートリアルを飛ばして手探りで遊び出しがちというあるあるネタ。
    • 第1話でカードを投げつけられたルピコは出血していた。4コマ目でまたしてもカードを投げつけられ「ぐへー」っと出血している。公式がルピ虐

第3話「光の守護者」 [編集]

  • エレナさんに会ったプレイヤー達。ルピコはプレイヤーがまたカードを投げつけないかと焦るが、当のプレイヤーはエレナさんの教えに素直に従うという話。

第4話「デッキの組み方」 [編集]

  • エレナがマナの大きさについてプレイヤーに説明するが、プレイヤーはエレナの大きな胸を凝視し、ルピコはそれに劣等感を抱く話。

第5話「シールド!」 [編集]

  • エレナからプレイヤーを引き離すルピコ。しかしうっかり床で寝ていた人物に足が当たってしまったが、ゲーム外の物理的な攻撃もシールドがあれば大丈夫!という話。
    • 平然と新キャラ(漫画内ではまだ名前は公開されていないがグレン)が床で寝ていたり、プレイヤーが人を蹴ってしまったのがシールドブレイク扱いになったり、グレンの目にカードが張り付いて楽天カードのCMキャラクター「楽天カードマン」のような見た目になっていたりと、ツッコミ不在のカオス回になっている。

第6話「火の守護者」 [編集]

  • 光のデッキを使ってるプレイヤーに対し、グレンの兄貴が火文明のデッキを作るために試練そっちのけでカードパックを買いに行く話。

第7話「水の守護者」 [編集]

  • プレイヤーにカードパックを買いに行かせようとするグレンの所に水の守護者カイトが乱入。やはり試練そっちのけで今後は水文明のデッキを作るためにカードパックを買いに行く話。

第8話「闇の守護者と自然の守護者」 [編集]

  • 闇の守護者ルカと自然の守護者チュリン、そして何故か喋るゴリラが合流して皆でカードパックを買いに行く話。

第9話「クリーチャーの召喚方法」 [編集]

  • ルカがJJからクリーチャーを召喚するマナを生むために大地(物理)に埋まったり、リロ自爆地縛霊になったりの受難を問われる話。

第10話「心配性の姉」 [編集]

  • ダピコはルピコを溺愛しているという話。

第11話「心配性のジャスミン」 [編集]

  • 些細な事を飛躍させて考えてしまう話。全年齢版「くっころ」。

第12話「優しいプレイヤーさん」 [編集]

  • プレイヤーは侵略者全員に優しいが、ダピコは自分にだけに優しくしてくれていると勘違いし、ルピコはプレイヤーの優しさを恨めしく思っている話。

特別回 [編集]

2周年特別編 [編集]

  • 火の守護者グレンと闇の守護者ルカがどちらも【ガントラビート】が「お気に入りのデッキ」とのこと。もちろんその4コマ時空だけの設定である。
    • 【ガントラビート】は安価ながら環境でも活躍できる息の長いデッキとしてプレイヤーの間に共通認識があり、文明の守護者であってもそれに手を染めることはあるかもしれないというネタ。

特別編「ダピコのバレンタイン」 [編集]

特別編「レッツ!ルピアパーティー?」 [編集]

特別編「夏!!」 [編集]

  • 出演キャラクターたちは新衣装を獲得したが、アバターは季節や衣替えに関係なく希少度の高い衣装を着せられているというあるあるネタ。
    • 特にこの4コマではシークレット版《覇竜凰ドルザバード》付属の衣装を着ていて、かなりあつそうな見た目である。「俺はドルザバード」という発言も、「俺はドルザバード(の衣装を着ている)」とも「俺(の名前)はドルザバード」とも読めるのが面白い[1]

特別編「クリーチャー達の夏」 [編集]

参考 [編集]


[1] これに該当する文章は「うなぎ文」などと呼ばれる。