《エンペラー・キリコ》 [編集]

エンペラー・キリコ SR 水文明 (8)
進化クリーチャー:サイバーロード/オリジン 13000
進化:サイバーまたはオリジン1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の他のクリーチャーをすべて、好きな順序で自分の山札の下に置く。その後、山札の上から、進化ではないクリーチャーが3体出るまでカードを表向きにする。その3体を出し、山札をシャッフルする。
※殿堂入り

DM-32で登場した進化サイバーロード/オリジン

バトルゾーンに出た時、自分の他のクリーチャーを全て山札の下に送還。その後、山札の上から進化でないクリーチャーが3体出るまでめくり、その3体を出したのち山札シャッフルする。
要するに自分の盤面をリセットした後、山札からランダムに3体、進化でないクリーチャーコスト踏み倒しするということ。

進化でなければ、コスト文明を問わずどんなクリーチャーでも3体もコスト踏み倒し出来るという、まさに規格外の性能の持ち主。
その分山札からめくって出すためランダム性を孕むが、専用構築をすれば改善可能。バトルゾーンに出た時、自分の他のクリーチャーを全て山札の下に送還してしまうが、そもそもバトルゾーンに自分のクリーチャーがいなければデメリットにならない。むしろ、進化元のみの盤面からパワー13000のT・ブレイカーと3体の強力なクリーチャーが展開できるのはメリットといえる。

コスト踏み倒しする対象は、単体で高いフィニッシュ力を持つファッティや、強力なcip持ちクリーチャー、追加打点で一気に仕留めるスピードアタッカーなどの選択肢がある。
エピソード1での【エンペラー・キリコ】の最終形では、《エンペラー・キリコ》とスピードアタッカーの打点に加え、《光神龍スペル・デル・フィン》呪文を封じた上で1ショットキルを叩き込むのが定石であった。打点候補は、《母なる星域》から踏み倒すことが可能でマナゾーン《光神龍スペル・デル・フィン》を出すことが出来る《超竜ヴァルキリアス》を第二の軸とし、《超竜ヴァルキリアス》で踏み倒せる大型スピードアタッカードラゴンで固めるのが主流であった(【ドラゴンキリコ】、【ヴァルキリコ】とも)。

進化元となるサイバーオリジンは、《黙示賢者ソルハバキ》《黙示聖者ファル・レーゼ》が採用される。コントロールカードとしてデッキ回転を助けつつ、《エンペラー・キリコ》でコスト踏み倒ししてしまっても《母なる星域》回収することで、自身を進化元に《エンペラー・キリコ》を出し直す隙のないムーブが可能であった。
プレミアム殿堂以前の《蒼狼の始祖アマテラス》《母なる星域》山札から唱えられることから鉄板中の鉄板であった。

欠点としては進化クリーチャーコストが8とかなり重めなことが挙げられるが、進化元は良粒揃いの上、《母なる星域》で両方のデメリットをほぼ克服してしまった。それでもハンデスランデスなどのコンボ妨害、速攻などはつらい展開になりがちであったが、逆に言えばそうでないデッキ相手なら常々、《エンペラー・キリコ》を出すことにさえ成功すれば、圧倒的な能力で相手を捻り潰すことが可能だった。

1度出されると悪い時は全くターンが回ってこないことから、往年の《無双竜機ボルバルザーク》に匹敵するとまで言われ、『ボルバル・マスターズ』になぞらえて『キリコ・マスターズ』という言葉まで生み出した。《サイバー・N・ワールド》《ボルバルザーク・エクス》の登場以降はさらに悪化し、【エンペラー・キリコ】【Nエクス】と並んでソリティアデッキとして名をはせ、環境を蹂躙した。

進化クリーチャー進化元ディスアドバンテージにして召喚されるため、通常のクリーチャーに比べて強力なデザインをされているのが普通だが、このクリーチャーはそれを補って余りあるほどの膨大なアドバンテージを叩き出す凶悪なフィニッシャーであった。
長い歴史を誇るデュエル・マスターズの中でも、《聖鎧亜キング・アルカディアス》《邪神M・ロマノフ》と並ぶ史上最凶の進化クリーチャーといっても過言ではないクリーチャーである。

環境において [編集]

神化編最初の弾であるDM-32で登場すると、すぐに専用デッキ【エンペラー・キリコ】が組まれ、環境に出現。強力なカードではあるが汎用性の高いカードなわけではないので、専用デッキ以外での採用はまずなく、新しいアーキタイプが確立するまでにはそれなりの時間を要した。

当初のコスト踏み倒し候補は《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》《魔刻の斬将オルゼキア》《光神龍スペル・デル・フィン》などのグッドスタッフ達。また、非常に高い汎用性と対応力を持ちながら進化元にもなる《蒼狼の始祖アマテラス》は登場からプレミアム殿堂までの間必ずセットで採用され続けた。

《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》は2009年12月19日まで4枚積み可能であり、山札送還を拒否できるため複数回の《エンペラー・キリコ》でも盤面を保持でき、よく採用された。ワンショットには《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》が用いられ、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》の一斉攻撃は耐えるのが難しかった。

不完全なフィニッシュ力を補うために様々な型が検討され、《緑神龍ザールベルグ》《シェル・フォートレス》でのランデスに特化した【キリコランデス】などが考案された。

DM-33《母なる星域》が登場すると、《キリコ》を手札に保持しておく必要がなくなり大幅に強化された。とりあえずマナゾーンに置いておき準備が整ってから《母なる星域》で踏み倒すという動きがしやすくなったのである。

進化コストの重さ、ハンデス等によるコンボ妨害の耐性のなさを一気に克服し、地雷デッキのひとつに過ぎなかった【エンペラー・キリコ】は瞬く間にトップメタにのし上がる。当時4積み可能であった《蒼狼の始祖アマテラス》から安定して着地させることが可能であり、コスト踏み倒し《蒼狼の始祖アマテラス》がでれば母なる呪文や《フォース・アゲイン》を使うことで再度《エンペラー・キリコ》を出し直すことが可能であった。
マナゾーンに《エンペラー・キリコ》を含む7マナがあれば、《黙示賢者ソルハバキ》《蒼狼の始祖アマテラス》を通して突然空の盤面から《エンペラー・キリコ》が飛んでくるという即死性により、多くのプレイヤーを恐れさせた。

DM-34《ボルシャック・クロス・NEX》が登場すると、それと《光神龍スペル・デル・フィン》などのファッティドラゴンを主なコスト踏み倒し先にし、《龍仙ロマネスク》と第二の軸となる《超竜ヴァルキリアス》《超竜バジュラズテラ》を組み込んだ【星域キリコドラゴン】が誕生。
コストドラゴングッドスタッフ性が高く《エンペラー・キリコ》がなくても十分強力であること、《超竜ヴァルキリアス》《超竜バジュラズテラ》との相性が良いこと、4枚使えた《龍仙ロマネスク》マナブーストから種族まで膨大なアドバンテージを余すことなく使えたなど、極めて屈強なシナジーと完成度を誇るデッキであり、【星域キリコドラゴン】【キングロックキリコ】と共に環境を席巻した。

神化編環境で暴れ回ったが、2010年5月15日、《龍仙ロマネスク》《蒼狼の始祖アマテラス》《聖鎧亜キング・アルカディアス》プレミアム殿堂)など相性の良いカードとともに遂に殿堂入り進化クリーチャーとしては5例目の殿堂入り。デッキの核を見事に撃ち抜かれた結果となり、【エンペラー・キリコ】の爆発力も安定性も格段に低下。覚醒編サイキック・クリーチャーフィニッシャーとして跋扈する環境に変化し、【エンペラー・キリコ】は大きな弱体化を余儀なくされた。

《キリコ》の着地・デッキパワーの確保共に難しくなったことで環境からは一歩引く形となったが、代わりに超次元をサブフィニッシャーとして新たな戦略プランに組み込んだり構築をコントロールに寄せることで【エンペラー・キリコ】はしぶとく生き残っていた。この時期はどちらかというと【不滅オロチ】のサブフィニッシャーに使われることが多く、環境においてはそちらでの活躍が大きかった。

そしてエピソード1に突入すると、立て続けに相性がいいカードが登場し、一気に復権を果たした。
手札補充・進化元・打点・擬似的な墓地回収と三面六臂の活躍を見せる《サイバー・N・ワールド》パワーカードの化身でありハンデス対策ができる上に味方のスピードアタッカー化で1ショットキルを強力にサポートする《永遠のリュウセイ・カイザー》を獲得。地位が揺らいでいた《エンペラー・キリコ》本人に再び栄光が舞い戻ることになる。

最終的には《ボルバルザーク・エクス》という最高の相棒まで現れた。マナアンタップは更なるクリーチャーの展開を助長し、空の盤面からの《エンペラー・キリコ》降臨がさらに容易に。《エンペラー・キリコ》で山札に戻し再利用することで、マナは延々アンタップされつづけ、デッキのすべてのパワーカードを出し尽くすまで《エンペラー・キリコ》の賽を振り直した。
【Nエクス】の機構を組み込んだ【エンペラー・キリコ】は、《キリコ》が盾に落ちていても困らないほどのデッキパワーを誇った。
こうしてエピソード1グッドスタッフをふんだんに積みこんだ新型【星域キリコドラゴン】はあらゆる大会のトップを独走することとなった。

プレミアム殿堂入り前の約半年間は【ザビ・ミラキリコ】というデッキが活躍を果たした。このデッキは《復活の祈祷師ザビ・ミラ》さえ捲れれば他のコスト踏み倒し先の質を問わないため、《緑銅の鎧》《天真妖精オチャッピィ》などのウィニーもある程度気兼ねなく採用可能であった。極論超次元呪文《ヴォルグ・サンダー》を連打するだけでも勝てる場合があり、よしんば山札を削り切れなくとも【エンペラー・キリコ】系統であればメインデッキに呼び出し先のクリーチャーが十分残っているか疑わしい状況に追い込むことができた。

合計1年以上の長きにわたり環境に君臨し続けたフィニッシャーであったが、2012年3月15日付で《邪神M・ロマノフ》と共にプレミアム殿堂への昇格が決定。進化クリーチャーとしては《邪神M・ロマノフ》と同時で2例目のプレミアム殿堂。当時の環境での活躍を見ればこの措置もやむを得ないだろう。
こうして【エンペラー・キリコ】系列のデッキ王来篇まで完全に消滅することになった。《インフェルノ・ゲート》《ミラクルとミステリーの扉》などのように、マナコストの制限のないコスト踏み倒しは非常に強力であるという不文律を示したカードの1つとなった。

エピソード2間近でのプレミアム殿堂入りであり、エピソード2ゼニスキング・コマンド・ドラゴンなどの強力なファッティが登場したため、そのためにも必要な措置だったのだろう。

【星域キリコドラゴン】自然デッキエンジンでファッティクリーチャーを繰り出して戦うデッキアーキタイプとして、【Nエクス】のノウハウとともにビッグマナに受け継がれることになる。
特に【白刃鬼】には、カードを駆使した防御機構まで見事に受け継がれたといえる。

その後、何枚か転生版が作られたが、性能は大きく変化しておりそれぞれ別のデッキビルディングが求められる。
エピソード2では《真実の神羅 プレミアム・キリコ・ムーン》ドラゴン・サーガでは《甲型龍帝式 キリコ³》が登場した。

時は経ち王来篇に入ると、DMEX-17デュエキングMAXカードとして再録され、DMBD-18の発売と合わせて規制緩和の布石とも考えられた。
案の定、その後の殿堂入りへの降格が決定され、 2022年1月1日付けで殿堂入りに降格となった。必ずセットで使われていた《蒼狼の始祖アマテラス》DS末期からプレミアム殿堂になっている、軽量のコスト踏み倒しメタの増加、8コスト進化クリーチャーが重すぎて環境に対抗しづらい等様々な理由から解除が妥当と判断されたためであろう。

今後はDMBD-18の強化札として期待できる。そちらに収録された《神歌の歌姫 アマテラス・キリコ》とはセットで使えるだろう。《クイーン・アマテラス》《蒼狼の王妃 イザナミテラス》など新たな進化元が登場しているので、1枚積みのハンデを乗り越えたい。

殿堂復帰後は【キリコチェイングラスパー】で一定の活躍を収めている。とはいえあくまでループの補助としての性質が強く、このデッキはこれに依存するコンボデッキというわけではない。

DMRP-21で自身の能力の濁りにならない《アストラルの海幻》《コーライルの海幻》進化元に獲得。

その他 [編集]

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

エンペラー・キリコ SR 水文明 (9)
進化クリーチャー:サイバーロード/オリジン 13000
進化-サイバーまたはオリジン
バトルゾーンに出た時、自分の他のクリーチャーをすべて自分の山札の一番下に置く。その後、山札の上から、進化でないクリーチャー3枚をバトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。(自分の《エンペラー・キリコ》のこの効果は、各ターン中1回のみ発動する)
T・ブレイカー

コストが1上昇し、cipが1ターンに1回のみしか発動しなくなった。
とはいえ、最大の特徴である「進化でなければ、コスト文明を問わずどんなクリーチャーでも3体もコスト踏み倒し出来る」という点は変わっていない。

《無頼妖精ワイルド・リリィ》《薔薇の使者》《神歌の星域》といった登場時ではほぼ専用のサポートカードや、《蒼狼の始祖アマテラス》といった相性のいいカードも充実している。
そして、TCG版で《エンペラー・キリコ》が登場した当時とは異なり、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》が4枚使えるため、《エンペラー・キリコ》が出たターンに即相手シールドを全焼却してダイレクトアタックに持ち込むことも可能になった。

DMPP-13期には、【ボルシャック・NEX】【剣誠・ドラゴン】にフィニッシュまでの低速化の調整が加えられたため、【エンペラー・キリコ】にも《薔薇の使者》のコスト加重調整で低速化された。

  • シークレット版はカイトともに描かれており、シークレット版を入手するとカイトのスキンが手に入り、戦闘BGMに『EMP-ERROR-』が設定できるようになる。
    • 余談だが、SEGAの音楽ゲームには『the EmpErroR』というよく似た曲名の楽曲があるので、検索の際には注意。デュエプレの『EMP-ERROR-』は電磁パルスの皇帝(エンペラー:emperor)、すなわちサイバーロードを意味していると思われる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-12
    エンペラー・キリコ。それはかつて神歌の力を見込まれ、オリジンの神に仕えていた巫女である。
  • DMPP-12(シークレット)
    「この状況、君ならどう解き明かす?」――水の守護者 カイト

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]

  • キリコ (デュエプレのキャラクター)