蒼神龍(そうしんりゅう)スペル・サモニオン》 [編集]

蒼神龍スペル・サモニオン VR 水文明 (7)
クリーチャー:ポセイディア・ドラゴン/オリジン 7000
このクリーチャーが攻撃する時、各プレイヤーは自身の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードが両方呪文で、コストが異なる場合、コストの大きい呪文を表向きにしたプレイヤーがコストを支払わずに唱えてもよい。表向きにしたカードが両方クリーチャーで、パワーが異なる場合、パワーの大きいクリーチャーを表向きにしたプレイヤーがコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー

DM-33で登場したポセイディア・ドラゴン/オリジン

アタックトリガーで両プレイヤー山札の上を公開させ、両方呪文ならコストの高い側が、両方クリーチャーならパワーの高い側がそれぞれ表向きにしたカードプレイできるという能力を持つ。
両者のカードタイプが違う場合・クリーチャー呪文以外の場合・コストパワーが同じの場合は何も起こらない。

コスト踏み倒しによくあるコスト上限や文明進化の縛りは一切ないため、うまく高コスト呪文や高パワークリーチャーを引き当てれば戦局はかなり有利になる。反面、何も考えずに使うと表向きにするだけで終わったり、相手に大規模なコスト踏み倒しを許したりする可能性があり、非常にギャンブル性が高い。

上手く使うには《ガード・ビジョン》《コーライル》《ラグーン・マーメイド》などを使い、相手と自分の山札の上を把握あるいは操作をこなさねばならないため、難易度は非常に高い。専用の構築でなければ、普通に手札から召喚したり、呪文を唱えたりする方が確実である。

更に、単にファッティコスト踏み倒しをするなら【連ドラ】【ミステリー・キューブ】などで大抵のものが出せるようになっており、「召喚」扱いで出せることを活かす必要がある。

狙うならやはり、召喚時限定の強烈なcipを持つゼニス《正体不明》ジ・アンサーなどか。《封魔アドラク》ならば5マナで互いの山札の上を操作できるので相性が良い。

唯でさえ不安定なアタックトリガーな上、山札操作まで行わねばならず、専用デッキを作るとなっても骨が折れそうである。面白い能力だが、総じて上級者向けのカードと言える。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

蒼神龍スペル・サモニオン VR 水文明 (7)
クリーチャー:ポセイディア・ドラゴン/オリジン 7000
攻撃する時、各プレイヤーは自身の山札の上から1枚目を表向きにする。それらのカードが同じカードタイプなら、自分の公開したカードを使う。その後、使わなかったカードを持ち主の手札に加える。
W・ブレイカー

DMPP-12で実装。アタックトリガーが改変を受けた。
TCG版ではクリーチャー無料で召喚するか呪文無料で唱えることしかできなかったが、クリーチャー呪文に限らずクロスギアのほか、将来デュエプレに実装されるであろうあらゆるカードタイプコスト踏み倒しの対象になった。
また捲れたカードマナコストパワーを問わずにコスト踏み倒しできるようになった。
さらに、TCG版では相手のカードコスト踏み倒しを許してしまう恐れもあったが、こちらでは《サモニオン》の持ち主だけがコスト踏み倒しできるようになった。
総じてギャンブル性が弱まり、比較的高確率かつ安全に自分のカードを踏み倒せるようになっている。

一方で、相手は確定で手札補充できるようになってしまった。
これは返しのターンでの相手の択を増やしてしまうことになり現状基本的にデメリットにしかならない。
ただ手札補充が強制であることから、将来のカードプールによってはなんらかのライブラリアウトデッキの核となる可能性もある。

カードを使うのも強制になってしまった。

  • デュエプレで初となる、カードを使う能力を持つカードである。
    • 本来なら「コストを支払わずに使う」というテキストである必要がある。単に「使う」だとギャラクシールド《DS電融 ザ=デッドNEXT》の通り、「コストを支払ってプレイする」意味合いになので、アタックトリガーのタイミングでマナを支払うことになってしまう[1]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] デュエプレでも、O・ドライブを持つ呪文はメインステップ以外のタイミングでマナを支払うことができる。