蒼神龍(そうしんりゅう)バイケン》 [編集]

蒼神龍バイケン SR 水文明 (6)
クリーチャー:ポセイディア・ドラゴン 6000
W・ブレイカー
相手のターン中にこのクリーチャーが自分の手札から捨てられる時、かわりにバトルゾーンに出す。その後、相手のクリーチャー1体を手札に戻してもよい。
相手のターン中、自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札が5枚以下なら、カードを1枚引く。

DMPP-11に収録されたゲームオリジナルカードポセイディア・ドラゴン

性能面は《斬隠蒼頭龍バイケン》とほぼ同様。シノビ種族の削除、ドロー条件の変更、手札が6枚以上なら引けない、バウンスの対象が相手クリーチャーのみという変更が加えられている。

  • 「出す。そうした場合〜」というテキストではない。
    • 《斬隠蒼頭龍バイケン》が使えるTCG版では、バトルゾーンに上限がなく、着地置換効果もルールにより無効なため、「出してもよい。そうしたら〜」というテキストで不発になる場面は存在しない(任意で出さないことを選んだ場合や、「出せない」効果で捨てることを置換できない場合を除く)。一方、デュエプレではバトルゾーンの上限のため結果として出るのではなく墓地に置かれてしまう可能性がありうる。そういった場合でも対応できるように「出す。その後〜」になっているのだと思われる。
  • 《斬隠蒼頭龍バイケン》のユーザーからの愛称は「バイケン」だったため、バイケンという文字だけを見て本家の《バイケン》がデュエプレに実装されたと勘違いした人も多かった模様。このカードはれっきとした別名カードである。
  • デュエプレでは名前やイラストが同じで能力が大幅に変更されたカードが多数あるのに対して、名前やイラストを変更されて能力は元とほとんど同じカードは珍しい。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-11
    その龍は、生涯を共に戦えるような同志を求めていた。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 相手ターン中に《魔弾ネオン・ウィンド》を唱え《氷牙提督マティアス卿》を出した時などに確認できる