巨人(きょじん)覚醒者(かくせいしゃ)セツダン》 [編集]

巨人の覚醒者セツダン UC 自然文明 (7)
サイキック・クリーチャー:ジャイアント 5000+
パワーアタッカー+2000
W・ブレイカー
相手の呪文またはバトルゾーンにある相手のクリーチャーの能力によって、自分のサイキック・クリーチャーが手札に戻される時、手札に戻されるかわりにバトルゾーンにとどまる。
覚醒前⇒《時空の喧嘩屋キル》

全制覇挑戦パック Vol.2で先行登場し、DM-37に収録されたサイキックジャイアント
《時空の喧嘩屋キル》覚醒した姿。

覚醒したことにより能力が強化され、自分のターン中でもサイキック・クリーチャーバウンス耐性を得るようになった。これによって自分のターン中のS・トリガーによるバウンスもシャットアウトできるようになる。

このクリーチャーサイキックコストが「7」である点が重要で、《超次元フェアリー・ホール》を使うことでいきなり覚醒後のこちらをバトルゾーンに出せる。

同じく自然コスト7でジャイアントサイキック・クリーチャーとして《時空の豪腕ジャパン》《時空の役者カンクロウ》が存在する。それらは覚醒しなければバニラ同然であるのに対してこちらはバウンスに耐性がある分扱いやすい。無論覚醒の手はずが整っている場合はそれらの方が強力なので、場の状況に合わせて切り替えていこう。

《剛撃戦攻ドルゲーザ》との相性もよい。《超次元フェアリー・ホール》からマナブーストしながら出すことで、次のターンにドルゲーザを召喚できるようになる。他のジャイアントサイキック・クリーチャーに比べると自身のバウンスへの耐性が活きる。

また、《時空の豪腕ジャパン》とは相性もいいので一緒に使うのもありだろう。《時空の喧嘩屋キル》の状態なら各種5マナ超次元呪文で2体並べられ、さらにバウンスから守ることで《時空の豪腕ジャパン》覚醒をサポート。次のターンにはこのカード覚醒することができる。

別段コンボを意識しなくても、適当なパワー6000以上のクリーチャーを用意すればこのクリーチャー覚醒できる。《時空の喧嘩屋キル》を2体並べれば簡単に打点を強化できるだろう。

表面とともに全く無駄のない優秀なスペックと言えるだろう。

  • 名前の由来は覚醒前の「切る」に対する「切断」であろうか。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

巨人の覚醒者セツダン PS 自然文明 (7)
サイキック・クリーチャー:ジャイアント 5000+
パワーアタッカー+2000
W・ブレイカー
相手の呪文の効果または相手のクリーチャーの能力によって、自分のサイキック・クリーチャーが手札に戻される時、かわりにバトルゾーンにとどまる。
覚醒前⇒《時空の喧嘩屋キル》

DMPP-14で実装。《超次元キル・ホール》を入手・生成することで特典として付いてくる。

  • 自分の他の解除持ちサイキック・クリーチャーに対するバウンスは、デュエプレ共通の「自身が持つ置換効果を優先する」というルールにより、解除が優先され、《セツダン》の置換効果は働かない。
  • 《蒼神龍バイケン》バウンスは、「かわりにバトルゾーンに出す」部分は手札で誘発する能力だが、「その後、(中略)戻してもよい」はバトルゾーンで誘発する能力である。したがって、《セツダン》の置換効果は発動する。また、バトルゾーンの上限のせいで結果として《バイケン》が直接墓地に送られた場合でも効果処理の扱いは同じで置換効果は発動する。
    • DMPP-14の実装日である2022年5月26日には明言されていなかったが、TCG版サイトにて2022年7月22日に根拠となる裁定が出た(公式Q&A)。
  • このクリーチャーでとどめを刺すと「負けても切断するなよ」とメタ発言する。負け確でも通信切断はダメ。ゼッタイ。

サイクル [編集]

DM-37アンコモンコストサイキック・クリーチャーサイクル。には存在しない。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-14DMPS-08
    この力があれば、全てを打ち切る事ができるっっっ!――巨人の覚醒者セツダン
  • DM22-EX1
    パンドラからΖが持ち込んだ覚醒の力は、新たな争いを産んだ。平和を求めるパンドラの民は、願いに反して争いの歴史に巻き込まれ続ける。
  • プライズ
    美少女錬金術師の本気、見せてやらぁ!!――アンジュ・カトリーナ

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]