時空(じくう)英雄(えいゆう)アンタッチャブル》 [編集]

時空の英雄アンタッチャブル UC 光文明 (2)
サイキック・クリーチャー:キカイヒーロー 1000
自分のクリーチャーを相手が選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
覚醒−各ターンの終わりに、自分の他のサイキック・クリーチャーがそのターン覚醒していたら、このクリーチャーをコストの大きいほうに裏返す。
覚醒後⇒《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》

DM-37で登場したの軽量サイキックキカイヒーロー

”選ばれない”能力と、その俗称「アンタッチャブル」の名を持つ。
そのため他のサイキック・クリーチャーより除去耐性が高いが、パワーが低いため、ブロッカーや全体に及ぶ火力パワー低下に非常に弱い。
覚醒条件も他のサイキック・クリーチャーに依存するので、単体での運用は難しいだろう。その軽さを活かした戦略を練りたいところ。

  • アンタッチャブル(Untouchable)は、"神聖(なので触れられない)"という意味。公式用語ではないが、おそらくは狙って付けられた名前だろう。
  • 頭や足を見ると、バイクの面影が見て取れる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

時空の英雄アンタッチャブル P 光文明 (2)
サイキック・クリーチャー:グレートメカオー 1000
相手はこのクリーチャーを選べない。
覚醒:各ターンの開始時、その前のターンに自分の他のサイキック・クリーチャーが覚醒していたなら、このクリーチャーを《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》のほうに裏返す。
覚醒後⇒《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》

覚醒のタイミングが少し変化した。

  • TCG版では、自分のターン中に別途覚醒をさせていれば、その自分のターン終了時にこのクリーチャーが覚醒する。
  • デュエプレでは、自分のターン中に別途覚醒をさせていれば、直後の相手のターン開始時(追加ターンがあるなら直後の自分のターン開始時)にこのクリーチャーが覚醒する。

この変更は、ゲームの仕様を反映したもので、使用感はTCG版と変わらない。《時空の探検家ジョン》と組み合わせて一気に覚醒させることもできる。

+  詳しい解説

また種族がキカイヒーローからグレートメカオーに変更された為、【グレートメカオー】での活躍ができるかもしれない。
ただし既存のそのデッキは汎用性の高い《魂と記憶の盾》すら入れないのが一般的な準フルクリーチャーで、《超次元エナジー・ホール》などを使ったグレートメカオーの二面展開も《装甲支援ガトリンガー》とコストがかぶるので《機動要塞ピラミリオン》を優先したいなど、無改造では超次元ギミックとの相性は良くはない。

サイクル [編集]

DM-37アンコモンコストサイキック・クリーチャーサイクル。には存在しない。

収録セット [編集]

参考 [編集]