《ブレイン・ストーム》 [編集]

ブレイン・ストーム C 水文明 (2)
呪文
カードを3枚まで引く。その後、自分の手札を2枚、好きな順序で山札の上に置く。

DMR-05で登場したブレイン呪文

カードを3枚まで引いた後、自分の手札2枚を山札の上に戻す効果を持つ。

、2コストドロースペルと来れば、《エマージェンシー・タイフーン》《シークレット・クロックタワー》《ハッキング・サーチ》が浮かぶだろう。それらも含めて、実質的に得られるハンドアドバンテージは±0であるので、引く枚数以外の点で上手く使い分けたい。
それらと比べると、引いた後戻す、という効果なため序盤の事故防止等に役立ち、重要カードハンデスから守る事ができるが、後半使う場合、引いた中に要らないカードが溜まっていた場合は多少困ることになる。

とは言ったものの、たった2コストで少しながら山札操作手札整理が可能なため、連鎖は勿論、ガチンコ・ジャッジ【連ドラ】【ケングレンオー】《蒼神龍スペル・グレートブルー》等、相性の良いデッキタイプは地味に多い。
特に《遣宮使 ネオンクス》との相性は抜群で、ブレイン呪文であることから山札操作で仕込んだ呪文を即座に使う事が出来る。
また各種マナブーストとの相性も良好であり、山札の1枚目にマナブーストカード、2枚目に不要なカードを仕込む事でブーストカードをハンデスから守りつつ不要なカードマナに落とす事ができる。

十王篇ではドローに反応するビビッドローが登場。このカードで引いたカードはもとより入れ替えたカードも山札の上に戻す為、ある程度狙ってビビッドローを発動させることができる。

ルール [編集]

  • カードを引く枚数は任意なので、ドローせずに山札の枚数を増やすという使い方もできる。

環境において [編集]

当初は《ヴォルグ・サンダー》が猛威を振るっていたため賛否ある評価であった。

ところがエピソード3環境になると【ヒラメキドレーン】《デビル・ドレーン》を始めとするコンボパーツを引っ張り込むための手札交換として需要が高まった。不要牌が山札の上に置かれる点に関しても、《デビル・ドレーン》での5枚手札補充である程度ケアできた。

【ミラクルとミステリーの扉】系統が存在していた当時、その補助として使われることもあった。

ドラゴン・サーガ環境では【転生サイクリカ】の初動として使われた。

双極篇環境では【ネオンクスデリート】に、十王篇環境では【ダッカルパラノーマル】【白青赤ドラグナー】に投入され、それぞれ活躍。

王来篇環境ではオリジナル【白青ギャラクシールド】に使われる場合がある。

メディアでの活躍 [編集]

その他 [編集]

収録弾によってテキストが微妙に変化している。
DMX-22以降DMEX-17以前のテキスト

カードを3枚まで引き、その後、自分の手札を2枚、好きな順序で自分の山札の上に置く。
  • 「ブレイン・ストーム(Brain storm)」とは、『 突然思い浮かぶ妙案・閃き 』を指す言葉である。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]