電脳大河(でんのうたいが)バタフライ・ブランデ》 [編集]

電脳大河バタフライ・ブランデ VR 水文明 (6)
クリーチャー:サイバー・コマンド/リキッド・ピープル 4000
M・ソウル
転生連鎖(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが破壊された時、自分の山札の上から1枚目を見る。そのカードが、このクリーチャーよりコストが小さいクリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい)
バトルゾーンにある自分の他の、「連鎖」能力を持つクリーチャーすべてのパワーは+1000される。

DM-37で登場したM・ソウル持ちのサイバー・コマンド/リキッド・ピープル
連鎖の上位能力である転生連鎖を持つ。

能力をうまく使うことで2体のコスト踏み倒しが可能だが、ただ2体出すだけならば《サイバー・G・ホーガン》激流連鎖の方が効果、範囲ともに強力である。

しかし、こちらは連鎖クリーチャーパンプアップする効果が付いているため、【サイバー・G・ホーガン】のように重量級クリーチャーを出すことを目的としたデッキではなく、連鎖を繋げてクリーチャーを大量展開するタイプのデッキで活躍できる。
そのまま数で制圧してもいいが、フィニッシャーとして《超神星マーキュリー・ギガブリザード》を使うのも面白い。進化元となる種族持ちは《増殖防御オンバル・チョコザイカー》《アクア・ジェスタールーペ》《封魔ベルアリタ》など割と多く存在しており、《超神星マーキュリー・ギガブリザード》をこのクリーチャーから連鎖して出すことも可能。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

電脳大河バタフライ・ブランデ R 水文明 (5)
クリーチャー:サイバー・コマンド/リキッド・ピープル 3000
連鎖
破壊された時、自分の山札の上から1枚目を見る。そのカードが、このクリーチャーよりコストが小さいクリーチャーであれば、バトルゾーンに出す。
自分の他の水のクリーチャーすべてのパワーを+1000する。

pig連鎖の仕様変更[1]と揃えてられていない。特に見たカードのコストが5以上だった場合に山札の上に戻す部分は注意する必要があるだろう。

パンプアップの対象が連鎖持ちから水のクリーチャーへ変わった。DMPP-14時点では、《増殖防御オンバル・チョコザイカー》のみがこの変更の影響を受ける。

サイクル [編集]

DM-37連鎖クリーチャーサイクル。コストの順に、名前がしりとりになっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-14
    小さな連鎖が、やがて激流のような連鎖に繋がっていく。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 「自分にバトルゾーンの空きがあるなら」という条件が追加され、出すのが強制になり、外れた場合は山札の下に置くように変更された。