《アクア・エボリューター》 [編集]

アクア・エボリューター UC 水文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル 1000
自分の水の進化クリーチャーを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

DM-32で登場したリキッド・ピープル

2コスト1000の同文明進化クリーチャーコスト軽減サイクル
神化編にて手札進化という強力なシステムを手に入れた水文明において、このカードは使用頻度が高くなりそうである。

普通に使って《超神星マーキュリー・ギガブリザード》《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》《クリスタル・スーパーパラディン》《クリスタル・アックス》といったカードを1ターン早く呼び出すだけでも十分に強い。
リキッド・ピープルなのでこのクリーチャー自身から進化できる対象も多く、その一方でDM-32の主流となっている「サイバー系種族で固めたビートダウン」にも無理なく収まる。

基本的にDM-32のカード群は「デッキに進化クリーチャーを投入する際のわずらわしさを軽減する」コンセプトでデザインされている。コスト軽減カードでありながら汎用性の高いこのサイクルは将来的にも有望だろう。

その後、DMR-12《超閃機 ジャバジャック》が登場。4コストでリキッド・ピープル進化なので綺麗に繋がるこのカードはうってつけの存在だった。だがアンコモンとはいえどやや古いカードであった為入手は難しかったが、空気を読むかのようにDMD-17で再録された。

神化編環境では【青単速攻】に、エピソード3環境では【ガネージャビート】に、革命ファイナル環境では【シリンダミラダンテ】に採用されて活躍した。他の2つのデッキに関しては主流パーツとは言い切れなかったが、【ガネージャビート】に関してはエピソード3期当時としてはほぼ必須のカードであった。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

最新バージョンの性能 [編集]

アクア・エボリューター C 水文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル 1000
自分の水の進化クリーチャーの召喚コストを1少なくする。それが名前に《神羅》とあるクリーチャーなら、さらに1少なくする。ただし1より少なくならず、かつそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。

レアリティがコモンに変更された。
また、水文明の神羅に対してのさらなるコスト軽減も追加された。

《神羅ブリザード・ムーン》の強化にも繋がっている。4ターン目に究極進化までたどり着く方法はそちらのページを参照。

また単純に2マナのリキッド・ピープルとして《アクア・ビークル》《アクア・トリックスター》《アクア・コテガエシ》のほぼ上位互換として使える。《超神星マーキュリー・ギガブリザード》《クリスタル・パラディン》のコストを軽減できるのも高評価。

アップデート履歴 [編集]

2022年1月24日に使用可能になってから、2022年2月24日実施のメンテナンスまでの31日間、以下のような性能だった。

アクア・エボリューター C 水文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル 1000
自分の水の進化クリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし1より少なくならず、かつそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。

TCG版とほぼ同一の性能だった。
任意強制の違い、5色レインボーを使った文明の支払いの違いのみ。

サイクル [編集]

DM-32DMPP-12の同色進化クリーチャーコストを軽減するクリーチャー。全てDM-19に収録されている同色超神星の進化元となる。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]