天使(てんし)悪魔(あくま)審判(しんぱん) [編集]

天使と悪魔の審判 R 光/闇文明 (3)
呪文
このターン、相手のクリーチャー1体のパワーを-2000する。
相手のクリーチャー1体をタップする。

DMPP-04で登場した/呪文

S・トリガーをなくして、《ファントム・バイツ》《ソーラー・レイ》が1枚になった能力を持つ。
タップキルと合わせた2体処理、もしくは格上1体を倒しにいける。コストも軽く手打ちする際の汎用性は高め。

積極的にブレイクしてこないデッキにはS・トリガーがない部分は全く痛手にならず、手打ちのコスト3呪文で《コッコ・ルピア》などを倒すという採用理由に関しては、後半でも別の役割が持てる可能性のある《ファントム・バイツ》ということでデッキスロットの圧縮に貢献してくれる。

問題は入れすぎるとマナ事故を起こしやすい多色カードということ。デュエプレでは多色の有用性が高く、考えなしに多色を積んでしまうと3ターン目に唱えられないリスクが高まってしまう。

また、パワー2000でも積極的にブレイクしてくる【ウェーブストライカー】《マッチョ・メロン》などが流行しているならS・トリガーでカウンターできる《ファントム・バイツ》が優先されるだろう。

多色カードとの組み合わせとなるためデッキ構成が難しくなるが、2マナで《霊王機エル・カイオウ》、次のターンに3マナで《天使と悪魔の審判》とすることで、パワー2000以下1体とパワー4500以下1体の2面処理ができる。【グレートメカオー】などにこの動きができればかなりのアドバンテージとなる。

  • 1回目の「対象を選んでください」がパワー低下の選択、2回目の「タップするクリーチャーを1体選んでください」がタップの選択である。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-04
    新たな力を生み出すために、試練はつきものだ。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]