《ブルー・モヒート》 [編集]

ブルー・モヒート VR 水文明 (5)
クリーチャー:スプラッシュ・クイーン 3000
自分のターンのはじめに、自分の手札を裏向きにして相手に1枚選ばせ、それをすべてのプレイヤーに見せる。そのカードが進化ではないクリーチャーであれば、自分のクリーチャーを1体、バトルゾーンから手札に戻してもよい。そうした場合、手札から見せたクリーチャーをバトルゾーンに出す。

DMR-01で登場したスプラッシュ・クイーン

手札バトルゾーンクリーチャーを入れ替える珍しい能力を持つ。

このカード除去された場合は仕方がないが、ハンデスによって手札が0枚であったり、狙ったカードが出せなかったり、呪文進化クリーチャーが選ばれたり…と不確定要素が多い。フルクリーチャー構築など、このカードありきでデッキを組むことが望ましい。

強力なフィニッシャーの早期展開を狙うよりはバトルゾーンに出て能力を使え、手札に戻っても再び展開することでさらに能力を使用できる小型cipクリーチャーの方が相性は良い。
その場合は《青銅の鎧》《デュエマ・ボーイ ダイキ》といった3マナマナ加速クリーチャーや、《解体人形ジェニー》《パクリオ》などのピーピング手札破壊クリーチャーなどを使えばより効率的。

他にも《エメラル》《大冒犬ヤッタルワン GS》《月光電人オボロカゲロウ》など、手札にある余計なカードを他のゾーンに送れるクリーチャーと合わせると、中盤に大型クリーチャー満載の手札を用意できるので相性が良い。

  • 名前の由来はブルーキュラソーとラムをベースにしたカクテル「ブルーモヒート」から。
  • イラストにはヘッドホンを装着した派手な衣装のスプラッシュ・クイーンが描かれており、無数のレコードやアンプのような物体が周囲に漂っている。手札のクリーチャー交換によるコスト踏み倒しという点で能力が類似している《デジロン》同様、DJがモチーフになっているのだろうか。よく見ると《デジロン》に似たサイバーロードのようなクリーチャーの姿が複数体確認でき、関連性を感じさせる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ブルー・モヒート R 水文明 (5)
クリーチャー:スプラッシュ・クイーン 3000
自分のターン開始時、自分のランダムな手札1枚を公開する。それが進化ではないクリーチャーであれば、自分のクリーチャー1体と入れ替えてもよい。

DMPP-18で実装。レアに降格した。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-18
    ナウなヤングたち!ぶっとびパーリィーでトゥギャザーよ!――ブルー・モヒート

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]