《アクア・カスケード》 [編集]

アクア・カスケード UC 水文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ハンター 6000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
このクリーチャーのバトル中、バトルしている相手クリーチャーは破壊されない。

DMR-01で登場したリキッド・ピープル/ハンター
コスト2にしてパワーが6000と非常に高く、並のクリーチャーでは突破できないほどに強いが、バトルしても相手クリーチャー破壊されないというデメリットを持っている。

とりあえず、まともにブロックすることさえできない《ファニー・クロウラー》よりはマシだろう。
あちらと同様、パワー6000以上でかなり楽に出せるクリーチャーなので、DM-33のストロング呪文と相性が良い。
2ターン目にこのクリーチャー召喚し、次のターン《時空の喧嘩屋キル》を出せば4ターン目に《巨人の覚醒者セツダン》覚醒させることも可能。

速攻で最高峰を誇る《死神術士デスマーチ》《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》を、たった2マナで止められるのは、非常に優秀。ただし、《火炎流星弾》など優秀なブロッカー破壊を有する入りの速攻に対しては、少々厳しい。

やや扱い辛い能力ではあるが、リキッド・ピープル/ハンターという恵まれた種族や、高パワーを生かせば十分に使っていけるカードと言える。

  • このクリーチャースレイヤーにした場合、スレイヤーは「バトルの後」に破壊が適用されるため、このカードのデメリットを実質無効化することができる。(スレイヤーはバトルに勝っても相手クリーチャーを破壊する処理が実行される。)逆に相手がスレイヤー持ちクリーチャーである場合は、バトルした相手は場に残る上、自身は破壊されるため、できればバトルは避けたい。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

アクア・カスケード C 水文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ハンター 6000
ブロッカー
攻撃できない。
バトル中、バトルしている相手クリーチャーは、パワーが0より大きければ破壊されない。

DMPP-16で実装。コモンに降格した。
バトル中の効果に「パワー0より大きければ」という条件が付いたが、そもそもパワー0以下のクリーチャーは攻撃に挑む前から破壊されているはずであり、登場時点では全く意味をなさない。

この能力変更が意味を持つのは、
・何らかの効果によりパワー0以下で場に留まっていた相手クリーチャーが、《アクア・カスケード》とのバトル中にその効果を解除・無効化される
・《アクア・カスケード》とのバトル中に相手クリーチャーのパワーが0以下まで低下する
のどちらかの場合で、TCG版の効果ならパワー0以下でバトルが続行できるが、デュエプレではバトルを続行できず破壊される。

TCG版同様「ザ・ストロング」系呪文とシナジーがある。《至宝 オール・イエス》クロスギア《怒髪の豪腕》誘発型能力を使わずに早期にパワー6000以上を達成できる。

  • 「バトルしている相手クリーチャー」というテキストは、《爆竜トルネードシヴァXX》で味方クリーチャーとバトルすることになった場合、自分のクリーチャー(バトル対象)は破壊されない。
    • もちろん《アクア・カスケード》のほうがバトルに負けるなら普通に破壊される。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-16
    まずは守りを固めましょう。ジェット、よろしく頼みます!――アクア・カスケード

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]