天真妖精(てんしんようせい)オチャッピィ》 [編集]

天真妖精オチャッピィ UC 自然文明 (3)
クリーチャー:スノーフェアリー 1000
S・バック:自然
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚、自分の墓地からマナゾーンに置いてもよい。

DM-17で登場したスノーフェアリー

S・バックと、墓地カードマナゾーンに置けるcip能力を持つ。

cipマナブーストできるので、単純に《青銅の鎧》のような働きができる。2ターン目の《フェアリー・ライフ》《未来設計図》から3ターン目にこのクリーチャーを出すと、無駄がなく綺麗につながる。

また、S・バックを持つことから、コスト踏み倒しバトルゾーンに出すこともできる。
S・バックと墓地経由のマナブーストが強力なシナジーを形成しており、類似カードにありがちな「墓地にカードが1枚も無くて腐る」という難点を自身で解消している。

S・バックで相手の攻撃を利用してマナブーストできるので、自分のターンでの反撃につなげられる。

また、相手ターン中に出すことができれば、自分のターンには召喚酔いが解け、攻撃に参加できるのでアタッカーにもなる。しかし、パワーが1000と低いため殴り返しには向かず、ブロッカーも持たないため、【速攻】対策としては少々力不足。
【速攻】で採用する場合は、《福腹人形コダマンマ》等で能動的に使用可能にするとより扱いやすくなるだろう。マナ進化とも相性がいい。

【速攻】のみならず、コントロールでも使用しやすい。後攻で始まった場合、【速攻】対策として優秀なニンジャ・ストライク4を持つシノビが間に合わないことがあり、それらをギリギリで間に合わせつつ、殴り返し要員として使用可能となる。
後半においてもマナ回収と合わせて間接的に墓地回収したりと、柔軟な動きで活躍してくれる。

ビートダウンコントロールどちらにも採用可能なその汎用性はかなりのもの。このカードを採用できるデッキは非常に多いだろう。

環境において [編集]

登場当初は《母なる大地》などバトルゾーンに残ったクリーチャーを再利用する手段が豊富で、《フェアリー・ライフ》がほとんど採用されず3ターン目に墓地カードが溜まりにくい環境であり、能動的に盾を回収するカードも実用的でなかったため採用頻度は低めだった。
《青銅の鎧》墳墓避け、あるいは5枚目以降の《青銅の鎧》のような感覚で使われていた。

神化編環境からドラゴン・サーガ環境において【黒緑速攻】で使われた。【マッドロマノフワンショット】におけるマナブーストとしても利用された。【エンペラー・キリコ】ミラーマッチでは、ランデスで落とされた《エンペラー・キリコ》本体をマナゾーンに復帰させる手段として1枚積みされていた。【ザビ・ミラキリコ】《復活の祈祷師ザビ・ミラ》さえ捲れれば《エンペラー・キリコ》でのハズレが事実上存在しなくなるデッキであったため、枚数を2枚以上取る場合がままあった。

ドラゴン・サーガ環境から革命ファイナル環境にかけては【緑単サソリス】【緑単ループ】に使用された。特に《ベイB ジャック》登場後から《桜風妖精ステップル》登場前の【緑単ループ】の場合は、こちらがゲーム中最初のマナブーストでもキルターンが変わらない、《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》龍解剤が残る、《S級原始 サンマッド》を使ってのワンショットプランに貢献できる、などから《霞み妖精ジャスミン》より優先され、当時《霞み妖精ジャスミン》全抜きの構築も珍しくなかった。《トレジャー・マップ》などの初動サーチ呪文から動くゲーム運びが当時主流で、墓地利用メタも殆ど環境に存在しなかったため、安定して初動マナブーストとして利用可能であった。

しかし【緑単ループ】では《S級原始 サンマッド》の殿堂入り後、侵略元としての価値が下落したため、枠が余ったら1枚から2枚差す程度のカードに落ち着いている。【ボアロアックス】系統のデッキでも《桜風妖精ステップル》の登場後は龍解補助としてもあまり重視されなくなった。

超天篇環境では【赤緑サンマックス】【サンマックスモルト】で使われることがあったが、超GRコスト3の自然GRクリーチャーを積めば侵略元に困らないため優先順位は低めであった。

2021年7月1日殿堂レギュレーション改訂で【ゼロ・ルピアループ】アドバンストップメタに君臨すると、カウンターでのマナブースト手段としてまた環境に見かけられるようになった。自分の《ゼロ・ルピア》2体と《希望のジョー星》存在下では0マナでのマナゾーンへの墓地回収と化し、《困惑の影トラブル・アルケミスト》との複合で手札への回収もお手の物。

その他 [編集]

  • DMX-22では秋★枝氏のイラストで再録オチャッピィ自身よりも少女の方が目立っている。余談だが、実際のカードではS・バック注釈文の末尾の「)」、二つ目の能力の先頭に本来あるべき「■」が欠落している。
    • ちなみに、超BBP版はイラストアドバンテージや封入率の低さにより、シングル市場の価格がアンコモンカードとは思えない程の高値を付けている。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

天真妖精オチャッピィ UC 自然文明 (3)
クリーチャー:スノーフェアリー 1000
各ターンの終了時、そのターン、自分のシールドゾーンから他の自然のカードを手札に加えていたなら、そのカードを捨て、このクリーチャーをコストを支払わずに自分の手札から召喚してもよい。(複数あるなら、その中からランダムに1枚)
バトルゾーンに出た時、自分の墓地からカードを探索し、1枚をマナゾーンに置いてもよい。

DMPP-15で実装。S・バックを疑似的に再現したテキスト効果に変更された。しかし手札を捨てる効果が代替コストなのか能力の1つなのか、非常に曖昧なテキストである。実際には代替コストであり、元となったS・バックと同じように手札を捨てなければ召喚できない。

仕様 [編集]

※Ver.2.12.0
同等の効果の別カードでの検証は省略した。

  • 自分の手札に複数枚《天真妖精オチャッピィ》があったら、それぞれに召喚能力の使用宣言の確認がなされる。
    • 「能力を使うかの確認が入る」→「使うならそこで1体召喚される」→「召喚したことや出たことで誘発する能力が発動する」→「別の《オチャッピィ》に対する確認が入る」という手順となる。TCG版のように先んじてすべての宣言を終わらせてから解決に入るというわけではない。
  • 使用宣言の確認の時点で、捨てる候補のカードが手札からなくなっていたら、召喚は不発になる。
  • 【バグ】相手が《ボルシャック・クロス・NEX》を出していてコスト4以下が召喚できない状況でも、使用宣言の確認画面が出る。なお、能力を使うと手札を捨てつつ《天真妖精オチャッピィ》は出せない扱いとなって手札にとどまる。(2022/07/30)
  • 相手のターン終了時、《円舞の使徒ラストル》の効果で手札を捨てることができない状況なら、召喚は不発になる。
    • TCG版では、常在型能力S・バックで捨てようとするカードが離れないという前例がないため、この挙動がルール上正しいのかは不明。置換効果ではないタイプのコストであることを考えると、結果として捨てられない場合でも召喚はできそうな気もする。

フレーバーテキスト [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]