【レッドゾーン】 [編集]

コマンドから侵略する《轟く侵略 レッドゾーン》を軸にした【速攻】
ソニック・コマンドの特徴などから俗に【バイク】と呼ばれ、侵略して攻勢に出ることは「走る」と呼ばれる。



轟く侵略 レッドゾーン LC 火文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者 12000
進化−自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−火のコマンド
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、一番パワーが大きい相手のクリーチャーをすべて破壊する。

主要カード [編集]

侵略クリーチャー [編集]

軽量コマンド [編集]

《オンソク童子 <ターボ.鬼>》《凶戦士ブレイズ・クロー》などから進化して出せる最軽量侵略元。cipで手札交換
《カチコミ入道 <バトライ.鬼>》《凶戦士ブレイズ・クロー》などから進化して出せる侵略元。タマシードからのスター進化効果バトル
《暴走獣斗 ブランキー》侵略元。スピードアタッカー。相手にドローブレイクの2択を迫る。
《轟速 ザ・レッド/超次元キル・ホール》侵略元。呪文面では《STARSCREAM -ALT MODE-》を出すことで3ターンバイクを達成。
《轟速 ザ・マッハ》山札の上4枚から進化クリーチャーサーチする侵略
《轟速 ザ・ゼット》侵略元。スピードアタッカーでパワーと打点が高いが侵略できなければ自壊する
《暴走 ザバイク/ブンブン・バースト》侵略元。呪文面では4000火力
《撃速 ザ・グナム》コスト踏み倒しメタを持つ最軽量ソニック・コマンド
《音速 ダビッドソン》火のクリーチャーから侵略できるソニック・コマンド侵略元に
《爆速 ダビッドアネキ》
《超音速 レッドゾーンNeo》火のクリーチャーから侵略できるソニック・コマンド
最初の攻撃の終わりアンタップする。侵略元兼打点要員に
《音速 ライドン》
《轟速 ザ・Re:ッド》侵略元。G・ストライクスピードアタッカー
《ガイアール・カイザー GS》
《龍覇 アイラ・フィズ》《斬鉄剣 ガイアール・ホーン》を付ければ火のコマンドに
《爆龍覇 ヒビキ》
《E-GO55》マーシャル・タッチで侵略先cip使い回し
《響役者 ナリモノヤゴウ》侵略元。スピードアタッカービビッドロー3
《新爆竜 GENJI・XX》侵略元。NEO進化クリーチャーとして出す場合、1コスト軽減する

他の候補カード [編集]

《凶戦士ブレイズ・クロー》コスト1のアタッカー、毎ターン攻撃
《螺神兵ボロック》コスト1のアタッカー、またはのクリーチャーがいると破壊される
《キリモミ・ヤマアラシ》次に召喚するクリーチャーのコストを-1、スピードアタッカー
《一撃奪取 トップギア》のクリーチャーをコスト軽減。2→4でコマンド持ちに繋ぎ侵略の流れを作る
《Re:奪取 トップギア》
《花美師ハナコ》シールド回収による手札補充
《斬斬人形コダマンマ》
《斬斬人形コダマンマ GS》
《こたつむり》速攻メタミラーマッチ対策
《月砂 フロッガ-1》
《霊峰 メテオザ-1》2000火力コスト踏み倒しメタ対策などに
《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》コスト踏み倒しメタで時間稼ぎ
《U・S・A・BRELLA》手札以外からの着地を許さないメタクリーチャー
《マグナム・ルピア/クリムゾン・チャージャー》呪文側で2000火力付きでマナブーストもできるコスト踏み倒しメタ
《単騎連射 マグナム》自ターンに相手のクリーチャーがバトルゾーンに出ることを一切封じる
《早撃人形マグナム》クリーチャーのコスト踏み倒しを牽制するスピードアタッカー
《暴龍警報》自軍1体をSA、火のコマンド化して侵略元に
《革命の鉄拳》革命0トリガー。構築を制限しないものの火力の値はやや不安定
《勇愛の天秤》S・トリガー手札交換or2000火力
《ジ・エンド・オブ・エックス》《禁断〜封印されしX〜》封印を解放しつつ相手1体を封印するS・トリガー
《破壊者 シュトルム》割り振り火力を放つS・トリガー獣封印の解除を遅らせたい場合などに
《熱血龍 バトクロス・バトル》効果バトルを行うS・トリガー獣コマンドS・トリガーで出ると山札の下
《熱血 バトクロス-1》効果バトルを行うS・トリガー獣コマンド。上記よりパワーは低いが場に残る
《熱血龍 バトクロス・ハンマー》効果バトルを行うS・トリガー獣コマンド。マナが7枚あれば場に残る
《メガ・ブレード・ドラゴン》S・トリガーブロッカー全体除去する火のコマンド
《メガ・マグマ・ドラゴン》相手のクリーチャーの数だけコスト軽減cipで5000以下一掃するコマンド
《永遠のリュウセイ・カイザー》自軍スピードアタッカー化するマッドネスコマンド
《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガー。相手のターン中に《禁断〜封印されしX〜》封印を外せる
ただし非進化クリーチャーにしか対応しないため、採用する場合は調整が必要
《暴走龍 5000GT》《禁断〜封印されしX〜》封印を外す毎にコスト軽減《斬隠オロチ》対策
《“轟轟轟”ブランド》手札消費が激しいため、マスターG・G・Gを発動させやすい
《超次元キル・ホール》《STARSCREAM -ALT MODE-》を出すことで3ターンバイクを達成。
素でWブレイカーを持つため純粋な打点にも。
《キャンベロ <レッゾ.Star>》《轟速 ザ・Re:ッド》から侵略できる展開メタ

特徴 [編集]

既存の【速攻】と異なり、序盤から10000超えのクリーチャーで攻撃していけるのが強み。
ただしそれでも除去呪文で一掃されてしまうと一気にスピードが落ちてしまう点は既存の【速攻】と変わらない。
《超音速 ターボ3》のおかげで火であるのにもかかわらず手札補充を行える為息切れはある程度補うことができ、《熱き侵略 レッドゾーンZ》《単騎連射 マグナム》があるおかげで仕込まれたS・トリガーを封じつつ戦えるのが魅力。

DMR-19にて《禁断〜封印されしX〜》/《伝説の禁断 ドキンダムX》が登場。火のコマンドが多く投入されているこのデッキは封印外し戦術を覚え、終盤にはダメ押しに十分すぎるスペックのこのカードで制圧できるようになった。

元々侵略元と侵略先を10枚ずつの構築が基本であり、それで【速攻】として最低限の機能を得られるため、デッキの自由枠が約20枚と【速攻】にしては極めて多い。そのため、4マナ以下のカードパワーが高いカードが出現する度に【レッドゾーン】系統への出張などが検討され、その結果として派生デッキが他の各文明に存在しているのである。

【赤単レッドゾーン】 [編集]

必須カード [編集]

このデッキの使い方 [編集]

通常の【赤単速攻】と同じく序盤からクリーチャーを展開していき、ひたすら攻撃していく。
《超次元キル・ホール》《轟速 ザ・レッド/超次元キル・ホール》に加えて《覇王速 ド・レッド》も入るので、3ターン目から侵略できるカードを12枚体制にできる。もちろん、《Re:奪取 トップギア》《一撃奪取 トップギア》を加えてさらに安定して3ターン目に侵略できるようになる。

侵略先は相手にブロッカーなどの邪魔なクリーチャーがいるなら《轟く侵略 レッドゾーン》、いないなら《熱き侵略 レッドゾーンZ》を選択しよう。
どちらもあるなら《轟く侵略 レッドゾーン》が一番上になるように重ねれば《熱き侵略 レッドゾーンZ》シールド焼却を用いつつ、相手のクリーチャーを破壊してT・ブレイクを決めることができる。

弱点 [編集]

進化クリーチャーを多用しているので山札事故手札事故のリスクがある。また、2色以上の構成にすると、たとえばコスト踏み倒しメタを立てつつ侵略するなら、バトルゾーンに出す3枚に加えて色マナ2つが必要となるため、ハンデスを1回食らっただけで事故を起こさせられるケースがある。

今引きにはムラがある。シールド0枚の状況でスピードアタッカーを引ければ強いが、進化クリーチャーばかりを連続で引くとそのまま山札破壊などでボロボロにされてしまう。

当然コスト踏み倒しメタにも弱い。無理に《轟く侵略 レッドゾーン》に侵略して焼くプレイングもあるが、《制御の翼 オリオティス》あたりだとリソースの再利用が困難となるため、《革命の鉄拳》程度は積んだ方が無難である。

防御札がクリーチャー中心なので、クリーチャーによるカウンターを封じるロック持ちは苦手。中速以下なら速度で対抗できるが、3ターンから4ターンでのフィニッシュを狙える高速1ショットキルデッキがその手のロックと共に総攻撃に入るというケースは絶望的なパターン。

《伝説の禁断 ドキンダムX》を除去されるリスクも無視できない。《テック団の波壊Go!》の登場以降は比較的容易に《伝説の禁断 ドキンダムX》をメタられるようになったため、それを恐れて投入しないケースもたまに見られるようになった。

【赤白レッドゾーン】 [編集]

【赤白レッドゾーン】参照

【赤黒レッドゾーン】  [編集]

文明を加えることでコントロール色を強めた派生タイプ。大きく分けて、文明を軸とした【レッドゾーン】の延長線上のタイプと、文明を軸とした【超次元デッドゾーン】に近いタイプの2つに分類される。このうち後者は【黒赤デッドゾーン】と呼ばれている。
構想自体は革命編の頃から既に存在していたが、DMD-31《轟音 ザ・ブラックV》が登場したことを皮切りに本格的に組まれるようになった。
「デュエル・マスターズ グランプリ-3rd」では【黒赤デッドゾーン】がベスト8の実績を残している。
革命ファイナル環境では長い間トップメタの一角に君臨していたが、キーカードの《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》《復讐 ブラックサイコ》殿堂入りしたのを機に使用率が大幅に低下した。
現在、この色の組合わせは《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》による禁断爆発による制圧をメインに据えた【ドルマゲドンX】が主流となっている。

《襲来、鬼札王国!》の登場を機に、を入れつつメインデッキを火を含むカードで統一して《覇王速 ド・レッド》マナ武装を達成できるように調整した型も考案された。

候補カード [編集]

《虹彩奪取 ブラッドギア》またはクリーチャーコスト軽減
《Re:奪取 ブラッドレイン》クリーチャーコスト軽減G・ストライク
《鬼寄せの術》コスト5以上を3コストで召喚できるようになる
《停滞の影タイム・トリッパー》相手の展開を遅らせる。ミラーマッチ対策
《影速 ザ・トリッパー》マナタップイン&SA
《轟音 ザ・ブラックV》侵略元。ハンデス持ちのスピードアタッカー
《ウソと盗みのエンターテイナー》コスト踏み倒し対策
《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》侵略元。墓地肥やしサルベージ
《ブラック・タッチ》コマンドに対応したアタック・チャンスを持ち、ピーピングハンデス+墓地回収
《超次元リバイヴ・ホール》《勝利のガイアール・カイザー》を呼ぶ
《超次元ムシャ・ホール》相手のコスト踏み倒し対策を除去
《Dの禁断 ドキンダムエリア》Dスイッチ《禁断〜封印されしX〜》封印を全て外す
《復讐 ブラックサイコ》コマンドから侵略cipで2枚ハンデス
《S級不死 デッドゾーン》S級侵略[不死]
cipで相手1体をパワー低下-9000
《禁断の轟速 レッドゾーンX》S級侵略[轟速]
cipで相手1体を封印
《ZEROの侵略 ブラックアウト》侵略ZERO持ちのW・ブレイカー
《Kの反逆 キル・ザ・ボロフ》革命チェンジで《ブラックサイコ》などのコスト5闇コマンドを回収
《終断δ ドルハカバ》フィールドが存在すれば墓地召喚可能なスピードアタッカー
《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》《ドルハカバ》の条件を満たす最終禁断フィールド
《地獄門デス・ゲート》S・トリガーアンタップ除去+侵略元をリアニメイト
《凶殺皇 デス・ハンズ》確定除去持ちのS・トリガー獣
《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》cipおよびハンドに反応してサルベージ/確定除去S・トリガー
《撃髄医 スパイナー》通常の能力は3000パワー低下を3回振り分ける。
スーパー・S・トリガーでコスト4以下を好きな数リアニメイト
《襲来、鬼札王国!》除去リアニメイトからモードで1つ選べるS・トリガー鬼タイムで両方選べる
《「ちくしょおおおおおおっー!!」》反撃用呪文。除去と手札リセットを行える

【赤青レッドゾーン】 [編集]

文明手札補充、汎用除去などをタッチしたデッキカラー
革命編環境でも構築によっては見られたが、DMRP-01《異端流し オニカマス》が登場したことによって攻守ともに隙のないデッキに生まれ変わり、メタ格に進出。
さらに【赤青ブランド】DMRP-02期に成立して以降、【赤青ブランド】にヒントを得て《プラチナ・ワルスラS》《音精 ラフルル》を出張させる構築もたまに見かけられるようになった。

候補カード [編集]

《異端流し オニカマス》アンタッチャブル付きのコスト踏み倒しメタ
《龍脈術 落城の計》S・トリガー付きのカード指定除去
《ドンドン吸い込むナウ》主要な侵略元とはコストが被るが、S・トリガーとしては強力
《サイバー・チューン》手札交換、マッドネス起動など
《斬隠蒼頭龍バイケン》《サイバー・チューン》で踏み倒し可能
《奇天烈 シャッフ》ロック担当
《終末の時計 ザ・クロック》確実に1ターンを凌ぐことができるS・トリガー
《全員集合!アクア・三兄弟/超次元ジェイシーエイ・ホール》コスト踏み倒しメタ/山札操作
《スパイラル・ゲート》たった2マナで邪魔なクリーチャーを退かせる
《音精 ラフルル》《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》等によるカウンターを封じていた
《海底鬼面城》事実上、デッキに入る他のカードとはコストが被らないドローソース
《プラチナ・ワルスラS》ビートダウンしつつ侵略に必要なリソース確保
《月光電人オボロカゲロウ》リソースを確保しつつ、《プラチナ・ワルスラS》を出張させる構築に必要な進化元にも
《熱湯グレンニャー》
《海郷翔天マイギア》火と水の一体目のコスト軽減
《灼熱の闘志 テスタ・ロッサ》最大2枚手札交換
《超次元の王家》手札交換ができる侵略

【赤緑レッドゾーン】 [編集]

比較的マイナーなデッキカラー
DMRP-01《桜風妖精ステップル》《デスマッチ・ビートル》が登場したことによってコスト踏み倒しメタと早出し手段が充実し、大会レベルのデッキとなった。

2色のレッドゾーンデッキの中でも特筆すべき点として、3ターン目に侵略を始めるための単色初動カードを8枚体制にできるという長所がある。
《ナチュラル・トラップ》《父なる大地》などのマナ送り除去によって相手クリーチャーを墓地でない場所に飛ばすことによって、《S級不死 デッドゾーン》などを絡めた墓地戦術を防ぐことがある程度可能。

デュエル・マスターズグランプリ-5th準優勝に輝いたデッキタイプ。

候補カード [編集]

【赤零レッドゾーン】 [編集]

DMRP-03期にチャンピオンシップ上位入賞が報告されたデッキ。これによって【レッドゾーン】は他の4文明と無色を漏れなく取り込んだことになる。

候補カード [編集]

まとめ [編集]

環境において [編集]

革命編期 [編集]

成立当初のDMR-17期には侵略元不足が深刻で、ソニック・コマンド以外からは《斬鉄剣 ガイアール・ホーン》を装備した《龍覇 ストラス・アイラ》《龍覇 アイラ・フィズ》、時には《熱血龍 バクアドルガン》が動員され、甚だしくは《熱血龍 リトル・ガンフレア》まで考慮された。

デッキとして確立したのは《轟速 ザ・マッハ》《超轟速 マッハ55》が登場した辺りとされる。

DMD-27 「カスタム変形デッキ 革命vs侵略 爆熱の火文明」期に《轟速 ザ・ゼット》を獲得したあたりから本格的に活躍し、DMR-19にて《禁断〜封印されしX〜》/《伝説の禁断 ドキンダムX》が登場したことで制圧力が増して手が付けられない強さになった。この頃に《終末の時計 ザ・クロック》《閃光の守護者ホーリー》タッチしてミラーマッチ運勝ちをもぎ取る型が成立した。

特に革命編ブロック構築環境では【赤単レッドゾーン】が圧倒的なデッキパワーを発揮していたが、これはブロック構築でも殿堂レギュレーション下における構築をほぼ再現できてしまうというのが最大の原因であった。言い換えれば、革命編は新規プレイヤーにとって今までになく取り付き易いシリーズであった。

ただ、【黒単ヘルボロフ】には《ファンタズム・クラッチ》で露骨に侵略に対してメタを張られており、一度除去されるとそのまま盤面を制圧されることもあった。また、環境外であった【5色フェアリー・ミラクル】にも《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》《伝説の禁断 ドキンダムX》を狙い撃ちにされると不覚を取った。

また、赤単構築で3ターン目に侵略を行うには《一撃奪取 トップギア》が必須であり、それを《勇愛の天秤》《学校男》で処理されると途端に出足が鈍った。そういうことから【墓地ソース】にも若干不利が付いた。

2016年初頭に【赤単レッドゾーン】への明確な有利対面である【超次元デッドゾーン】が成立し、若干勢いが衰えた。ところが程無くして《暴走龍 5000GT》型が成立し、【超次元デッドゾーン】に対する不利は覆された格好となった。

DMX-22で【赤単レッドゾーン】にとって致命的な防御札である《オリオティス・ジャッジ》が登場。基本的に赤単構築で呪文ロックはできないため、《オリオティス・ジャッジ》さえS・トリガーで捲れば何とかなるデッキにはなった。

「デュエルマ☆スターカップ 全国大会2015」では18人中9人がレッドゾーン系統であり、ベスト4に2人入賞している。

革命ファイナル期 [編集]

【赤黒レッドゾーン】で使われるようになったが、この頃になると【赤黒ドギラゴン剣】の後塵を拝するようになった。侵略でバトルゾーンに出ても《蒼き団長 ドギラゴン剣》に殴り返され、《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーによって返り討ちに遭い、といった具合に散々であった。《単騎連射 マグナム》《革命の鉄拳》でいくらでも除去できたため、この頃は【レッドゾーン】で環境に立ち向かう意義がないとまで言われた。それだけ【赤黒ドギラゴン剣】が【レッドゾーン】よりカードパワーで上回っていたということである。

新章デュエル・マスターズ期 [編集]

【赤青レッドゾーン】や【赤緑レッドゾーン】の活躍が目覚ましかった。詳しくは派生形の節を参照されたい。ただ、この頃になると2コストコスト踏み倒しメタの普及によって攻め切れない、そもそも侵略してバトルゾーンに出ることができないという面が目立つようになり、シールドが残っている状況で禁断解放することが多くなり、《伝説の禁断 ドキンダムX》特殊敗北能力を狙われることが多くなった。特に、《怒流牙 佐助の超人》《斬隠蒼頭龍バイケン》のセットは革命編における《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》よろしく禁断解放が裏目となる所以であった。よって、新章デュエル・マスターズ環境においては如何に相手ターン中に禁断解放するかが重要となり、侵略でのごり押しではなくメタクリーチャーなど周辺パーツによる器用な立ち回りが求められた。

長らく赤黒型を除いてほぼ規制を受けなかったアーキタイプであったが、2018年3月1日についに全タイプ共通のデッキパーツである《単騎連射 マグナム》が殿堂入り。単純明快なデッキの動きで低年齢層受けが特に良いため規制されにくいデッキタイプであると思われたが、これによりS・トリガーには従前よりも弱くなった。

双極篇期 [編集]

再び虎視眈々とすることとなった。この頃になると【赤青ドギラゴン剣】【白青赤ドギラゴン剣】などに見られるように、【レッドゾーン】と同じかそれ以上の速度による【速攻】と妨害を両立し、汎用性もより高いデッキがざらになり、革命ファイナル環境の頃と同じように敢えて【レッドゾーン】で戦う意味が薄れた。【赤白“轟轟轟”ブランド】に対する露骨な受けがそのまま【レッドゾーン】に刺さったのも痛かった。

超天篇期 [編集]

DMRP-10《暴走獣斗 ブランキー》を、DMEX-06《撃速 ザ・グナム》《覇王速 ド・レッド》を獲得し、赤単構築が強化された。ただ、これだけ強化されたとはいえ、GR召喚付き確定除去S・トリガーがこのシリーズに続々登場し、双極篇でもオマケのように防御S・トリガーの面が付いたツインパクトが多数登場したため、カードプール的にはS・トリガーで除去されやすい状況と言える。それでも、シールド焼却封印のおかげで【サッヴァーク】への対処には困らず、2019年7月1日の殿堂レギュレーション改訂直後の環境では上位にあった。

ところがDMBD-10の発売により【青黒緑デッドダムド】が成立すると立場が一変。環境が【青黒緑デッドダムド】とそれに有利な高速デッキやカウンターで勝ちに行けるループ中心になった。このデッキと同じような速度とこのデッキにはない物量を兼ね備えたデッキも多く、ここに来て物量不足という弱点が重くのしかかった。実際『超CSIII in 山形』においては決勝ラウンド進出者128人中2人が使用、使用率9位タイと低迷。

十王篇期 [編集]

キリフダッシュフシギバースなどのマナコストが大きいクリーチャーを早出しするギミックに対し《奇石 ミクセル》が有効であり、【バーンメアジョーカーズ】など呪文への依存度が低くないデッキに《音奏 プーンギ》が刺さることから、【赤白レッドゾーン】がメタ格に復帰。《GOOOSOKU・ザボンバ》などのマジボンバー持ちや《U・S・A・BRELLA》を獲得したのも大きい。ただ、焦って侵略すると環境でよく見る《斬罪 シ蔑ザンド》で処理されてジリ貧になってしまう恐れがあるため、メタカードでの牽制がそれまで以上に重要になった。極端な話、どれだけ早く《U・S・A・BRELLA》を出せるかという勝負になった面もある。

2020年7月1日には新たな殿堂レギュレーション施工に伴い、メインの侵略先であった《熱き侵略 レッドゾーンZ》が殿堂入りによって1枚しか使用できなくなった。しかし、空いた枠に追加のメタカードや別の侵略先を投入することでリペアされ、殿堂施行前のライバルであった【ドッカンデイヤー】が殿堂入りで大幅に弱体化したこともあり環境に残ることに成功した。
しかし、【連ドラグナー】という出力も速度も上回るデッキの登場によりこのデッキの立場は危うくなり、環境から転落してしまう。更に、2020年12月18日に【連ドラグナー】の巻き添えを食らう形で《ヘブンズ・フォース》プレミアム殿堂に指定されてしまい、赤白型は大幅に弱体化を余儀なくされた。

王来篇期 [編集]

メタビートとしてはよりリソース確保の機構が優秀な【鬼羅.Star】が登場。似たようなこととそれ以上のことができるそちらを差し置いてこちらを真剣勝負で握るメリットが無くなった。【5色コントロール】は優秀な受け札を獲得しており、《轟く侵略 レッドゾーン》T・ブレイクシールドで返すことなど非常に容易となったばかりか、寧ろ手札が増える分だけ利敵行為になりかねなくなった。

天敵となる【レッドゾーン】へのメタカードである《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》《希望のジョー星》を対策しようと軽量除去を積もうにも、リソースの問題がここに来て重くのしかかるようになった。

それでも、DMEX-18で【赤青レッドゾーン】に待望の強化パーツである《超次元の王家》が追加された。素出しプランとしても強力なこのクリーチャーのおかげで着地置換効果方式のコスト踏み倒しメタをあまり気にする必要が無くなった上に、初動手札交換としても侵略元としても優秀なこのカードのおかげでデッキが回りやすくなったため、DMEX-18期のオリジナルではそこそこの入賞実績を収めた。

その他 [編集]

参考 [編集]