我我我(ガガガ)ブランド】 [編集]

《我我我ガイアール・ブランド》コスト軽減能力を使いやすくし離れた時のアンタップスピードアタッカー付与能力1ショットキルを目指すデッキ
このページでは【赤単ブランド】の流れを組んだ赤単での構築を紹介する。

我我我ガイアール・ブランド KGM 火文明 (8)
スター進化クリーチャー:ビートジョッキー/レッド・コマンド・ドラゴン/レクスターズ 9000
このクリーチャーを、コストを3少なくし、さらに、このターン、自分の他の火のクリーチャーを召喚していれば、追加で3少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンこのクリーチャーは可能なら攻撃し、その攻撃の後でこのクリーチャーを破壊する。
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー
このカードが離れた時、自分のクリーチャーをすべてアンタップし、このターンそれらに「スピードアタッカー」を与える。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

《凶戦士ブレイズ・クロー》可能であれば攻撃する
《一番隊 チュチュリス》ビートジョッキー1コスト軽減
《一撃奪取 トップギア》の各ターン1体目の召喚コストを1下げる
《Re:奪取 トップギア》
《ブンブン・チュリス》ターンのはじめアンタップしないビートジョッキー/レクスターズ
《ブルース・ガー》ターンのはじめアンタップしないファイアー・バード
《グレイト“S-駆”》G・G・Gスピードアタッカーになる
《ホップ・チュリス》そのターン中味方が攻撃していなければ攻撃できない
《爆鏡 チッタ》そのターンの味方が攻撃していなければ攻撃できないガードマン
《螺神兵ボロック》のクリーチャーがいると事実上自壊
《斬斬人形コダマンマ》cipシールド回収手札補充
《花美師ハナコ》
《斬斬人形コダマンマ GS》G・ストライクcipシールド回収
《鬼星の絆 フウジン天&ライジン天》G・ストライクシールド追加メタ
《カンゴク入道》ターンの終わりシールド回収鬼タイムパンプアップ
《こたつむり》足止めして時間稼ぎ
《月砂 フロッガ-1》
《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》コスト踏み倒しメタ
《霊峰 メテオザ-1》コスト踏み倒しメタ対策
《ハエタタ・チュリス》cip非クリーチャー指定除去《希望のジョー星》対策
《“罰星怒”ブランド》盤面の取り合いに有利なシンカパワーを持っている
《ナグナグ・チュリス》《メテオザ》の上位種。《チュチュリス》によるサポートも受けられる
《GIRIGIRI・チクタック》相手のシールドが4枚以下ならcipGR召喚出来るビートジョッキー
1枚で2体召喚できるため《“罰怒”ブランド》との相性が良い
《龍装者 バルチュリス》自分のクリーチャーの2回目の攻撃時にコスト踏み倒し
《デュアルショック・ドラゴン》S・バックによる打点補強
《ハクメイ童子》
《爆殺!! 覇悪怒楽苦》防御札となるS・トリガー
《Disパイロン》コスト2とディスカード1枚で出せるスピードアタッカー
《マッテ・ルピア》多色クリーチャーが出るたびバトル
《レクタ・アイニー》《ボルシャック・フォース・ドラゴ》か《我我我ガイアール・ブランド》がいればG・ゼロ
《アッポー・チュリス》pigで1ドロー
《ブルマン・チュリス》手札交換できるNEOクリーチャー
《単騎連射 マグナム》S・トリガー封じ

フィニッシャー [編集]

超GRゾーン [編集]

長所 [編集]

ただ単にワンショットするだけなら、16枚積みがデフォルトとなる1コストクリーチャーを2体or3体、12枚積みが1つの目安となる2コストクリーチャー0体or1体、《我我我ガイアール・ブランド》1体だけ引いておけば十分。これだけ要求値が低いのが強さの秘訣である。

安定4ターンキルプランの場合、《我我我ガイアール・ブランド》でのアンタップ込みで10打点を超える打点を生み出すことが容易。その打点形成能力は「【速攻】で出てはいけない打点」と評される。

出すことが《龍装者 バルチュリス》以外基本的に全て召喚扱いと言っても良いため、《異端流し オニカマス》にも耐性がある。

たとえフィニッシャー格のクリーチャーを《奇石 ミクセル》方式のコスト踏み倒しメタに封殺されても、大量投入した1コストクリーチャーを並べて強引にワンショットに持ち込むことが可能。

1枚の単体除去S・トリガー程度なら受けたとしてもワンショットがそのまま成立することがざら。《“罰怒”ブランド》《我我我ガイアール・ブランド》を同時に並べることができれば猶更である。《一番隊 チュチュリス》を2ターン目に立てればそれが3ターン目に実現可能である。

貯める動きが強力で、あらゆる速度のデッキに対して貯める動きを調節することで対応可能。

シールド0枚のタイミング《我我我ガイアール・ブランド》を攻撃させると、シールド0枚からの防御札を相手が握っている場合を考えた場合、アンタップ能力による恩恵を最大化できる。言い換えると、《ボルシャック・ドギラゴン》等の革命0トリガーには滅法強い。ただしそれはオリジナルでの話で、アドバンスでは封印外しすることでの禁断解放により何体並べても根こそぎ除去されるリスクがある。

ワンショットに失敗してもメタクリーチャーが生き残っていれば返しのターンに致命傷を受けにくい。

短所 [編集]

G・ストライクには弱い。《我我我ガイアール・ブランド》耐性アンタップクリーチャー生成をもってしても確実に止められてしまう。

《“罰怒”ブランド》の場合、オリジナルでも通常は3ターン目までに6打点程度しか並ばないため、G・ストライクを始めとする防御札に脆いのもあり、無理に早期ワンショットにこだわるのはゲームの長期化を自ら招くため危険。どれだけ打点を貯める猶予があるか、予めどこまでなら事前にブレイクを入れても危険ではないか、妥協点を見つけるのが重要。

《テック団の波壊Go!》は天敵。1コストクリーチャーに依存した構築の場合、常在型能力スピードアタッカー付与できる《“罰怒”ブランド》でなければ立て直しが困難。《我我我ガイアール・ブランド》のスピードアタッカー付与はこのカードバトルゾーンから離れたターン限定のためである。それ以上に《聖魔連結王 ドルファディロム》が脅威であり、《テック団の波壊Go!》と異なり6コスト以上のクリーチャーも除去され、しかもバウンスではなく破壊であるため、出されたら負けに等しい。そちらを出される前に殴り切るのが鉄則である。

手札補充系のクリーチャーを初手で引かないと事故が起こったり簡単に息切れしたりする。フィニッシュに必要な手札を確保することが難しい場合、時にはマナチャージをパスしてでも手札を確保するのが吉。

コスト軽減利用型の場合、コスト軽減持ちが無いと若干動きづらい。

【5色コントロール】系統に対しては貯めるプレイングをするとまず負けに繋がる。というのも、貯めている間にコスト踏み倒し呪文での呼び出し先が用意されるためである。《ナウ・オア・ネバー》からの《天命龍装 ホーリーエンド》呼び出しによる損害もターン数が立つほど大きくなるため、そういう意味でも【5色コントロール】系統との対面で貯めてはいけない。

環境において [編集]

デッキ成立から早々にアドバンス・オリジナル両環境に進出。以降、あらゆるデッキは【我我我ブランド】に対する勝率とそれ以外のデッキに対する勝率をトレードオフの存在として考える必要に追われた。

DMRP-18期開始からすぐに1コストウィニーを16枚も積み、《斬斬人形コダマンマ》《花美師ハナコ》を合計7枚以上積んだ型もそれなりに入賞している。《デュアルショック・ドラゴン》型も珍しくない。

《一番隊 チュチュリス》存在下で《ダチッコ・チュリス》GR召喚付き軽量ビートジョッキーを展開して《我我我ガイアール・ブランド》への着地に繋げ、そのままワンショットを行うというプランがメインの1つ。

DMRP-18期当初、《奇石 ミクセル》対策であり《霊峰 メテオザ-1》よりも範囲が広く汎用性が高い《ナグナグ・チュリス》速攻対策の《こたつむり》《爆殺!! 覇悪怒楽苦》を採用した型も見られた。主に【赤白ドギラゴン閃】を意識した調整と見られる。

アドバンスより盤面の取り合いが激しいオリジナルでは、パワーと、状況次第ではコストも問わない除去を持つ《“罰星怒”ブランド》を採用した型が目立った。

《ハエタタ・チュリス》《希望のジョー星》対策に入れる場合もあるが、《我我我ガイアール・ブランド》レクスターズ指定進化までは《希望のジョー星》で無効化されない上に、1コストクリーチャーを並べて突破するプランも取れるため依存度は低く、入れて2枚の構築がメイン。

《我我我ガイアール・ブランド》と同時登場の《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》に関しては、メタ張りよりも速度が重要なので、最初は採用はマチマチであった。それでも、《一撃奪取 トップギア》《無重力 ナイン》と合わせたアウトレイジシナジー型も当初から結果を残していた。DMEX-16期になるとほぼ確定レベルで投入されるようになった。

因みにGR召喚利用型は、《とこしえの超人》に弱いため当初かなり低調であったが、そちらが対策されすぎて数を減らすとDMEX-17期開始直前辺りから《GIRIGIRI・チクタック》型が増加した。

DMSP-04期のオリジナル環境では《龍星装者 “B-我”ライザ》を採用しつつ【我我我ブランド】基盤を維持した型がチャンピオンシップ準優勝を果たしている。

2021年8月下旬のアドバンスチャンピオンシップでは、《ニクジール・ブッシャー》のノーコスト召喚で《我我我ガイアール・ブランド》着地を狙い、3ターン目に残った《ニクジール・ブッシャー》と、《新導バット》《カーメルイス》、この2体でダイレクトアタックまで持っていく方が3位入賞を果たした。同時期の非公式対戦ツール環境では、【青赤緑ドギラゴン閃】【白青赤鬼羅.Star】の増加により3ターンキルが通りやすくなり、相対数が激増した。

DMRP-19《斬斬人形コダマンマ GS》を獲得。《カンゴク入道》と合わせて総攻撃の前に3枚程度ごっそりシールド回収して手札補充してから、4ターン目に《我我我ガイアール・ブランド》《“罰怒”ブランド》の2体を並べて多少の除去カウンター札ではぐらつかないような布陣でワンショットするプレイングが流行。

永らく5枚目以降のフィニッシャーとして《“罰怒”ブランド》が使われたが、《“逆悪襲”ブランド》が登場した辺りから立場が揺らぎ、遅くともDMRP-20期になるとこのクリーチャーの代わりにサブフィニッシャーとして《“逆悪襲”ブランド》を使い、《“罰怒”ブランド》を不採用とする構築がざらになった。

DMBD-18終期に【グルメ墓地ソース】が流行すると、そちらには《破壊者 シュトルム》《SMAPON》《撃髄医 スパイナー》などの【我我我ブランド】対策となる防御札が満載のため、急に明確な不利対面が1つ追加されたと言える。また、あまりにこのデッキが増えたため、【青黒退化】《秩序の意志》《我我我ガイアール・ブランド》を包囲するようになった。

この頃では《希望のジョー星》でほぼ腐り、単体では役に立ちにくい上に《我我我ガイアール・ブランド》より打点を用意しづらくG・ストライクに脆弱な《“罰怒”ブランド》を2枚に抑えた構築が目立つようになった。ただしそれはオリジナルでの話であり、アドバンスではGR召喚で打点形成には困らないため、圧倒的に《“逆悪襲”ブランド》よりも採用率が高い。
その後、2022年に《ジョー星》が殿堂入りすると、オリジナルでも《罰怒》の採用率が回復した。

2022年1月中旬のオリジナルのチャンピオンシップでは《ニクジール・ブッシャー》《“逆悪襲”ブランド》の早期着地を狙う型が優勝を記録した。

DMEX-18期のオリジナルでは《二刀流Re:トレーニング》《カダブランプー》で打点補強しつつ、最後に《龍装者 バルチュリス》から《シン・ガイギンガ》革命チェンジして詰める変則の型が3位入賞を果たした。この頃には引いた者勝ちの妨害手段である《ドリル・スコール》を搭載した型が標準仕様化。

『全国大会2019』日本一決定戦ではオリジナルでベスト8圏外と、事前予想ほどの結果を得られなかった。多くの参加者がこのデッキへの対策として防御札除去札を増やし、速度と安定感で遜色のない【JO退化】が大会に多かったためと見られる。この大会で《爆鏡 チッタ》が使われたことを機に《ブルース・ガー》《爆鏡 チッタ》に入れ替える構築が目立つように。

DMGP2022』Day2(オリジナル)では、【5色ザーディクリカ】【青黒赤緑邪王門】などの受けの強いデッキが跋扈し、【青黒緑ゼーロベン】に速度と突破力を兼ねるデッキとしては立場を奪われ、【青黒緑ハンデス有象夢造】のようにコスト踏み倒しメタの復帰力がウリのデッキも台頭したため、ベスト16に1人も残らず、事前評価ほどの実績を残せなかった。ベスト128にも予選突破デッキ中8位タイの5人(同率に【星雲人シヴァンリンネ】【キリコチェイングラスパー】【無色ジョーカーズ】がランクイン)しか残らなかった[1]

DM22-RP1発売から約1ヶ月が経過すると、《龍装者 バルチュリス》を2、3枚入れた型が流行。《こたつむり》から《ボルシャック・フォース・ドラゴン》に総入れ替えした型が増え、スピードアタッカーの通りが良くなったのがその要因の1つ。

参考 [編集]


[1] 公式発表上は7位に【青黒緑ハンデス有象夢造】(6人)がランクインしているが、2位(10人)を記録した【青黒緑CRYMAXジャオウガ】構成が類似するため合算して考えることもできるとの見解が示されている。そのため、それ以降の順位のデッキはその見解に従い順位を1つ繰り上げるものとする。参考