コマンド [編集]

種族に「コマンド」とあるクリーチャーを指す種族カテゴリ
DM-36で登場した《シンカイドーベル》によって正式なカテゴリとなった。
DMR-19以後は、封印を司るカテゴリとして再定義されている。

「コマンド」自体はエンジェル・コマンドデーモン・コマンドの2種がDM-01 第1弾から存在しており、それぞれの大型種族として活躍し続けてきた。
DM-32自然ガイア・コマンドサイバー・コマンドが新たに加わり、更にDM-36にてフレイム・コマンドが登場したことにより、ドラゴンと同じく5文明すべてが有することとなった。
エピソード1からは新たに多数のコマンド・ドラゴンが登場しており、更にその数を増やしている。

大型種族の多くが含まれるカテゴリーでサポートカードもそれなりに存在するが、エピソード2から「コマンド」を指定する除去が増えてきたため、一概にコマンドを持つことがメリットとは言えなくなってきている。
下記リストを見ても分かる通り、「コマンド」という括りを参照する能力のうち、メタの割合は比較的高い。これは元々エンジェル・コマンドデーモン・コマンドのような種族は個々で豊富なサポートを持っていたためであろう。

  • 初登場したDM-36から、長い間テキスト上では「種族に「コマンド」とある」という指定を受けていたが《偽りの星夜 ラスト・プロポーズ》からはドラゴン等と同じく「コマンド」で表記されるようになった。その後にコマンド指定の効果が増大することを見越しての変更と考えられる。
  • 英語版デュエル・マスターズや、禁断文字での綴りを見るに、英語表記は「command」が正しいようだ。
    • 基本的には「指図(する)」という意味だが、派生して「軍の司令部」などの意味もある。ごく最初期の背景ストーリーでは光軍・闇軍の将軍や司令官のような描かれ方をしていた。
    • 類似の英単語に「コマンドー (commando)」があるが、そちらは「奇襲部隊、精鋭軽歩兵部隊や特殊部隊」などの意味である。ゲリラ・コマンドにはそちらの含意があるかもしれない。
  • 革命編および革命ファイナルではコマンド・ドラゴンではないコマンド種族が敵勢力の主力となっている。
    • 『デュエル・マスターズ 入門デュエマ 革命スタート完全ガイド』では「コマンドとは人の形のクリーチャー!!」と説明されている。もちろん人型以外のコマンドは存在するが、全体の傾向としてはあながち間違ってはいない。

「コマンド」とある種族 [編集]


5文明の「コマンド」 [編集]

その他希少種以外の「コマンド」 [編集]

希少種「コマンド」 [編集]

ガーディアン・コマンド・ドラゴン《族長の魂友 ワチャゴナ》
グリーン・コマンド・ドラゴン《母なる緑鬼龍ダイチノカイザー》
《大地のリュウセイ・ガイア》
《流星のガイアッシュ・カイザー》
シャイニング・コマンド・ドラゴン《豪遊!セイント・シャン・メリー》
《僥倖!キンキラ・シャン・メリー》
ソウル・コマンド《ファイナル・ドッペル》
ソニック・コマンド・ドラゴン《轟く革命 レッドギラゾーン》
デビル・コマンド・ドラゴン《死海竜ガロウズ・デビルドラゴン》
トリニティ・コマンド《SSS級天災 デッドダムド》
《天災 デドダム》
《ギガントウサギロボ・フューチャーX》
ビースト・コマンド《紅蓮の怒 鬼流院 刃》
《バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ》
ブルー・コマンド・ドラゴン《ガンリキ・インディゴ・カイザー》
《メヂカラ・コバルト・カイザー/アイド・ワイズ・シャッター》
《激浪のリュウセイ・スプラッシュ》
《流星のガイアッシュ・カイザー》
ホワイト・コマンド・ドラゴン《ホワイト・TENMTH・カイザー》
《愛のドラゴン みぞれ》
メガ・アーマード・コマンド・ドラゴン《ボルシャックライシス・NEX》
メタル・コマンド・ドラゴン《鋼龍 クシャルダオラ》
リキシ・コマンド《不知火横綱ニバイ・ニバーイ》
リキシ・コマンド・ドラゴン《雲龍 ディス・イズ・大横綱》
ワールド・コマンド・ドラゴン《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》
禁断ソニック・コマンド《ドキンダム BLACK》

コマンドに関連する効果を持つカード [編集]

コマンド指定の進化 [編集]

参考 [編集]