赤い稲妻(サバイバル・スター) テスタ・ロッサ》 [編集]

赤い稲妻 テスタ・ロッサ C 火文明 (2)
クリーチャー:アウトレイジ 2000+
バトル中、このクリーチャーのパワーを+2000する。
相手のターン中に、相手のクリーチャーが召喚以外の方法で出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを墓地に置く。

DMRP-18で登場したアウトレイジ

コスト2でありながら着地置換効果墓地送りにするコスト踏み倒しメタ能力を持つ。コスト踏み倒しメタとしてはそれまで最軽量だった《撃速 ザ・グナム》コストを下回った。
文明が違うため単純比較できないが、《マタドール・マルクーゼ》上位互換のような能力となっている。

召喚以外のクリーチャーの着地を許さないカードには《洗脳センノー》がいたが、それよりさらに1コスト軽くなっている。

コストが1低くG・ストライクを持ちGR召喚メタれる万能選手である《とこしえの超人》と比べると流石に苦しい点もあるが、相手のマナを増やさない点と手札からのコスト踏み倒しも対象である点で勝る。

登場時の環境なら《ナウ・オア・ネバー》による《龍風混成 ザーディクリカ》を始めとした踏み倒し《蒼き守護神 ドギラゴン閃》を筆頭とした革命チェンジ《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》踏み倒しなど、環境でもよく使われるデッキを着地置換効果で妨害することで完封できるのは評価できる。

基礎パワーは2000と低めだが、バトル中パワーを+2000するので、タップキルマッハファイターなどの殴り返しにはある程度は強い。マッハファイターはパワー5000以上のクリーチャーが増えていっているため安心はできないが、このコスト帯としては十分なパンプアップ量だろう。《麗泳者 マツバメモノ》ぐらいなら一方的に殴り返しできる。
流石に《異端流し オニカマス》のような耐性は持たず、火力にも弱いため、序盤の足止め程度の役割とおさえておくべきである。

コストが軽いのを生かして、《無重力 ナイン》を使ったアウトレイジを軸にした【赤単ブランド】などに採用するのもいいだろう。もっともアウトレイジを考慮しなくても、コスト踏み倒しメタの中ではかなり優秀な部類なので、単純に従来の【赤単速攻】【赤緑速攻】【赤黒速攻】などに投入しておくだけでも活躍は十分期待できる。

環境において [編集]

登場弾のDMRP-18発売直後、【我我我ブランド】白青赤構築の【鬼羅.Star】で活躍。【ドギラゴン閃】系列などこれが立っていると大きく速度が下がるデッキに対しては有利であり、たとえワンショットのための打点が足りなくてもこのカードの能力に任せてごり押しして何とかなることがままある。ただ、当時の【我我我ブランド】ではコスト踏み倒しメタより速度の方が大切であり、【我我我ブランド】相手にはこのクリーチャーのメタ能力はほぼ意味をなさないことから、使用率はマチマチであった。

DMEX-16期になると【ドギラゴン閃】系列や【モモキングRX】系列などの攻撃重視のデッキにも広く入るようになり、系のビートダウン全体でよく見かけるカードとなった。【我我我ブランド】でも確定レベルで投入されるようになった。ただし、この頃になると【5色コントロール】が既に《希望のジョー星》対策の《メッチャ映えタタキ》をよく採用するようになっており、《希望のジョー星》対策で搭載したそちらについでのように除去される恐れがあるので、過信は禁物。

ただ、召喚扱いのコスト踏み倒しに対して腐るのが重く、そのことからDMRP-20期辺りになると【白青赤鬼羅.Star】でも《天翼 クリティブ-1》と総入れ替えするケースが目立っていった。

DMBD-19DMBD-20期のオリジナルにおける【我我我ブランド】では、【モモキングJO】ぐらいにしか刺さらないことから不採用が目立つように。

『全国大会2019』日本一決定戦では、《GIRIGIRI・チクタック》《一番隊 チュチュリス》を一切採用せず、これを4枚採用した【我我我ブランド】(アドバンス)が確認された。【モモキングJO】が増加し、【我我我ブランド】の苦手な【白青赤緑ドラグナー】が増えなかったメタゲームを巧みに読んだ形だが、上位入賞はならなかった。

その他 [編集]

  • 名前の「赤い稲妻」の由来はラッパーの「MCニガリ a.k.a. 赤い稲妻」と思われる。
  • DMRP-21版のテキストは以下のようになっているが、後に誤植と発表された。[1]
    相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーを出した時、相手はかわりにそのクリーチャーを墓地に置く。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-21
    仲間が、友がいるから俺達は闘う! 闘うんだ! ― 赤い稲妻 テスタ・ロッサ
  • DMRP-22
    テスタが見たが新たな世界の繋ぐ塔を作る瞬間。それはかつてオラクルアウトレイジの歴史において、彼が見ることができなかった瞬間だった。

収録セット [編集]

参考 [編集]