MAX(マックス)・ザ・ジョニー》 [編集]

MAX・ザ・ジョニー KGM 光文明[ジョーカーズ] (6)
S-MAX進化クリーチャー:ジョーカーズ/レクスターズ 10000+
S-MAX進化:自分がゲームに負ける時、かわりにこのクリーチャーを破壊するか、自分の手札から《MAX・ザ・ジョニー》を1枚捨てる。(このクリーチャーは進化元を必要としない。自分のS-MAX進化クリーチャーが2体以上あれば、そのうちの1体を残し、残りをすべて手札に戻す)
パワード・ブレイカー
自分の他のジョーカーズまたはレクスターズ1枚につき、このクリーチャーのパワーを+2000する。
このクリーチャーの各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。
このクリーチャーの攻撃の終わりに、自分のシールドが10以上あれば、自分はゲームに勝つ。

DMRP-21で登場したS-MAX進化ジョーカーズ/レクスターズ

バトルゾーンにある自分の他のジョーカーズレクスターズの数だけパワーを+2000するパワード・ブレイカー。自身の各ブレイクの直前にシールド追加を行う能力を持つ。
さらに、攻撃の終わりに自分のシールドが10以上あればエクストラウィンする能力も持つ。

自分の他のジョーカーズまたはレクスターズの数だけパンプアップされるのでバトルゾーンがこのクリーチャーだけではパンプアップされないことに注意。
また、単位が「体」ではなく「枚」なのでフィールドタマシードなどの非クリーチャーも対象となっている。もちろん《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》G・ゼロと同じく、進化元のカードの枚数はそのカウントに含まれない。

ブレイク直前にシールド追加する能力は、《煌龍 サッヴァーク》《煌世主 サッヴァーク†》の持つドラゴン・ブレイカーのような性能と言える。ただし、こちらは表向きにしてシールドの上に置く事はできない。S-MAX進化による敗北回避能力も相まって、防御力はかなりのもの。
あくまでシールド追加なので、シールドを2つブレイクすれば、一度に2つもシールドを増やせる他、後述のエクストラウィンのハードルを下げられる。中でも、タマシードが多くてもジョーカーズレベルをカウント出来ればOKな《ガンマスター・超天・マキシマム》ならパンプアップも併せて二重に1ショットキルを仕掛けられる。
しかし、1つでもシールドが少なくなっていると相対的にハードルが上がることに注意。とはいえ、相手がシールドを攻撃するデッキならシールド追加が有効に働いているということでもある。

細かなことだが、攻撃によるブレイクという指定はないため、例えば《弩闘!桃天守閣》を使って《MAX・ザ・ジョニー》自身が誘発型能力によるブレイクを行う際にもシールド追加が行われる。
現時点ではダイナモを使う必要があるが、《切札勝舞&ボルメテウス -決闘の物語-》のような自分のシールドをブレイクする能力を与えてやると、自分のシールドの個数を減らさずに暴発ができる。

《ジョリー・ザ・ジョニー》以来となるエクストラウィン《光霊姫アレフティナ》と同じくシールドが10あることで達成され、初期シールド5枚に上記のシールド追加5枚を行えば条件を達成できる。
順当に行けばT・ブレイカーからQ・ブレイカーになるのは難しくないので、他のカードでシールド追加を1~2枚追加できれば達成しやすくなる。
《ジョリー・ザ・ジョニー》と同じく、ニンジャ・ストライク鬼エンドといった対戦相手の攻撃に反応する手札誘発防御札を使わせずにゲームに勝てるのは優秀。

相手クリーチャーのシールド送りとの相性は良好。ブレイクするための不確定要素を取り除きつつシールド追加に起用できるシールドを用意できるので、かなりのシナジーがある。
除去持ちS・トリガー獣は攻撃の終わりの誘発を妨げられるのでNGだが、エクストラウィン達成可能ならG・ストライクを持つクリーチャーをシールド送りにして以降の攻撃が止まっても全く痛くない。

ジョーカーズなのでサポート豊富。コスト6のジョーカーズなので、《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》で踏み倒したり、《グレープ・ダール》などのJチェンジ6で出したい。

  • 《ジョリー・ザ・ジョニー》エクストラウィンは、積極的に相手のクリーチャーとシールドが減らしていくことで達成されるのに対し、《MAX・ザ・ジョニー》のエクストラウィンは、逆に自分のシールドを増やすことで達成されることから、両者のエクストラウィンは真逆の性質と言える。
  • 日本語で数字に「つ」を付けた読み方は、「ひとつ、ふたつ、みっつ、……、やっつ、ここのつ、とお」であり、「10つ(じゅっつ)」ではない。
    単位が付いていないが、「枚」という単位で数える場合のカードテキストは「シールドゾーンにあるカード」となる。このカードではシールドの個数を数えるので「枚」ではなく、「つ」で数えるのが適当であり、また、前述の理由で「つ」も付けないのが正しい。
    • カードテキストでは「10以上あれば」の数字部分にルビはついていない。

関連カード [編集]

サイクル [編集]

DMRP-21S-MAX進化サイクル

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 4つ目の能力について

Q.自分の《「雷光の聖騎士」》がバトルゾーンにいる状況で、相手の《MAX・ザ・ジョニー》が自分のシールドを2つブレイクする際、《「雷光の聖騎士」》の置換効果を適用して手札を2枚捨てた場合、相手は山札の上から2枚をシールド化できますか?
類似例:《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.はい、置換効果により結果的にブレイクが行われない場合でも、相手は山札の上から2枚をシールド化します。
相手が《MAX・ザ・ジョニー》の効果で2枚シールド化した後で、《「雷光の聖騎士」》の置換効果を適用するかどうかを決定するのが正しい処理順になります。
引用元(2022.4.22)

Q.自分のシールドは1つもなく、相手の《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》がバトルゾーンにいる状況で、自分の《MAX・ザ・ジョニー》が相手のシールドをブレイクする場合、どうなりますか?
類似例:《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.結果的に、相手のシールドはブレイクされず、追加された自分のシールドが1つブレイクされます。
まず、自分の《MAX・ザ・ジョニー》が相手のシールドをブレイクする前に、《MAX・ザ・ジョニー》の能力により、ブレイクしようとするシールドの数分、シールド化を行います。その後、実際にブレイクする際に、追加された自分のシールドのうち1つを、相手の《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》の置換効果によってブレイクします。
引用元(2022.4.22)

Q.《MAX・ザ・ジョニー》の「このクリーチャーの各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目をシールド化する」とは、どういう能力ですか?
類似例:《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.シールドをブレイクする際に、ブレイクするシールド1つにつき自分の山札の上から1枚目をシールド化する能力です。自分の他のジョーカーズまたはレクスターズが1体でもいればパワーが12000になり、「パワード・ブレイカー」によってシールドを3つブレイクしますので、3回シールド化を行います。その後、相手のシールドを3つ同時にブレイクします。
引用元(2022.4.22)

Q.《MAX・ザ・ジョニー》が相手のシールドをブレイクする際、山札の上から1枚目をシールド化しました。手札にある《青守銀 アドマニ》の「自分のシールドゾーンにカードが置かれた時」の能力は、いつ誘発型能力の宣言をすればよいですか?
類似例:《赤攻銀 イザヤック》《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.シールド化したタイミングで、相手のシールドをブレイクする前に即座に宣言をする必要があります。《青守銀 アドマニ》のように非公開ゾーンでトリガーする能力を使いたい場合、その能力がトリガーした時点で、他の効果の解決を行いはじめる前に宣言を行う必要があります。
宣言をした後、実際に能力を解決するのは、相手のシールドをブレイクし、相手が「S・トリガー」を使った後です。
引用元(2022.4.22)

Q.自分は《白騎士の聖霊王アルカディアス/完全決闘》の呪文側を唱えて、その効果でシールドがブレイクされない状況です。相手の《MAX・ザ・ジョニー》の「このクリーチャーの各ブレイクの前に」の能力で、シールドを2つブレイクする際、相手は山札の上からシールド化できますか?
類似例:《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.はい、その場合でも、相手は山札の上から2枚をシールド化します。《MAX・ザ・ジョニー》の能力によるシールド化は、ブレイクするシールドを決定した時点で行われ、そのシールドが結果的にブレイクされたかどうかはチェックしません。
引用元(2022.4.22)

Q.《MAX・ザ・ジョニー》が相手のシールドをブレイクする際、山札の上から2枚をシールド化しました。自分の《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》がバトルゾーンにいる場合、その「自分のシールドゾーンにカードが置かれた時」の能力は、いつ使えますか?
類似例:《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.シールドをブレイクして、相手の「S・トリガー」を使った後に《音奏 ハイオリーダ》の能力でGR召喚します。その「S・トリガー」が呪文なら効果を解決してから、クリーチャーならそれを召喚して、「出た時」の能力を使う前にGR召喚して、そのGRクリーチャーの「出た時」の能力を使ってから、相手の「S・トリガー」クリーチャーの「出た時」の能力を使います。
引用元(2022.4.22)