熱血龍(ねっけつりゅう) バトクロス・ハンマー》 [編集]

熱血龍 バトクロス・ハンマー R 火文明 (7)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 7000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
自分のターンの終わりに、自分のマナゾーンにカードが7枚以上なければ、このクリーチャーを破壊する。

DMRP-21で登場したガイアール・コマンド・ドラゴン

cip効果バトルを行い、自分のターン終了ステップに自分のマナゾーンのカードが6枚以下だと自壊するデメリットを持つ。パワー7000のスピードアタッカーW・ブレイカー

手打ちができるマナになれば本体性能が7000未満除去付きスピードアタッカーW・ブレイカーであり、《熱血龍 バトクロス・バトル》とは比べ物にならない。
最悪《爆熱剣 バトライ刃》などマナが足りない状態で出しても、効果バトルの後、自壊のタイミングになる前に攻撃するチャンスは1回ある。
その上、革命チェンジによって能動的に手札に回収すれば、自壊デメリットも回避できる。素出しからの革命チェンジ元としては重いが、S・トリガーで召喚した場合も自壊前に入れ替えることができる。

S・トリガーで出せば、除去に加え返しのターンの侵略革命チェンジも担保されているカードだが、スペックを最大限に生かすならマナの伸びるデッキで使いたい。
例えば、【モルト NEXT】なら3ターン目終了時に7マナまで伸ばすことが現実的であるため合致していると言える。

いざと言う時に打点となるS・トリガードラゴンとしては他に《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》も存在する。青赤緑構築の【モルト NEXT】の場合、一緒に採用すればカウンター性能が増すこと請け合いである。

7コスト以上であるので、【グルメ墓地ソース】における防御札としても利用価値がある。

《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》封印外しができるため、【ドルマゲドンX】にも適性がある。自壊しても《マッド・デーモン閣下》で封印外しするついでに墓地回収できれば無駄が無い。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]