(あつ)侵略(しんりゃく) レッドゾーンZ(ゼット) [編集]

※実際のカードでは『Z』に斜線あり

熱き侵略 レッドゾーンZ SR 火文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者 11000
進化−自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−火のコマンド
W・ブレイカー
このクリーチャーを進化ではないクリーチャーの上に置いた時、相手のシールドをひとつ選び、持ち主の墓地に置く。
※殿堂入り

DMD-27で登場した進化ソニック・コマンド/侵略者

背景ストーリーで倒された《轟く侵略 レッドゾーン》が復活した姿。

オリジナルとマナコスト進化元侵略条件はそのままだが、パワーと打点が下がっており、cipによる一掃能力も無くなっている。

その代わりに、進化ではないクリーチャーの上に重ねた時にシールド焼却できる能力が付いた。これにより、これまで【速攻】の弱点であった《アクア・スーパーエメラル》などで仕込まれたシールドに太刀打ちできずに、そのまま盤面を覆されて負けてしまうといった事態を回避できるようになった。
《奇跡の精霊ミルザム》ウルトラシールド・プラスされたシールドもこのカード1枚で対処可能。この能力のおかげでオリジナルより落ちた打点も補うことができる。

また、侵略時に相手のシールドが残り1つならば、最後のシールド焼却してそのままダイレクトアタックすることも可能。この方法なら《古代王 ザウルピオ》《白騎士の神羅エターナル・ムーン》の効果を無視できる。

より相手プレイヤーを直接狙うスペックとなっており、S・トリガーに頼っているデッキだと《轟く侵略 レッドゾーン》よりも厄介なクリーチャーとなる。

背景ストーリーでも革命0のクリーチャーが3体集まってやっと倒れるぐらいに粘り強かったレッドゾーンだけあって、復活したカードにおいてもその名に恥じないスペックを持っている。環境でも元祖レッドゾーンと共に【レッドゾーン】の中核を担う活躍を見せた。

環境において [編集]

DMD-27【レッドゾーン】の新戦力として登場して以来、長らく【レッドゾーン】の主要カードとして活躍した。

2020年7月1日付で、殿堂入りとなった。おそらくDMEX-12で登場する《轟く革命 レッドギラゾーン》シールド焼却を使い回される事が危惧されたのだろう。また十王篇で登場したギャラクシールドを封殺できるためとも考えられている。

【レッドゾーン】ではほぼ必須パーツであるにも関わらず、再録に恵まれないまま殿堂入りとなってしまった。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


ルール質問掲示板
※以下の回答は回答当時に有志によって行われたものです。そのため回答に間違いがある場合や、現在の裁定とは異なる場合があります。

Q.相手が火のコマンドでの攻撃→攻撃に対して《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》Dスイッチ《超次元ブルーホワイト・ホール》を唱え《愛しい場所、マイカ・月ノ・ハルナ》を出してシールドを追加→その後相手がその火のコマンドを《レッドゾーンZ》侵略シールド焼却しようとした。これってできるんですか?
A.不可能ですね。非ターンプレイヤーの行動宣言(《ダイス・ベガス》のDスイッチ)の後に、ターンプレイヤーの行動(侵略)宣言を行えませんし、仮に宣言していたとしても、《レッドゾーンZ》のcip解決時にはまだ《ブルーホワイトホール》は唱えてない状態なので、焼却するシールドはありませんから。
参考