破壊(はかい)されない [編集]

「破壊されない」は、ルールに影響を及ぼす継続的効果である。

初出は最初期のコロコロコミック付録の《聖清の精霊アムニス》《邪獄ギリアム》(この時期はまだ「破壊」という用語は存在せず、「破壊されない」という文が登場したのはDMR-01《アクア・カスケード》が初)。

アクア・カスケード UC 水文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ハンター 6000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
このクリーチャーのバトル中、バトルしている相手クリーチャーは破壊されない。
不死身のブーストグレンオー P 火文明 (7)
サイキック・クリーチャー:フレイム・モンスター/ハンター 6000
このクリーチャーは破壊されない。
このクリーチャーがバトルに負けた時、自分の超次元ゾーンに戻す。
W・ブレイカー
《剛腕の政》覚醒リンク後⇒《爆裂ダッシュ!グレンセーバー政》

この効果を受けたクリーチャーは、いかなる状況でも破壊されない。

すべての破壊カードがこの能力の前には腐るため非常に強力。
よくある間違いだが、この効果は「破壊されるかわりにとどまる」とは違う。

ルール [編集]

  • ややこしい話だが、「破壊する」というのは「クリーチャーを墓地に置こうとする」ことに対し、「破壊されない」は「墓地に置かれない」ことである。「墓地に置こうとする」効果の対象にはなるため、「破壊する」効果の対象にはなる。要は、破壊されないクリーチャーを破壊することはでき、結果的に墓地に置かれない
  • 離れない」にも言えることだが、この能力を持つクリーチャーパワー低下能力によりパワーが0以下になっても、「ルールによる破壊」を無視してバトルゾーンを離れない。そのためパワー0以下になっても生き残る事ができる。

2021年9月24日の「よくある質問」更新による影響 [編集]

Q.「マナ武装5」が発動している《真・龍覇 ヘブンズロージア》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《†正義†と「正義」》を唱えました。次の相手のターン、自分は離れなくなったクリーチャーで「シールド・セイバー」を何度も使えますか?
A.いいえ、《†正義†と「正義」》の効果を受けているクリーチャーを破壊して「シールド・セイバー」を使うことはできません。「破壊されない」や「離れない」効果を与えられているクリーチャーを破壊して「シールド・セイバー」のようなかわりに破壊する置換効果を使用することはできません。
引用元

Q.《超越の使い 蒼転》のP能力の「破壊されない」を使われた状態のクリーチャーを置換効果で「かわりに破壊する」ことはできますか?
A.いいえ、できません。「破壊されない」や「離れない」効果を与えられているクリーチャーを破壊して「シールド・セイバー」のようなかわりに破壊する置換効果を使用することはできません。
引用元

これまでは破壊されないクリーチャーでクリーチャーを破壊するプレイングは普通に行われてきた。
例:《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》《転生プログラム》の破壊効果を選び、クリーチャーを破壊せずにコスト踏み倒しを行う。

ところが、2021年9月24日付で、「裁定変更のお知らせ」の告知なく上記2つの特殊裁定が出されることとなった。

この2つ以外には情報がないため推測となるが、あくまで「◯◯するかわりに(破壊できないクリーチャーを)破壊する」ということは、置換効果の原則「変更された後のイベントが実行できない場合、置換する事はできない」ルールでできなくなったと思われる。
《邪魂創世》などの置換効果ではない「(破壊できないクリーチャーを)破壊する。そうしたら」のテキストには触れられていないため、おそらくこれまで通り使えるだろうが、あくまで推測の域を出ない。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《超越の使い 蒼転》のキズナ能力の「破壊されない」を使われた状態のクリーチャーを置換効果で「かわりに破壊する」ことはできますか?
A.いいえ、できません。「破壊されない」や「離れない」効果を与えられているクリーチャーを破壊して「シールド・セイバー」のようなかわりに破壊する置換効果を使用することはできません。
引用元

+  削除されたQ&A


[1] デュエル・マスターズ総合ゲームルールの制定前は「墓地に置く」は「破壊する」に当たらなかった