《ベイB(ビー) セガーレ》 [編集]

ベイB セガーレ UC 自然文明 (1)
クリーチャー:ミルクボーイ 6000
このクリーチャーは攻撃できない。
相手が、自身のマナゾーンのカードの枚数よりコストが大きいクリーチャーを出す時、相手はそれをかわりにマナゾーンに置き、その後、自分はこのクリーチャーをマナゾーンに置く。

DMRP-19で登場した自然ミルクボーイ

《とこしえの超人》に続く1コストコスト踏み倒しメタのクリーチャーである。

使い捨て版《獣軍隊 ヤドック》と言った性能。能力を使った後に自身もバトルゾーンを退いてしまうが、そのままマナブーストができるので無駄が少ない。ただし、効果が強制である点は注意が必要。

パワーは6000あり、《スチーム・ハエタタキ》《Disノメノン》などの軽量除去を受け付けない。

【赤青“逆悪襲”ブランド】のような始動が極端に早い【速攻】の場合は相手の除去が間に合わないことも多いため、S・トリガーなどのカウンターを封じるロックとして機能させるタイミングを非常に作りやすい。

他のミルクボーイと同じくコスト1であるため、《Dの揺籠 メリーボーイラウンド》の対象となる。中型マッハファイターへの対抗策となるだろう。
《D2Y ヨー・サーク》常在型能力によるマナ召喚付与も強力。毎ターン低コストでメタを貼れるねちっこさを見せる。

ルール [編集]

  • 置換効果は1つのイベントに対して1つしか適用されない。
    複数体の《ベイB セガーレ》がいる状況でコスト踏み倒しが行われる場合、そのうちの1体のみの置換効果が適用される。結果、マナ送りされる《ベイB セガーレ》は1体だけである。

環境において [編集]

登場早々【ゼロ・ルピアループ】の初動兼妨害札として利用されるようになり、オリジナルで若干立場の弱かった同デッキを環境トップに押し上げた。1コストなので《罪無 ウォダラ垓》ムゲンクライム元としても優秀。オリジナル【青黒緑デッドダムド】では《リツイーギョ #桜 #満開》と共に採用し、合計8枚体制としてコスト踏み倒しをガンメタする場合がある。【青黒緑デッドダムド】の場合、《魔天降臨》でオールランデスを相手に浴びせてからこれでクリーチャーによるカウンターを封じながらワンショットするという勝ち筋もある。

ただ、《王来英雄 モモキングRX》cipにより進化するはずだったクリーチャーを身代わりに除去されてしまい、そのまま革命チェンジで走られるため、【青赤緑ドギラゴン閃】対策としては完全とは言い難い。とはいえ相手も進化先をマナ送りにされた時点で手札を1枚損しており、これは相手としても無視できない損失。《“龍装”チュリス》を5マナ未満の時に出した場合にも同様のことが言える。

【我我我ブランド】対策にも利用されるが、【我我我ブランド】側には《カンゴク入道》を並べて手札補充してからウィニーを連打してワンショットに漕ぎ付けるという対応策がある。スピードアタッカーが事実上存在しない【ゼロ・ルピアループ】だからこそ、《カンゴク入道》の能力を使いまくられる展開を赦してしまうのである。《我我我ガイアール・ブランド》《“罰怒”ブランド》の8枚体制となっている構築が多いため、どちらかを生け贄にしてもう一方の着地を狙うケースもあり、【我我我ブランド】対策としても絶対的とは言えない。

2022年1月1日殿堂レギュレーション改訂によって【ゼロ・ルピアループ】が事実上消滅したことで環境における採用先を1つ失ったが、以降も【青黒緑デッドダムド】で使われる。

DMPCD-01DMPCD-02期にオリジナルで【青黒緑ゲンムエンペラー】のパーツとして流行。

その他 [編集]

  • 《ベイB ジャック》を元にしたクリーチャーイラストではオタマジャクシ型のミルクボーイが《ベイB ジャック》を模したベビーカーに乗っている。
    あちらの能力クリーチャーの早出しや大量展開に使われるのに対し、こちらはそれらをメタる対照的な能力になっている。
    • リメイク元が環境を荒らした悪名高いカードであるのに対し、リメイクされたこちらが環境を調整する役回りであるのは、中々の皮肉である。
  • カード名の元となった倅(せがれ)とは自身の息子や若者を指す言葉。前者では謙称、後者では蔑称にあたる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-19
    モモキングの脳内に溢れたボルシャックの決闘の歴史……それは英雄たちの生き様の記録でもあった。幾度も繰り返された戦いと、いくつもの苦難の果ての勝利。その一部始終を見るうちに、モモキングの胸の内に熱く滾るものがあった。この歴史を忘れてはならない。この歴史を無駄にしてはいけない。気づけばモモキングの身体は禁断に蝕まれる苦しみを忘れていた。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のマナゾーンにカードが7枚で、自分の《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》(《ベイB セガーレ》を指定)と相手の《ベイB セガーレ》がバトルゾーンにいる状況です。この《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》が攻撃する時に《時の法皇 ミラダンテXII》の「革命チェンジ」の宣言をしました。この場合、入れ替えられますか?
A.はい、入れ替えられます。《ベイB セガーレ》の能力は無視されていますので、置換効果は適用できません。
引用元(2021.9.24)

Q.自分のマナゾーンにカードが7枚で、相手の《ベイB セガーレ》がバトルゾーンにいる状況で、自分の光のコスト5以上のドラゴンが攻撃する時に《時の法皇 ミラダンテXII》の「革命チェンジ」の宣言をしました。この場合、《ベイB セガーレ》の置換効果はどうなりますか?
A.置換効果は適用されず、《ベイB セガーレ》はバトルゾーンに残ります。カードの移動が正常に行われない状況では、入れ替えは実行されません。「革命チェンジ」は失敗し、結果的に攻撃したクリーチャーが攻撃を継続し、《時の法皇 ミラダンテXII》は手札にとどまります。

+  (総合ルール 701.26b)

引用元(2021.9.24)

Q.自分のマナゾーンにカードが4枚あり、相手の《ベイB セガーレ》《獣軍隊 ヤドック》がバトルゾーンにいる状況で、自分の火のコスト4以上のレクスターズが攻撃する時に《キャンベロ <レッゾ.Star>》の「侵略」の宣言をしました。この場合、処理はどうなりますか?
A.相手は《ベイB セガーレ》の置換効果を適用するか《獣軍隊 ヤドック》の置換効果を適用するかを決定します。どちらを適用したとしても《キャンベロ <レッゾ.Star>》はマナゾーンに置かれますが、《獣軍隊 ヤドック》の置換効果を適用した場合、《ベイB セガーレ》はマナゾーンに置かれません。

+  (総合ルール 101.5b)

引用元(2021.9.24)

Q.自分のマナゾーンにカードが8枚あり、相手の《ベイB セガーレ》がバトルゾーンにいる状況です。自分の《八頭竜 ACE-Yamata/神秘の宝剣》の「バトルに勝った時」の能力で、自分はコストが8である《神歌の歌姫 アマテラス・キリコ》をマナゾーンからバトルゾーンに出せますか?
A.いいえ、バトルゾーンに出せません。《ベイB セガーレ》の置換効果により《神歌の歌姫 アマテラス・キリコ》は自分のマナゾーンにとどまり、《ベイB セガーレ》は自身の効果で相手のマナゾーンに置かれます。
効果によってマナゾーンからバトルゾーンに出そうとしているカードは、マナゾーンにあるカードの枚数としては数えません。マナゾーンのカードが7枚の状態で《神歌の歌姫 アマテラス・キリコ》を出そうとしていることになり、《ベイB セガーレ》の置換効果が適用されます。
引用元(2021.11.19)