超神羅星(ちょうしんらせい)アポロヌス・ドラゲリオン》 [編集]

超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン SR 火文明 (6)
進化クリーチャー:フェニックス 15000
究極進化:進化クリーチャー1体の上に置く。
侵略:火の進化ドラゴン(自分の火の進化ドラゴンが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
T・ブレイカー
相手がこのクリーチャーを選んだ時、カードを2枚相手のマナゾーンから選び、持ち主の墓地に置く。
メテオバーン:このクリーチャーが出た時、このクリーチャーの下にあるカードを3枚墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする。

DMEX-17で登場した究極進化フェニックス

《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》のリメイクカードだが、能力はデュエル・マスターズ プレイス版のそれに近い。

侵略させつつメテオバーンを使えればデュエプレさながらのワンショットが成立するが、メテオバーンに必要なカードが3枚である事に注意。
普通に進化クリーチャーの上に乗せても1枚足りないため工夫が必要。
もっとも手軽な方法は進化クリーチャーの攻撃時にこのカードを含めて侵略を2枚宣言することだろう。

ランデス能力は2枚とリメイク前よりも少なく、相手のマナゾーンのカードが6枚以上ある状態での《超熱血 レッド・ブルマッスル》よりも少ない。
しかし、そもそもこのクリーチャーが侵略しつつ登場するということは、ダイレクトアタックに王手をかけている状態であり、そこに強力すぎる疑似耐性は持たせられないということだろう。似通った攻撃性能を持つデュエプレ《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》DP殿堂に指定されていることが、それを物語っていると言える。

  • イラストをよく見てみると、頭の部分の上に元の《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》の上半身が見える。
    胸から上しかないとはいえ元の《アポロヌス・ドラゲリオン》がせいぜい冠か頭飾り程度のサイズにしか見えず、このクリーチャーの凄まじい巨大さが垣間見える。

専用デッキについて [編集]

実際の構成カードや立ち回りなどの情報は【超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン】を参照。

その他 [編集]

ほぼすべてのデッキで、侵略の裁定を生かした連続侵略で下のカードを3枚以上にされるが、進化Vなどを進化元にすることで《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》1枚の侵略宣言でメテオバーンを使うことができる。

コスト踏み倒しメタをすり抜けるには、《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》自体も侵略ではなくコストを支払って召喚する必要があるため、連続侵略を使わないメリットはほとんど思いつかない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 5つ目の能力について

Q.相手の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》をバトルゾーンに出しました。この「メテオバーン」は出た時にトリガーする能力ですが、どう処理しますか?
A.《The邪悪 寄成ギョウ》側のプレイヤーは、《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》の「メテオバーン」を解決するかどうかを選べます。解決して、下にあるカードを3枚墓地に置いた場合、《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》側のプレイヤーのシールドをすべてブレイクします。
引用元(2022.6.3)