単騎連射(ショートショット) マグナム》 [編集]

単騎連射 マグナム P 火文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジ 3000
自分のターン中に、相手のクリーチャーがバトルゾーンに出る時、そのクリーチャーはバトルゾーンのかわりに持ち主の墓地に置かれる。
※殿堂入り

DMD-27で登場したアウトレイジ

マグナムの名を持つコスト踏み倒しメタの一種であり、自分のターンに出た相手のクリーチャーバトルゾーンを経由せずに直接墓地に置いてしまう能力を持つ。

これを出されると相手はS・トリガー獣はおろか、シノビS・バック《ヘブンズ・ゲート》などのトリガー呪文で出すクリーチャーまで全て出せなくなってしまう。
《早撃人形マグナム》なら破壊されたとしてもcipは使えるため、能力で対処することができたが、こちらはそれすら使えないのでS・トリガークリーチャーにだけ頼るデッキだと実質S・トリガーが完全に封じられたのと同義である。

《早撃人形マグナム》と比べると、コストが1下がった代わりにスピードアタッカーを失ってしまったため、自身のビート性能は低い。
返しのターン除去されてしまっては意味がないので、あらかじめ隣に殴れるアタッカーを置き、除去される前に積極的にシールドを割っていきたい。

また相手のターン中は効果が一切及ばない為、超次元呪文にも無力。
《早撃人形マグナム》で封じることのできた《勝利のガイアール・カイザー》に殴り返されてしまう。

役割はマグナムというより、どちらかというと軽くなった《無双恐皇ガラムタ》、自身が殴る必要が無い《式神シシマイ》のようなもの。ゆえに1ショットキルなどの詰めには積極的に採用されやすい。

S・トリガー獣以外にも、手札誘発およびS・トリガー呪文で効果バトルを行う防御札が充実するにつれてこのカードの価値も高まっていく。
《ボルシャック・ドギラゴン》《百鬼の邪王門》《灰燼と天門の儀式》などを無力化できる。

ルール [編集]

環境において [編集]

このカードの登場当初は、強力な性能が評価された反面、革命編で強化されたS・トリガー獣【ヘブンズ・ゲート】へのメタであること、また販売を控えていたDMR-19《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーをも否定しかねない能力であったため、否定的な声の方が大きかった。一方、このカードを緊急で登場させなければならないほど【天門ループ】が環境を荒らしていたのも事実である。

しかし、その強力な性能により真っ先に除去され対策されるようになった事で、革命編環境ではそこまで猛威を振るうことはなかった。また、同時期の《伝説の禁断 ドキンダムX》の予想外の流行により、話題がそちらに移ったので、否定的な意見も収まった。
どちらのカードも【レッドゾーン】で採用されているが、禁断解放するタイミングでは既にシールドが0枚になっていることが多いので、《ドキンダムX》と並んでいる場面でこちらが能力を発揮できる機会は少ない。

このクリーチャーの登場で《凶殺皇 デス・ハンズ》の登場によって立場を失っていた《デーモン・ハンド》が再び注目されたように、S・トリガー呪文による除去が再評価されるきっかけとなった。

革命ファイナル以降の環境では、出たターンの相手の呪文を封じる《音精 ラフルル》とのコンボによって真価が発揮される形となった。
通称「単騎ラフルル」と呼ばれるこのコンビは、3コストと軽いこのクリーチャーと、革命チェンジによって簡単に着地できる《ラフルル》の組み合わせによって一切の逆転を許さずとどめを刺す事が可能。
実際には、盤面に二つを揃えるというよりは、相手や状況によって使い分けることも多い。そのユーティリティの高さこそがこのコンビの恐ろしさである。

主に【5色ドギラゴン剣】の最後の詰めとして採用されていており、安易な逆転を許さない強烈なメタとして活躍していた。そちらのデッキでは《Mの悪魔龍 リンネビーナス》などのおかげでこれを出したターン中にワンショットできるため、大体の場合においてこれを除去されるタイミングを与えずに済んだ。【赤青ブランド】でも《音精 ラフルル》と共に「ほぼ全てのカウンター札をロックしての4ターンキル」を量産した。

このカードは《音精 ラフルル》ほど手軽に場に出せる訳ではなく、色の合わないデッキにも寄生する性質は持っていなかったため、「殿堂やプレミアム殿堂に指定される事は無い」という見方の方が強かった。
とはいえ、S・トリガー革命0トリガーなどと言ったデュエル・マスターズの逆転要素を手軽に封殺できる事が良くないと判断されたのか、2018年3月1日より殿堂入りが決定した。このカードの採用の際に共に採用される事が多かった《音精 ラフルル》も同日殿堂入りとなり、いわゆる「単騎ラフルル」は現実的な手段としては消滅した。

殿堂入り後も、低コストでフィニッシュの安定性を高めることができるので、色の合うビートダウンではよく採用されていた。ただ、《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》が登場した辺りから、無くても十分勝てるという事情、あるいは再現性の問題から、採用されないケースも目立っていった。G・ストライクに無力なのも、採用率を下げた理由としては大きい。赤緑系ならわざわざ殿堂カードのこれを引っ張り込むためにデッキ掘削するぐらいなら、マナを伸ばして《地封龍 ギャイア》着地を目指した方が強いというのもある。それでも、DMEX-17期のオリジナル環境【赤黒バクロ法師】が流行すると、ミラーマッチ対策として投入するケースが目立った。

他のカードとの相性 [編集]

アウトレイジとして [編集]

  • アウトレイジとしては《疾封怒闘 キューブリック》に続いて2例目の殿堂入り。あちらが絶対的なカウンター封じであったはずのシールド焼却に対する抜け道として活躍する素地があったのに対し、こちらは「単騎ラフルル」という並びで絶対的なカウンター封じを演出した。ある意味で《疾封怒闘 キューブリック》とは対極にある存在と言えよう。

その他 [編集]

  • 名前の由来は能力の元となった《早撃人形マグナム》。またアウトレイジに車に関係する名前が多く見られることから、クライスラー社が販売していた自動車「ダッジ・マグナム」ともかけられていると思われる。
  • フレーバーテキストにある「インチキ」とはS・トリガー獣革命0トリガー獣を始めとするカウンター獣による防御、「早撃ち」とは置換効果によってバトルゾーンに出る前に対処することである。しかしあらゆるカウンター獣を否定するスペックからこのカードに対して「インチキ」という蔑称が付けられている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMD-27
    インチキ見抜いたら、オレの早撃ちがBANGだ! ---単騎連射 マグナム
  • DMX-26
    きれいじゃねぇか...。
    紅く輝いてやがる...。
    まるで、もう1つ太陽がのぼったみてぇだ...。
    ---『デュエル・マスターズVS』 7巻 P140より バサラのセリフ
  • DMBD-15
    単騎連射 マグナムが最後に呼ばれ、逆転の手段を封じた。そして「蒼き守護神」が戦場に飛来した。その瞬間が、伝説の瞬間となった。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手のターン中、《インフェルノ・サイン》の効果で《凶鬼04号 ビビム》をバトルゾーンに戻そうとしましたが、相手に《単騎連射 マグナム》がいたのでかわりに墓地に置かれました。どうなりますか?
A.何もおこりません。《凶鬼04号 ビビム》が墓地からバトルゾーンに出るということを墓地に置くということに置き換えており、墓地から墓地に置くことはずっと墓地にあったとみなされます。
引用元