《キャンベロ <レッゾ.Star(スター)>》 [編集]

キャンベロ <レッゾ.Star> SR 火文明[ジョーカーズ] (5)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/ソニック・コマンド/レクスターズ 7000
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略:火のコスト4以上のレクスターズ(自分の火のコスト4以上のレクスターズが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、次の相手のターン、相手はクリーチャーを1体しか出せない。
このカードが離れた時、その下にあったクリーチャーをアンタップする。

DMRP-19で登場したジョーカーズ/ソニック・コマンド/レクスターズスター進化クリーチャー

コスト4以上のレクスターズから侵略できる。スター進化と違い侵略元の条件は狭い。

とはいえ該当する侵略元はそれなりにいる。
コスト4かつ召喚したターンに攻撃できるスピードアタッカーまたはマッハファイター持ちに限っても

などが存在する。スター進化クリーチャーも選択肢に含めるならかなり幅広く侵略できる。

他にも《エヴォ・ルピア》から進化できる。

効果は強力で、登場時に《アイアン・マンハッタン》と同等のロックを仕掛けることができる。クリーチャー制限のロックをかけることで返しのターンの逆転の芽を摘めるため、隙が生じにくい。《禁断英雄 モモキングダムX》の禁断解放に合わせて召喚出来れば勝負は付いた様な物である。

もう一つの効果は、《ダチッコ <マック.Star>》と同じく、除去された時に進化元アンタップする。S・トリガーによる反撃で除去されても進化元をアンタップさせるので、追撃したり、そのまま攻撃せずに殴り返しを受けなくするなど、プレイングに幅を利かせてくれる。また侵略の弱点であるコスト踏み倒しメタにもある程度強くなる。流石に侵略そのものを封じられると厳しいが、コスト踏み倒しメタによる除去を利用できれば進化元による連続攻撃ができる。

環境において [編集]

DMRP-19期には【白青赤鬼羅.Star】におけるサブフィニッシャーとして早速結果を残した。適当なメタクリーチャー2体、《大爆龍 ダイナボルト》、このカードで、ワンショット失敗時の保険付きの4ターンキルを狙うことができ、極論《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》本体が出る前に殴り切れる。《T・T・T》でスピードアタッカーを生成すれば追撃には困らないため、よしんば打点が足りなくともごり押しする機会は多い。勿論手札消費の激しい侵略と《T・T・T》によるドローの相性の良さも見逃せない。

それまでの【白青赤鬼羅.Star】は、折角コスト踏み倒しメタで縛っても《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》で処理されて後続を展開されるケースが多かったが、4ターン目のこのクリーチャー着地というルートが開拓されたことで、相手に《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》を出されても連鎖されにくくなった。

《王来英雄 モモキングRX》能力での進化、あるいはそちらからの侵略が可能であることから、【青赤緑ドギラゴン閃】での上位入賞実績もある。DMEX-17発売から2週間程度が経過した頃のオリジナル環境における【青赤緑ドギラゴン閃】では、特に同じ【ドギラゴン閃】系列同士のミラーマッチにおいて、これに侵略できるターンが何回あるかが勝負に直結するほどであり、そうしたことからドローソース侵略元として《メテヲシャワァ <バジュラ.Star>》に白羽の矢が立った感がある。《ボルシャック・栄光・ルピア》で伸ばしたマナを使い、そちらを進化元に素出しするプランもある。

スター進化なので味方の《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》で自らバウンスする時、進化先であるこのクリーチャーだけ剥がせるため、残った進化元ですぐに侵略できて無駄がない。

そしてDMRP-20発売に伴い【モモキングJO】が成立すると、チャンピオンシップでも見ない日はないメジャーカードとなった。《無双龍騎 ボルバル・モモキング》cipの後にこのクリーチャーの侵略を解決すれば、相手の《奇石 ミクセル》が立っていてもこのクリーチャーのスター進化による耐性のおかげで、結果的に《無双龍騎 ボルバル・モモキング》が《奇石 ミクセル》を処理した上で盤面に残るゲーム展開になる。このクリーチャーがなければ恐らくは【モモキングJO】がトップメタの一角に立つことはなかったとまで言われる。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

  • 2月中旬より公認大会「キャンベロ杯」が開催。参加するだけでキャンベロの金プロモが封入されているパックを入手できる。優勝すると追加でもう1パック貰える。
    • 特別パック解禁前から公認店舗側の虚偽申請によるメーカーからの詐取の恐れが指摘され、店舗側からのフライングゲット商品としての流出が確認された。

サイクル [編集]

DMRP-19で登場したベリーレアスーパーレアでセットになっている侵略持ちスター進化サイクル進化元

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のマナゾーンにカードが4枚あり、相手の《ベイB セガーレ》《獣軍隊 ヤドック》がバトルゾーンにいる状況で、自分の火のコスト4以上のレクスターズが攻撃する時に《キャンベロ <レッゾ.Star>》の「侵略」の宣言をしました。この場合、処理はどうなりますか?
A.相手は《ベイB セガーレ》の置換効果を適用するか《獣軍隊 ヤドック》の置換効果を適用するかを決定します。どちらを適用したとしても《キャンベロ <レッゾ.Star>》はマナゾーンに置かれますが、《獣軍隊 ヤドック》の置換効果を適用した場合、《ベイB セガーレ》はマナゾーンに置かれません。

+  (総合ルール 101.5b)

引用元(2021.9.24)

Q.《キャンベロ <レッゾ.Star>》を出した次のターンに、相手は《∞龍 ゲンムエンペラー》をバトルゾーンに出しました。《キャンベロ <レッゾ.Star>》の能力は無視されますが、相手はそのターン中、2体目のクリーチャーをバトルゾーンに出せますか?
A.いいえ、出せません。《キャンベロ <レッゾ.Star>》の「出た時」の能力はすでに効果として解決されています。能力を無視したとしても、解決されてゲームに影響を及ぼしている効果を無視することはできないので、2体目のクリーチャーは出せません。
引用元(2021.9.24)

Q.《キャンベロ <レッゾ.Star>》を出した次のターンに、相手は《ヘブンズ・ゲート》を唱えて、ブロッカーを2体バトルゾーンに出せますか?
A.いいえ、1体しか出せません。
引用元(2021.9.24)