超次元(俗称) [編集]

超次元ゾーンに関する能力や効果をひとまとめにした用語。

サイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出すための呪文の命名ルールに由来する。

このカテゴリの呪文は、いずれも超次元ゾーンにあるサイキック・クリーチャーバトルゾーンに出す呪文能力を持ち、それ以外の呪文能力を一つ併せ持つことが多い。

なお、サイキック・クリーチャーを出す以外の効果がない呪文も存在する。リストは以下の通り。

条件を満たしてさえいれば、覚醒後のサイキック・クリーチャーを直接バトルゾーンに出すこともできる。が、コストが大きい方のサイキック・クリーチャーでも召喚酔いはする。
ただし、サイキック・スーパー・クリーチャーの面を直接出すことはできない。サイキック・スーパー・クリーチャー超次元ゾーンにある間サイキック・セルとして扱うからである。

  • DMR-01期の公式ガイドブック『デュエル・マスターズ マンガでわかるE1完全攻略ガイド』では、サイキック・クリーチャーを主体とする場合にデッキに超次元呪文を6枚以上入れることを推奨している。

超次元(ちょうじげん)(名称カテゴリ) [編集]

カード名に《超次元》を含むカードの名称群。
全制覇挑戦パック Vol.1に先行収録された《爆竜フレームシヴァXX》により名称カテゴリとなった。

「名前に《超次元(ちょうじげん)》とある呪文」を参照するカード (TCG) [編集]

「名前に《超次元》とあるカード」を参照するカード (デュエプレ) [編集]

名前に《超次元》とある呪文を唱えるコストは1少なくなる。 (デュエプレ) [編集]

《超次元》呪文一覧 (TCG版) [編集]

多色コスト5サイクル [編集]

全色合計コスト5or単色コスト7サイクル [編集]

全色コスト2or二文明コスト4サイクル [編集]

全色コスト3 [編集]

単色コスト9サイクル [編集]

闇文明コスト6 [編集]

二文明コスト6 [編集]

3文明コスト6 [編集]

火文明コスト7 [編集]

エイリアン・コスト7 [編集]

2文明コスト7 [編集]

3文明コスト7 [編集]

水文明コスト7 [編集]

水文明合計コスト7 [編集]

火文明合計コスト8 [編集]

3文明コスト8 [編集]

闇or火文明コスト9 [編集]

全色合計コスト6or闇文明コスト10 [編集]

単色コスト10サイクル [編集]

光or闇「コマンド」コスト10 [編集]

《超次元》呪文一覧 (デュエプレ) [編集]

同色コスト5以下を1体 [編集]

すべてコスト4である

同色コスト7以下を1体or色不問でコストの合計が5以下となる好きな数 [編集]

すべてコスト5である

参考 [編集]


[1] ソース→https://twitter.com/dmps_info/status/1509817986357788672 ちなみにスキル名は覚醒編の読みやDMPP-13のサブタイトルと同じ。