アタック・チャンス [編集]

DMR-06で登場したキーワード能力
自分の指定する種族クリーチャー、もしくは特定のクリーチャーが攻撃する時、この能力を持つカードコストを支払わずにプレイすることができる。

合身秘伝メカ・マシーン C 水文明 (4)
呪文
アタック・チャンス−グレートメカオー(自分のグレートメカオーが攻撃する時、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい)
カードを2枚引く。
邪龍秘伝ドラゴン・ボーン R 闇文明 (7)
呪文
アタック・チャンス−ドラゴン・ゾンビ(自分のドラゴン・ゾンビが攻撃する時、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい)
進化ではないドラゴン・ゾンビを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

指定された種族またはカード名を持つクリーチャー攻撃する時、アタック・チャンスを持つ呪文コスト踏み倒し唱えることができる。

種族が参照されるので、大抵は種族デッキで使用される。コスト踏み倒しの例に漏れず基本的に強力であり、テンポアドバンテージを失わずに行動を起こすことができる。

デッキビルディングの際は覚えておきたいカード群である。

ルール [編集]

  • 予め手札に持っておく必要はあるが、一回の攻撃でのアタック・チャンスの使用回数に制限は無い。
    ただし「アタックした時」というタイミング自体は1度しかないため、何らかのアタックトリガー手札に入った別のアタック・チャンスをその攻撃で使うことはできない。
  • 攻撃側がアタック・チャンスを使用するか分からない内にブロックを宣言するのはトラブルの元である。ブロック前に、相手がすべての能力を解決したかどうかを確認してから、ブロックに移るべきだろう。

その他 [編集]

  • 対応する種族デッキで使用することで真価を発揮する。《ビックリ・イリュージョン》を使えばその限りではないが、殿堂入りしているため併用はやや難しい。
    • 「《ビックリ・イリュージョン》の殿堂入りはアタック・チャンスとの併用を避けるためであった」というのが通説である。
  • アタック・チャンスを持つ呪文のカードイラストの多くには、以下のような共通する特徴が見られる。
    • 原則、ある1体のクリーチャーが必殺技を放っている様子を描くような構図になっている。実際のゲームプレイ上においても、ここで描かれたクリーチャーの攻撃時にはその呪文をアタック・チャンスで唱えることができるようになっている。
    • エピソード2エピソード3に収録されたものには、それぞれイラストに描かれたクリーチャーを連想させるオリジナルの漢字が描かれている。
    • 王来篇に収録されたもののうちディスペクターを参照するものには、所謂「ディスタスのお札[1]」が浮いている。この「お札」にはその呪文の文明と対応するマークが描かれている。

この能力を持つカード [編集]

《無法秘伝 悪・即・斬》アウトレイジ
《極頂秘伝ゼニス・シンフォニー》アンノウン
《異星秘伝エイリアン・ストーム》エイリアン
《俺流秘伝セイント・フラッシュ》エンジェル・コマンド
《滅亡の光》クリエイター
《合身秘伝メカ・マシーン》グレートメカオー
《緊急機装エクス・コプター/合身秘伝メカ・マシーン》
《天頂秘伝ゼニス・レクイエム》ゼニス
《邪龍秘伝ドラゴン・ボーン》ドラゴン・ゾンビ
《狩人秘伝ハンター・ファイア》ハンター
《熱血姫様プリン/狩人秘伝ハンター・ファイア》
《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》マスター・ドラゴン
《炎龍秘伝カイザー・フレイム》レッド・コマンド・ドラゴン
《千切秘伝ワイルド・ベジタブル》ワイルド・ベジーズ
《味息子サン・グリル/千切秘伝ワイルド・ベジタブル》
《ブラック・タッチ》コマンド
《混成秘伝デュアルスタック》ディスペクター
《縫合秘伝マリススティッチ》ディスペクター
《連結秘伝アンビバレンツリンク》ディスペクター
《電融秘伝グリードソレノイド》ディスペクター
《接続秘伝ドミニオンスパイク》自然ディスペクター
《聖魔王秘伝ロストパラダイスワルツ》を持つディスペクター
《禁時王秘伝エンドオブランド》を持つディスペクター
《零獄王秘伝 ZERO×STRIKE》自然を持つディスペクター
《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》自然を持つディスペクター
《終末王秘伝オリジナルフィナーレ》自然を持つディスペクター
《破界秘伝ナッシング・ゼロ》無色クリーチャー
《黄泉秘伝トリプル・ZERO》
《EX秘伝カツトンファー》エグザイル・クリーチャー
《トンギヌスの槍》名前に(シェン)を持つクリーチャー
《ジョギラスタ・ガンランス》名前にジョニーとあるクリーチャー
《ボルシャック・ファイアー》名前にボルシャックを持つクリーチャー
《王牙秘伝ゴールデン・ビクトリー》《黄金龍 鬼丸「王牙」》
《運 命》《「戦慄」の頂 ベートーベン》
《守護秘伝ウィング・スパーク》《真実の名 ワクワク・チャップルン》
《無情秘伝 LOVE×HATE》《「無情」の極 シャングリラ》
《ボルシャック・秘伝・ドラゴン》または自然コスト7以上のドラゴン

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《零獄接続王 ロマノグリラ0世》が攻撃する時、《零獄王秘伝 ZERO×STRIKE》の「アタック・チャンス」と《侵略者 デカペンタ》の「侵略」を宣言しました。先に《侵略者 デカペンタ》に進化してから、「アタック・チャンス」で《零獄王秘伝 ZERO×STRIKE》を唱えられますか?
A.はい、唱えられます。「アタック・チャンス」の使用宣言をした後で、攻撃クリーチャーがその条件に合致しなくなったとしても効果を解決できます。
引用元(2021.9.24)


[1] 種族ディスタスを持つクリーチャーのイラストには、そのクリーチャーが属する文明のシンボルを改変したようなお札が描かれている。