進化設計図(しんかせっけいず) [編集]

進化設計図 R 自然文明 (2)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から6枚を表向きにする。その中から進化クリーチャーをすべて自分の手札に加え、それ以外のカードを好きな順で自分の山札の一番下に戻す。

DM-14で登場した自然S・トリガー呪文

自然文明の「○○設計図」呪文の元祖である。この呪文では複数の進化クリーチャー手札に加えられる。

進化クリーチャーは構造上、単体ではバトルゾーンに出ることができないので、必然的にデッキに入れる枚数が少なくなりやすい。その都合から「設計図」呪文でも見る枚数がかなり多い。
コスト的に1枚引ければまずまず。2枚以上を手札に加えることができれば、《エナジー・ライト》などの基本的なドローソースを上回るコストパフォーマンスとなる。

戦国編マナ進化神化編墓地進化手札進化デッキ進化革命編侵略王来MAXS-MAX進化と、進化の在り方がどんどん変化していき、進化クリーチャーの割合を増やしたデッキを構築することが可能になっていった。それに伴い安定して得られるハンドアドバンテージもどんどん強化されている。

また、この呪文を「召喚するクリーチャーを得るため」ではなく「出す以外の目的で使う手札を集めるため」に使う運用もできる。>【強欲ユニバース】
王来篇では《巨大設計図》を「墓地に置くための手札を集めるため」に採用した【墓地ソース】が流行したため、《進化設計図》も同様に手札の枚数の観点で使われる可能性を秘めている。

環境において [編集]

革命編環境では【緑単ベアフガン】を中心として自然系の侵略デッキで活躍。

その後永らく活躍らしい活躍は無かったが、DMRP-20発売を機に【モモキングJO】が成立すると、その初動として採用されるようになる。
《無双龍騎 ボルバル・モモキング》から暴発することで詰めにも利用でき、必須級のカードとして活躍中。

比較対象 [編集]

  • 比較対象はやはり《エボリューション・エッグ》。こちらは一度に複数枚手札に加えられる爆発力が売りだが、狙いのカードが来ないばかりか不発に終わる可能性もあるという不安定さが欠点となる。
    いずれにせよ、自然進化クリーチャーメインになるならばどちらかは候補に挙がってくる。

カードイラストについて [編集]

再録について [編集]

その他 [編集]

  • このカードにちなんでか、「デッキの上数枚から条件に合ったカードを任意の枚数手札に加える」能力を持った呪文は「~設計図」というカード名になっているものが多い。
    ただし、初の派生カードである《未来設計図》のみ手札に加える枚数が1枚で固定となっている。
    また、「図」からの連想なのか「マップ」というカード名を持つサーチ呪文もいくつか存在する。(《トレジャー・マップ》など)

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

進化設計図 UC 自然文明 (2)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から6枚を表向きにする。その中から進化クリーチャーをすべて自分の手札に加え、それ以外をランダムな順番で自分の山札の一番下に置く。

レアリティアンコモンに変更され、山札に戻す順番が選べないようになった。

TCG版では【グルメ墓地ソース】【モモキングJO】といったデッキが開拓されていた時期であり、デュエプレに実装された際も2枚以上加える前提のデッキが考察されていた。

DMPP-12期にはマナ進化デッキ進化手札進化ばかりで構成された青赤緑のデッキが第一に考えられたが、個々のカードパワーが低く環境に進出はできなかった。
また、この弾には墓地進化《大邪眼B・ロマノフ》《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》の3種が登場していたが、まだ《進化設計図》入り【大邪眼B・ロマノフ】はほとんど見られなかった。

DMPP-13期には墓地進化《死神術士デスマーチ》が追加される。
第7回BATTLE ARENA終了後に、参加者たちが実績を残したデッキレシピを自主公開する動きが見られ、《死神術士デスマーチ》と《進化設計図》を入れたタイプの【大邪眼B・ロマノフ】が広く知られる形となった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《進化設計図》を使って、スター進化クリーチャーを手札に加えられますか?
A.はい、手札に加えられます。スター進化クリーチャーは進化クリーチャーです。
引用元

Q.《進化設計図》を使って、NEOクリーチャーを手札に加えられますか?
A.いいえ、手札に加えられません。バトルゾーン以外のゾーンにあるNEOクリーチャーは、進化クリーチャーではありません。
引用元