【5色ザーディクリカ】 [編集]

【5色グレンモルト】のような軽めのコントロールオリジナル仕様にチューンナップしたもの。

龍風混成 ザーディクリカ SR 光/水/火文明 (7)
クリーチャー:ディスペクター/クリスタル・コマンド・ドラゴン/エンジェル・コマンド/メルト・ウォリアー 6000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、コスト7以下の呪文を1枚、自分の手札または墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。それを唱えた後、墓地のかわりに山札の下に置く。
自分のターンの終わりに、そのターン自分が呪文を唱えていれば、相手のパワー5500以下のクリーチャーを1体破壊し、その後、カードを1枚引いてもよい。

主要カード [編集]

呪文候補 [編集]

+  呪文

クリーチャー候補 [編集]

+  クリーチャー

ツインパクト候補 [編集]

+  ツインパクト

フィールド候補 [編集]

+  フィールド

タマシード候補 [編集]

+  タマシード

このデッキの回し方 [編集]

リソースカードアドバンテージを取ってから5マナ貯まり次第コスト踏み倒し呪文で《龍風混成 ザーディクリカ》を呼び出す。そこからソリティア気味に展開し、さらに大型クリーチャーでアドバンテージを取る。5マナ域の場合、《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》《ドンドン火噴くナウ》を繋ぎに使うのも定番の動きで、《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》から《百族の長 プチョヘンザ》に革命チェンジすることで相手の盤面を制圧しに掛かるのも1つの手。

相手を制圧したら呪文ロックやクリーチャーロックなどを活かしてワンショットしたり、《ソーシャル・マニフェストII世》《魔天降臨》を唱えて大規模ランデスを加えてフィニッシュに向かったりするのも良い。《S級宇宙 アダムスキー》でライブラリアウトを狙う手もある。

時には《SSS級天災 デッドダムド》《煌龍 サッヴァーク》で雑にビートダウンするプランも考えられる。

長所 [編集]

卓越したリソース確保力のおかげで雑に殿堂カードを引っ張り込んでそのまま制圧できてしまう場合も少なくない。

EXライフクリーチャーが多いため、EXライフによる耐性を活かして適当にワンショットするだけで相手の除去S・トリガーを踏み越えてそのまま勝ってしまうことも。

防御札メインデッキの半分程度に上るため、生半可な【速攻】には屈しない。【我我我ブランド】ですら微有利である点に、【速攻】耐性の程が窺い知れよう。

墓地肥やしさえすればリアニメイト呪文でカウンターを構えることができる。

弱点 [編集]

こちらよりマナブーストが得意なデッキの場合、動きを縛る前に好き勝手動かれてしまうことも多い。

リソースありきのデッキなので、こちらのリソースを枯らされるとかなり厳しい試合になる。ミラーマッチの大型ハンデスは天敵。

【青魔導具】は通常の呪文ロックが効かず、相手のカード次第では受けも貫通されがちである。

【JO退化】のような詰め性能を兼ね備えた3ターンキル量産デッキの場合、手打ち札も防御札も腐りがち。

山札確認メタ、コスト踏み倒しメタ、墓地利用メタなどは、対策はできるもののそれなりに刺さる。【白青赤鬼羅.Star】対面の場合、メタクリーチャーの数に対策札が追い付かないことも。

折角呪文ロックとクリーチャーロックを両方立てても、G・ストライクタマシードS・トリガーなどのような防御札には無力。カウンター封じの妥協点を見つけるのがこのデッキを握る上で必要なプレイングスキルと言えよう。

環境において [編集]

《龍風混成 ザーディクリカ》の登場を機に成立し、オリジナル環境のトップメタに躍り出て、以降環境に定着。

最初は通常の【5色コントロール】との区別があいまいな嫌いがあったが、遅くとも2021年10月頃から【5色ザーディクリカ】の名称が定着。

当初は《聖魔連結王 ドルファディロム》への依存度が高い型が主流で、環境では《聖魔連結王 ドルファディロム》に対処できるかどうかがデッキの評価に直結していた。また、《メガ・マナロック・ドラゴン》も当初スーパーサブとして殆どのケースで投入されていた。

《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》登場からしばらくすると、《蒼き団長 ドギラゴン剣》《時の法皇 ミラダンテXII》をサブフィニッシャーに据えた型が主流化。

DMSP-04期あたりからオリジナルを中心に【5色ロマノフ】と呼ばれる《邪眼教皇ロマノフII世》軸のソリティア型が流行し、他にも《砕慄接続 グレイトフル・ベン》軸の【5色ディスペクター】が台頭するなど、必ずしもオリジナルの【5色コントロール】=【5色ザーディクリカ】とはいかなくなった。

DMEX-17終期からソリティア力、対応力を補強するために《ソーシャル・マニフェストII世》を挿した型が増加。

2022年1月中旬に入ると、《轟く革命 レッドギラゾーン》を入れて中速ビートダウンのような動きができるようにした型が急増。特に関東のコミュニティで入賞報告が目立つ。こうなった背景には同じスピードアタッカー化手段である《覚醒連結 XXDDZ》DMRP-20に登場し、中速ビートダウンプランの再現性が高くなったというのもある。そのような型への対処として《S・S・S》を入れた型も目立つようになった。同じ頃、制圧要員として《百族の長 プチョヘンザ》を2、3枚入れた型が流行し始めた。

『全国大会2019』日本一決定戦準優勝構築の【5色ザーディクリカ】に2枚採用されていたことから、以降《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》が流行。

超CSIV 宮城』で(オリジナル)3位入賞。

参考 [編集]