S(スクラッパー)()S(スパイラル)()S(スパーク) [編集]

S・S・S R 光/水/火文明 (7)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
相手は自身のパワーが一番小さいクリーチャーを1体選び、破壊する。
相手は自身のパワーが一番大きいクリーチャーを1体選び、手札に戻す。
相手のクリーチャーをすべてタップする。

DMRP-17で登場した//呪文

2体の除去オールタップを兼ねるS・トリガー。いくら3色の7コストという重さとは言え、S・トリガーらしからぬ仕事量の多さで、王来篇インフレを感じさせるスペックとなっている。除去できる数だけを見れば1コスト上の除去付きオールタップS・トリガーである《支配のオラクルジュエル》に勝る。

《ホーリー・スパーク》などにあったタップしたいクリーチャーが残っていない場合に腐る点や、《無法のレイジクリスタル》にあった大量展開に対して弱い点に対応できており、S・トリガーとしての防御性能は高い。
無論、自分のターン中に唱えても強力なので《龍聖霊ウィズダムフェウス》《呪術と脈動の刃》と合わせてコスト踏み倒ししてしまおう。

選ばせ除去だが相手のクリーチャーを2体除去できるので、確実ではないが厄介なアンタッチャブルも除去しやすい。ダイレクトアタック要員として使われることも多い《異端流し オニカマス》に痛い目を合わせることもできる。

EXライフ持ちも、2回の除去によって耐性を踏み越える形で処理することが可能。勿論このような使い方は、狙いのクリーチャーが単騎で立っている場合のみ有効である。

また、7コスト以下の水の呪文でもあるので、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》Dスイッチで唱えることができるのも見逃せない。ただし、ダイレクトアタックが通るかどうかの瀬戸際で攻撃クリーチャーを自分で選んで除去することができないため、一概に《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》Dスイッチでのコスト踏み倒しに適性があるとは言い切れない。

マナ基盤としても優秀なので5色やそれに近い多色デッキにももってこいである。

2面除去できるので【5色ジョリー】にも適している。惜しむらくべきはEXライフの登場により【5色ジョリー】自体がこのカードの登場時点の環境で死滅してしまったことか。

ただし、効果は全て強制。ファイナル革命など強力な能力を持ったクリーチャーを戻さざるを得ない事もあるため注意。

ルール [編集]

  • テキストは上から解決するのがルールなので、1体しか相手クリーチャーがいない場合、そのクリーチャーは破壊される。

環境において [編集]

登場したDMRP-17期から【5色グレンモルト】【カイザー「刃鬼」】を中心とした5色系統で活躍。どちらかというと5色ミラーマッチにおける《聖魔連結王 ドルファディロム》対策としての性質が強い。

【白青赤天門】ではブロッカー対策として《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》から唱えられることも多い。

《我我我ガイアール・ブランド》が相手の場合はS・トリガーで捲れても選ばせ除去離れた時アンタップ誘発させてしまう上に、オールタップを含む効果を解決した後にアンタップを解決するため一見相性が悪い。ところが、2体処理できている時点で相手の方も結構な打撃を受けているだけでなく、そもそも《我我我ガイアール・ブランド》によるアンタップを行った後のタイミングで踏ませれば1ターン凌げるため、実際は強力。

2022年に入るとオリジナルでこれを入れた【5色コントロール】が急増。【JO退化】に入る《アルカディアス・モモキング》呪文ロックできない呪文にカテゴライズされるのも地味に利点。ただ、手札に来ると弱い、前述の通り《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》と相性が悪い(そもそもこの頃になると《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》不採用型もざら)ことから、実際はおしゃれ枠墳墓避け感覚で1枚から2枚、多くて3枚程度の採用が主流。その一方で、【4色ロマノグリラ天門】に火のカードとして《ドンドン火噴くナウ》3枚、このカード3枚をタッチして若干無理矢理5色に仕上げた型も存在しており、タッチする理由になるほどこのカードの存在は大きい。

DMRP-22期のオリジナルでは激増した【JO退化】への対策として、【青赤緑ドギラゴン閃】のようにこのカードの一部がタッチになるデッキでも3枚程度挿されるケースが目立つように。

その他 [編集]

  • 「・」のルビに、同じ「・」が使われている。おそらく、ルビが全体的にすし詰め状態なので、「S・S・S」全体のルビが「スクラッパースパイラルスパーク」と繋がってしまうことを防ぐためだろう。

サイクル [編集]

王来篇通常エキスパンションに収録されたアルファベット3文字呪文サイクルレアリティは全てレア
過去に登場した呪文がモチーフとなっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]