神秘(しんぴ)石柱(せきちゅう) [編集]

神秘の石柱 C 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から2枚を、タップしてマナゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。

DMRP-14にて登場した自然呪文

山札から2枚をタップインマナに置き、その後カードを1枚マナから墓地へ置く。結果として1マナブースト、1墓地肥やしとなる。

1枚でマナブーストマナ利用の下準備、墓地肥やしと多くの役割が持てる呪文
マナ墓地のカードを扱うデッキで採用が見込める。

マナブースト墓地肥やしを兼ねるカードには他に《ダーク・ライフ》《ボーンおどり・チャージャー》《不死妖精ベラドアネ》もある。
それらに比べるとコストが重い、墓地に置く枚数が少ない、クリーチャーが残らないなどの短所が目立つが、マナを経由するぶん墓地に置けるカードの選択肢はこちらの方が多い。
次のターンには5マナになるため、《インフェルノ・サイン》《法と契約の秤》によるリアニメイト戦術に活用したい。
また、カードをマナに置く枚数が多いため、スペース・チャージ《死儀妖精ベラドマイ》などの「カードがマナに置かれる」ことで誘発する能力との相性がよい。

多色マナ武装との相性も良く、4ターン目に5マナまで伸ばしながら多色マナ武装4を達成し、尚且つ《ダーク・ライフ》を使った場合よりも1枚多く墓地肥やしできる。因みに、このカードの登場から1年半近く後の2022年1月1日にこのカード同様に【5色ドギラゴン閃】と相性の良い《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》殿堂解除されている。

【青赤緑バーンメアジョーカーズ】などの多色によるマナ事故を避けたいデッキにおいては、多色に頼らずに墓地肥やしマナブーストを同時に可能なカードとして期待できる。

DMRP-20では、コストが1多くなりS・トリガーが付いた《ダンディ・ライフ》が登場した。

環境において [編集]

当初はこれといった採用先がなかったが、王来篇環境において墓地利用をメイン戦術の1つとした【5色コントロール】が環境の中心に立つと、偶にチャンピオンシップ入賞デッキに投入されるようになった。

その他 [編集]

  • チーム切札サブタイプに持たないにも関わらず、フレーバーテキスト《勝熱英雄 モモキング》について書かれている。
    この石柱が何なのかについては一切触れられておらず、まさに神秘のベールに包まれたカードである。
    • 不味くて微弱な毒を含むきびだんごを食べさせられることを拒否できず、結果として毒の抗体を獲得したのか、味は不味いが食べ続けることで毒の抗体を獲得できる薬効成分配合きびだんごを食べていたのか……。その事情やモモキングとキャンベロの主従関係が気になるところ。
  • プロモ版のイラストでは、超獣王来烈伝とそれに収録されたカードたちが魔法陣から顕現するものとなっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]