手札誘発 [編集]

相手視点では見ることのできない領域である手札から、反撃もしくは追撃する形でカードの効果を発動させる俗語のこと。よくある質問や総合ルールでは「手札誘発」という用語は一切登場しない。
なのでデュエル・マスターズのルールでの「誘発(誘発型能力)」とは無関係。(ハンデス手札破壊と呼ばれることがあるのと同様。)

非公開ゾーンである手札から効果を発動させる関係上、総合ルール506.3bより、必ず使用宣言が必要となる。ルールについてはそちらを参照のこと。
ただし、置換効果は待機する期間が存在せず、即座に割り込まれるので、結果として使用宣言は必要ない。相手に見せて適用する必要はあるものの、見せた瞬間にその効果が処理される。

  • S・トリガーは「特定の条件下で手札から使う」ことになっている。しかし、自分視点からも知らない領域から不意に使うことになることも少なくなく、手札誘発の「手札に隠し持っていたカードを誘発させて使う」というイメージに反するので、手札誘発とは扱われない。

手札誘発に該当する能力語キーワード能力 [編集]


以下は手札誘発でコストを支払わずに手札からバトルゾーンに出す能力(手札以外からも出せるものを含む)

手札誘発を持つカードの例 [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の《ウラミ入道》の「攻撃する時」の能力で、相手はその《ウラミ入道》自身を破壊しました。自分は《光牙忍ハヤブサマル》の「ニンジャ・ストライク」を使えますか?
類似例:《ボルシャック・ドギラゴン》の「革命0トリガー」
A.いいえ、使えません。非公開ゾーンにあるカードの「相手のクリーチャーが攻撃する時」の能力や、「クリーチャーが自分を攻撃する時」の能力は、ターンプレイヤー側の攻撃する時にトリガーした待機状態の能力をすべて解決した後で、その使用宣言を行わないと使えません。使用宣言を行う前に攻撃クリーチャーもしくは攻撃先のクリーチャーがバトルゾーンを離れてしまうと、使用宣言が行えず、能力を使うこともできなくなります。

+  (総合ルール 505.6a)

引用元(2022.5.20)