《アルカディアス・モモキング》 [編集]

アルカディアス・モモキング KGM 光/火文明[ジョーカーズ] (6)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ・ドラゴン/エンジェル・コマンド/レクスターズ 12500
スター進化:レクスターズ、光のクリーチャー、または火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
T・ブレイカー
自分の他のレクスターズすべてのパワーを+2000する。
相手は光以外の呪文を唱えられない。
各ターン、はじめて出る相手のクリーチャーは、タップして出る。

DMRP-18で登場した/ジョーカーズ・ドラゴン/エンジェル・コマンド/レクスターズスター進化クリーチャー

モモキング《聖霊王アルカディアス》が融合したキングマスターカード

アルカディアス特有の以外を対象とする呪文ロック能力を持つが、なんと《聖霊王アルカディアス》と違って相手に限定され、ブレイク枚数もしっかりT・ブレイカーに昇華されている。
その呪文ロックに加え、各ターンに1回だけとはいえ相手のクリーチャータップインさせる能力を持つため、クリーチャーと呪文両方を使いにくくすることが可能。

しかも、種族もコマンドドラゴンの両方を持っている点も見逃せない。

モモキングと融合したため/の多色獣となっているが、そのおかげで火のクリーチャーも進化元に取れる様になった。さらにスター進化獣であるためレクスターズは文明問わず進化元に指定可能と、融合元の《聖霊王アルカディアス》よりも進化元の幅が大きく広がっている。

パンプアップも自身は対象外であるものの、タップインで出てきたクリーチャーの殴り返し補助になるため、地味ながら強力。

コスト6で/文明であるため、《爆龍皇 ダイナボルト》とは相性抜群。《聖霊龍王 アルカディアスD》と違い多色比率が増えるものの色の組み合わせが同じであるため負担も少なく、進化元の広さを生かしてW・マジボンバーで同時に踏み倒したクリーチャーから進化しやすい。
また当然ながら、《王来英雄 モモキングRX》の踏み倒し効果にも対応している。

環境において [編集]

DMEX-16期に【青赤緑ドギラゴン閃】が環境入りを果たすと、その主要パーツとして活躍。

実際の対戦上は打点呪文ロックを活かして早期にビートダウンする展開も少なくない。相方の1体としては、自身で対応できない光の呪文や盤面に干渉できる《奇天烈 シャッフ》が存在する。

ところがDMEX-17期になると同じ呪文ロックとしてより封殺できる範囲の広い《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》が登場し、必ずしも入れ得とはならなくなった。また、《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》《時の法皇 ミラダンテXII》などを採用して勝ち筋を広くした型も浸透し、何が何でも呪文ロックを狙う風潮ではなくなった。オリジナル【赤黒バクロ法師】【我我我ブランド】がトップメタの一角となり、呪文ロックの刺さりが悪くなったのも大きい。

それがDMRP-20発売により【モモキングJO】が成立すると立場は一変。現実的な確率で3ターン目に呪文ロックを仕掛けながらワンショットすることができるようになった。ワンショットまではできない時の中間択としても優秀。

このカードの登場以来を含まないS・トリガー呪文はその評価を落としており、環境に影響を与えている1枚である。

その他 [編集]

  • 《モモキング》が《禁時混成王 ドキンダンテXXII》と対峙し、それが行使する奇跡禁断に対抗すべく《聖霊王アルカディアス》と共鳴して誕生した姿。
    DMRP-17で描かれた《ボルシャック・ドラゴン》との共鳴などとは異なり、《アルカディアス》から《モモキング》には特に試練を課すわけでもなく、その精神を評価し即時共鳴が達成されている[3]。また、《アルカディアス》の口調は今までの「伝説のクリーチャー」達のような厳かな物ではなく、白凰に近い物となっている。特に《アルカディアス》は背景ストーリー上の立ち位置などから荘厳なイメージが強かったため、初めて王来篇背景ストーリーで《アルカディアス》が会話した時はプレイヤー間で話題となった。
    • 時系列としては《聖魔連結王 ドルファディロム》を討伐後、立ちはだかる《白蒼混成 B・W・M》を始めとするディスペクターを退け《ドキンダンテ》の元に辿り着き、それと交戦中に起きた出来事。
      《アルカディアス》の「世界の記憶」に進入する直前にも《ボルシャック・ドラゴン》が語りかけてくる描写があったこと、この後《ボルシャック》と別れた描写もないことから、《モモキング》の魂の中には《ボルシャック》と《アルカディアス》の両者が同居しているものと思われる。
    • デュエチューブによれば、レクスターズ《龍魂珠》がアクセスしている「世界の記憶」は、背景ストーリーだけではなくアニメや漫画などのメディアミックス、我々の現実世界でのカードの使われ方もひっくるめたものであるらしく、《アルカディアス》の歴史は使い手の白凰に強く紐づいているために白凰に近い口調になったとのこと。
  • 《モモキング》と《アルカディアス》の共鳴をきっかけとして、これまで存在しなかった文明ジョーカーズが発生した。ジョーの「楽しい」や「喜び」といった感情が発生源となっている[4]
  • 最初に情報が公開されたを含むジョーカーズ[5]DMRP-18では《アルカディアス・モモキング》を始めとし、複数の光ジョーカーズが登場している。

漫画・アニメにおいて [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の《聖鎧亜キング・アルカディアスP'S》《アルカディアス・モモキング》がバトルゾーンにいる状況です。同じターン中に、自分が1体目に《アクア・コテガエシ》を、2体目に《風来の股旅ビワノシン》を出す場合、どうなりますか?
A.1体目に出す《アクア・コテガエシ》《聖鎧亜キング・アルカディアスP'S》の置換効果によって墓地に置かれます。2体目に出す《風来の股旅ビワノシン》《アルカディアス・モモキング》の状態定義効果によってタップ状態で出ます。置換効果は状態定義効果の前に適用され、それによってクリーチャーがバトルゾーンに出なかった場合、状態定義効果は何もしません。例の場合、2体目に出す《風来の股旅ビワノシン》が「各ターン、はじめて出る相手のクリーチャー」として、《アルカディアス・モモキング》の能力の影響を受けます。

+  (総合ルール 110.4f)

引用元(2022.1.14)


[1] 例えば《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》ディスペクター/フレイム・コマンド/グレートメカオーだが、合体元となった《激沸騰!オンセン・ガロウズ》サイバー・コマンドエイリアン《天雷王機ジョバンニX世》ナイトが引き継がれていない。
[2] ただし、《龍風混成 ザーディクリカ》などの一部ディスペクターは種族を4つ持つ。
[3] 同じような「そのクリーチャーが元々持ち合わせていた要素」で試練を省略したパターンには《龍炎鳳エターナル・フェニックス》がある。
[4] 《いさマーシー》《ハッピーたん》のフレーバーテキスト参照
[5] 2021年5月21日付でデュエチューブにて配信された「【デュエマ生配信】デュエマ20年の名場面BEST生配信!!55:35付近で、DMRP-18に収録されるカードを一部先行公開する形で発表された。