Dis(ディス)ゾロスター》 [編集]

Disゾロスター R 光/闇/自然文明 (3)
クリーチャー:オラクル/ディスタス 3500
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。その後、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。その後、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

DMRP-20で登場した//自然オラクル/ディスタス

cip山札の上から1枚ずつシールド化墓地肥やしマナブーストを行い、その後にはパワー3500のオラクル/ディスタスが残る。

《天災 デドダム》《Disノメノン》等の流れを汲む3色コスト3パワーカードクリーチャーであり、初動として優秀。

対応する踏み倒し方法はいくらでもあるが、ディスタスとしては文明も同じ《ディスタス・ゲート》《砕慄接続 グレイトフル・ベン》に対応している点に注目したい。
特に《ディスタス・ゲート》はこのクリーチャーを最大2枚場に出すことができ、S・トリガーで捲れた際はビートダウンを防ぎつつ切り返し時に使用できるマナ墓地の枚数を増やすため相性が良い。

それまでこのコスト帯に碌なものが無かった白黒緑リソース要員としては一線を画す存在。白黒緑カラーにおける基盤の概念を一新するカードと言えよう。

環境において [編集]

環境においては手札補充の不安定さから白黒緑のみで組まれる事は無く、欠点を補うため抜き4色で組まれる事が多いものの、《天災 デドダム》の持つ手札補充とは違いシールド化は有用な相手を選ぶ上に墓地肥やしマナブーストも内容を選べず安定性で劣るため、優先度は低い。ただ、王来篇期の場合、【獅子王ヴォルゼオス】のような大量の多色メインデッキに必要とするデッキで使われるケースもあり、全く環境で見ないわけではない。

2022年始のオリジナルでは、【青黒闇王ゼーロ】自然を足した【4色闇王ゼーロ】がこれを5枚目以降の《天災 デドダム》として2枚投入してチャンピオンシップ4位入賞を果たした。

そしてDMRP-21期のオリジナルで【5色マッド・デッド・ウッド】が台頭すると、そちらにおけるディスタスサポートを受けられる初動としての需要も得た。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

比較対象 [編集]

  • 同じくcipシールド追加マナブーストを1枚ずつ行える《無頼聖者スカイソード》と比べるとそのコストパフォーマンスの差は歴然。このカードの登場以降もあちらにはビーストフォーク指定の進化元になる、を含まないデッキにも投入できるという差別化点が見出せるが、単に多色サポートを利用するだけならあちらはこちらとの総入れ替えを余儀なくされるだろう。
    • 尤も、《無頼聖者スカイソード》はこのカードの17年前に登場したカードなので、コストパフォーマンスに差があるのは仕方ないと言える。

フレーバーテキスト・イラストについて [編集]

  • イラストは多くのディスタスディスペクターと異なり無表情となっている。微笑みやコミカルな表情が多かったゾロスターへの「ディスペクト」なのかもしれない。

その他 [編集]

関連カード [編集]

デュエルマスターズ屈指の性能を持つ、初動となる3コスト3色カード

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]