【5色ガイアハザード退化】 [編集]

【禁断スター退化】の一種で、《禁断英雄 モモキングダムX》を使い、山札にある《自然の四君子 ガイアハザード》が確実に進化元になるように調整したデッキ。
それができれば、再構築《禁断英雄 モモキングダムX》としてバトルゾーンに残し、コントロールを開始する。
5色デッキではあるがタッチ気味であり、場合によっては青黒赤緑の4色構築となる。

コンボデッキではあるものの、その動き方からある意味では【5色コントロール】と呼べなくもない。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

《地龍神の魔陣》山札の上3枚から手札マナゾーンに1枚サーチでき、G・ストライクまで付いている。短所は多色なことぐらい
《わかりミーア♥》マナブーストからスター退化実行まで
《天災 デドダム》マナブーストにより《ガイアハザード》の能力補助、サーチによりコンボパーツ回収
《Disジルコン》ブロッカー付き手札交換。呪文メタに引っ掛からないのが偉い。墓地召喚出すこともあり、マナ召喚も可能
《ベイB セガーレ》1コストコスト踏み倒しメタ
《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》主に【JO退化】ミラーマッチへの対策となる軽量級ピーピングハンデス/主にリソース系呪文を再利用
《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》サーチ、除去革命チェンジ元と強い要素満載の【5色コントロール】系統御用達カード
《戦武の無限皇 ジャッキー/「俺たちの夢は終わらねぇ!」》相手の呪文コストを無限大にする呪文封じ/S・トリガーで手札に居る自身や《カツキング》を踏み倒して強制バトル
《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》汎用カード指定除去マナ基盤にも
《絶望と反魂と滅殺の決断》除去ハンデスリアニメイトを1枚でこなす。リアニメイト札としてはほぼほぼ《天災 デドダム》専用機
《闘争と成長の決断》マナブースト除去が出来る
《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》アタックトリガーブーストマナ回収ができるマッハファイター/墓地利用メタ付きマナブースト
《S・S・S》《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》型なら採用する価値のある汎用除去
《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》《ガイアハザード》と併用すれば、状況次第でクリーチャーと呪文を完全にロック
《無双恐皇ガラムタ》アタックトリガーS・トリガーカードタイプ問わず封殺
《超神龍バイラス・カースド》タップしていればS・トリガーを封殺
《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》このデッキはある意味【除去コントロール】なので相性抜群のフィニッシャー
《蒼き団長 ドギラゴン剣》《カツキング》が入るなら入れない理由のない展開系スーパーサブ
《百族の長 プチョヘンザ》繋ぎになるコントロール手段。【我我我ブランド】対策にも
《時の法皇 ミラダンテXII》ファイナル革命コスト7以下召喚ロック。通常cipでコスト5以下の光の呪文を詠唱する
《次元の霊峰》山札圧縮
《生命と大地と轟破の決断》展開系スーパーサブ
《新世界王の創造》《新世界王の破壊》/《新世界秩序》マナ基盤/《無双恐皇ガラムタ》《超神龍バイラス・カースド》を呼び出せるフィニッシャー呪文
《新世界王の権威》《新世界王の思想》《新世界王の思想》/《Volzeos-Balamord》マナ基盤/キング・セル3種を手札とマナゾーンに揃えて降臨させる超大型フィニッシャー

《自然の四君子 ガイアハザード》の登場によって成立した型。

退化しつつマナブースト系のカードを繰り返し使ってロックを維持し、最終的に《新世界秩序》で受けをケアできるドラゴン軍団を呼び出してフィニッシュする。
《ガイアハザード》でのロックを目的としながらも、最終的に《新世界秩序》を撃つことで自軍の《ガイアハザード》が吹き飛んでしまうという点を歪に感じるプレイヤーは一定数おり、《Volzeos-Balamord》をフィニッシャーに据える構築も存在している。

長所 [編集]

常にマナゾーンの枚数を上回れるデッキ相手には滅法強い。
登場時の環境には【JO退化】【白青黒退化】【我我我ブランド】などのマナが伸びづらいデッキが多く存在し、それらに対しては十分に《ガイアハザード》の能力を活かすことができる。

《モモキングダムX》《生魂転霊》を撃つ事で退化しつつ2マナブーストが可能。最速3ターン目に退化した場合も最大5マナ確保でき、序盤のロックとしては十分に重いものとなる。

防御札の少ないデッキ相手ならば《ガイアハザード》で殴り切って勝つ事も可能。クリーチャーの防御札に関しては自身の能力で封殺でき、攻撃した後もパワー12000+自軍マナ数×1000の攻撃誘導持ちとして相手のビートダウンを防ぐ壁となるため、相手によっては積極的に攻撃しても良い。

《ガイアハザード》が刺さらない相手に対しても《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》を主体とした革命チェンジ戦法で戦える。《蒼き団長 ドギラゴン剣》から《無双恐皇ガラムタ》に繋ぐ事で相手のS・トリガーを完全に封殺可能。

《ガイアハザード》を初め、呪文のコストを無限大にする《戦武の無限皇 ジャッキー》やカード指定除去としても機能する《闘争と成長の決断》のおかげで、メタの効きにくい【青魔導具】にも強い。

短所 [編集]

《生魂転霊》によるマナブースト力こそあるものの、《ガイアハザード》のロック能力は相手のマナゾーンの数を上回らなければ発動しないためビッグマナ系統のデッキは苦手。特に序盤から凄まじいマナ数を確保してくる【連ドラ】系統や【赤緑ボルシャック】【獅子王ヴォルゼオス】相手の場合は最悪《ガイアハザード》によるロックは諦めざるを得ない。
またそれ以外が相手の場合でも、《ガイアハザード》の能力を受けたクリーチャーはマナゾーン送りとなるデメリットが存在する。油断していると小型獣の乱発でマナ数を上回られるので注意。

革命チェンジ戦法こそ強力であるものの、《百族の長 プチョヘンザ》に関しては取り扱いに注意が必要。ファイナル革命での除去方法がマナ送りであるため、大量に除去しすぎた結果《ガイアハザード》のロックが機能しなくなるといった本末転倒な事態に陥る事もある。

昨今のロックデッキにしては珍しく呪文を恒常的に封殺する手段が《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ》位しか無く、フィニッシュの《新世界秩序》発動まで隙が生じやすい。この隙を狙って《ガイアハザード》を除去されてしまうと立て直しに手間取る事となる。
最速3ターン目の退化を成功させた場合は特にこのデメリットが顕著に表れ、《スパイラル・ゲート》《魂と記憶の盾》等の軽量除去呪文で最悪出オチにされかねないので要注意。

《ガイアハザード》のコストが11と重く、《ヴィオラの黒像》を食らうとフィニッシャー格を蘇生されてしまうため要注意。先述した自身のデメリットにより手撃ちされる危険性も非常に高くなってしまっている。

環境において [編集]

DMRP-22期からオリジナルで入賞報告が為されている。

しばらくすると青黒赤緑構築の入賞も見られるようになった。

超CSIV 静岡』(オリジナル)では《Volzeos-Balamord》《新世界秩序》を両採用した型が4位入賞している。

DMBD-21DMBD-22期には《穿神兵ジェットドリル》で相手のマナブーストによるマナ枚数の挽回を牽制する型が4位入賞した。徐々にドラゴン基盤のデッキの中にも非ドラゴンをある程度混ぜる型が環境に目立つようになり、《メンデルスゾーン》で挽回される場面が減った。

参考 [編集]