【青黒赤緑邪王門】 [編集]

【5色ドギラゴン閃】の派生で、【赤黒邪王門】の基盤との折衷としつつ抜き4色で組んだ型。分類上は【ドギラゴン閃】の1つも言えるが、必ずしも《蒼き守護神 ドギラゴン閃》革命チェンジに頼るとは限らないデッキとなっており、既存の【ドギラゴン閃】とはコンセプトを異にする。

蒼き団長 ドギラゴン剣 LEG 火/自然文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
革命チェンジ:火または自然のコスト5以上のドラゴン
T・ブレイカー
自分の多色クリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によって出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、コストの合計が6以下になるよう、進化ではない多色クリーチャーを好きな数、自分のマナゾーンまたは手札から選び、出す。
※殿堂入り
Mの悪魔龍 リンネビーナス VR 闇/火文明 (6)
クリーチャー:デーモン・コマンド・ドラゴン/イニシャルズ 6000
スレイヤー
W・ブレイカー
マナ武装4:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、コスト5以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。その後、このターン、自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
百鬼の邪王門 R 闇/火文明 (6)
呪文:鬼札王国
<鬼エンド>クリーチャーが攻撃する時、シールドが1つもないプレイヤーがいて、自分のマナゾーンに闇のカードと火のカードがそれぞれ1枚以上あれば、この呪文を自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。
自分の山札の上から4枚を墓地に置く。こうして墓地に置いたカードの中から、闇または火のコスト6以下の進化ではないクリーチャーを1体選び、出す。その後、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。

主要カード [編集]

サブフィニッシャー [編集]

《時の法皇 ミラダンテXII》フィニッシュ時に《ジャミング・チャフ》を踏み倒す要員。
革命チェンジ元を《ドギラゴン閃》とある程度共有できる
《SSS級天災 デッドダムド》《シャッフ》《デドダム》から侵略
《蒼き守護神 ドギラゴン閃》基本はファイナル革命先を豊富に積んだデッキや《石像男》との相性を重視して採用
《超竜バジュラ》アタックトリガーで2枚ランデス出来る。
《燃える革命 ドギラゴン》敗北回避能力無限アタッカー能力を持つ。ゲームが長引いた際の押し込み手段
《闇鎧亜クイーン・アルカディアス》呪文ロックカウンター封じに
《メガ・マナロック・ドラゴン》多くの対面で大規模疑似ランデスとして機能

その他候補カード [編集]

候補クリーチャー [編集]

候補呪文 [編集]

《フェアリー・Re:ライフ》G・ストライク付き2コスト初動マナブースト
《地龍神の魔陣》山札の上3枚から手札マナゾーンに1枚サーチでき、G・ストライクまで付いている。短所は多色なことぐらい
《豊潤フォージュン》5枚目以降の《天災 デドダム》。いらない時には自然単色マナとしてマナチャージできる
《フェアリーの火の子祭》
《絶望と反魂と滅殺の決断》除去ハンデスリアニメイトを1枚でこなす。リアニメイト札としてはほぼほぼ《天災 デドダム》専用機
《生命と大地と轟破の決断》展開系スーパーサブ

候補ツインパクト [編集]

《八頭竜 ACE-Yamata/神秘の宝剣》クリーチャー面は重すぎてこのデッキではほぼ使い物にならない/自然以外ならカードを何でも1枚マナゾーンにサーチできる3コストの呪文
《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》《白米男しゃく》内蔵9000マッハファイター/墓地利用メタ付きマナブースト
《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》《カツキング》を呪文ロックに変換すれば、後は大体過剰打点で押し切れる/デッキカラー的に呪文面は唱える機会がほぼ無い
《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》クリーチャー面は殿堂入りしている限りほぼ使わない/宣言コスト召喚詠唱ロック

その他候補非クリーチャー [編集]

《ジャスミンの地版》既存のメタに引っ掛からない初動マナブースト
《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》クリーチャーや呪文の連打に対するメタ
《ヴィオラの黒像》対処困難なカウンター

このデッキの回し方 [編集]

リソース確保手段で多色マナ武装発動に備えつつ手札誘発を抱え込む。

準備が出来次第《鬼ヶ大王 ジャオウガ》を召喚し、鬼エンドなどでクリーチャーを大量にばら蒔く。革命チェンジで展開するというよりはむしろ《百鬼の邪王門》《Mの悪魔龍 リンネビーナス》の展開力が主体となる。《インフェル星樹》《天災 デドダム》《一王二命三眼槍》《奇天烈 シャッフ》《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》と、コスト踏み倒し候補は粒揃い。基本的には《奇天烈 シャッフ》呪文を止めながら過剰打点形成で除去タマシードS・トリガーを踏み越えるゲーム運びを行う。

長所 [編集]

《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》のサーチで《百鬼の邪王門》によるソリティアを繋げば、デッキが持つ山札掘削力により《単騎連射 マグナム》《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》のセットは案外簡単に揃う。

墓地がほぼ無い状態から《百鬼の邪王門》によるソリティアで爆発的に墓地のリソースを稼ぐことができ、墓地利用メタを宛がうタイミングを相手にあまり与えずに済む。

短所 [編集]

そもそも《鬼ヶ大王 ジャオウガ》召喚できないと能動的に鬼エンドを使えないと言っても差し支えがない。

《Mの悪魔龍 リンネビーナス》を引き当てないとでもでもないクリーチャーリアニメイトには不自由する。

環境において [編集]

DMBD-19DMBD-20期に【赤黒邪王門】軸で《蒼き団長 ドギラゴン剣》単採用となる確立型が流行。最初は《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》を1枚積みする型が目立ったが、クリーチャー面が除去されやすく安定しないこと、《百鬼の邪王門》でリアニメイトできないことから、この型は一瞬で消えた。《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》も、それほどこのデッキ自体ドラゴンシナジーを利用する方でもないことから、採用はまばら。徐々に《蒼き守護神 ドギラゴン閃》を2枚程度挿し、メインデッキの4分の1程度の比率となるスピードアタッカーファイナル革命先で攻める型も台頭。主に《蒼き守護神 ドギラゴン閃》《天災 デドダム》《石像男》によるS・トリガーロックを発生させ、タマシードをもケアする型まで結果を残した。単純な横展開系ファイナル革命先として《仙祖電融 テラスネスク》を使った型も。展開系ファイナル革命先としては、今引きドローソースにもなる《劇場戦艦 カァテンコヲル》という変わり種も。

参考 [編集]