(わか)大長老(だいちょうろう) アプル》 [編集]

若き大長老 アプル UC 自然文明 (2)
クリーチャー:グランセクト 3000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーからこのクリーチャーに変更してもよい)
相手のカードは、墓地またはマナゾーンを離れない。
相手は、墓地またはマナゾーンから呪文を唱えられない。

DMRP-22で登場した自然グランセクト

相手のカード墓地マナゾーンからのゾーン移動に、その2つのゾーンからの呪文詠唱を同時にロックする能力を持つ。

特に自然、闇文明の得意分野にあたる2つのゾーンを同時に干渉することができ、マナゾーンや墓地からのクリーチャー召喚や呪文詠唱すら封じることができる。
オマケにG・ストライクガードマンも備えており、クリーチャーだけでなくプレイヤーへの攻撃を守ることが可能。卑近な例では、退化系のデッキの先置き退化元を狙うマッハファイターに対して役立つか。
当然の如く《鋼鉄の鎚》《超級の面 ゴメス》の様な攻撃できないデメリットも無い。

直近の環境で活躍している【青黒緑退化】【白青黒退化】のような墓地退化【白青赤退化】【白赤緑退化】などのマナ退化に対するメタカードとしてデザインされたのは明白である。

《轟破天九十九語》と組み合わせると、本来であれば相手の展開も許す《轟破天九十九語》をノーデメリットで使えるようになる。

ただ、コスト2でパワー3000と、メタカードとしては除去しようと思えば簡単に除去できる水準。登場直前の環境では《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》《虹速 ザ・ヴェルデ》《絶望と反魂と滅殺の決断》]辺りの範囲内に入っている点が悩ましく、退化系列のデッキもこの程度なら除去には困らない。一応《霊峰 メテオザ-1》《ブルンランブル》(アドバンス限定)で死なないだけマシか。

また、肝心のメタ能力も、《カラフル・ナスオ》などのマナブーストからの自己ランデスを行うタイプのカードを相手に合わせられると、大量マナブーストという形で友情コンボを許してしまう。

  • カードイラストにはサルノコシカケ、テントウムシ、トンボ、雛鳥に囲まれた樹木型グランセクトが描かれている。生きとし生けるものに慕われたクリーチャーであることが窺える。

サイクル [編集]

DMRP-22のコスト2メタクリーチャーサイクル。G・ストライクと各文明固有の能力を併せ持つ。
公式アカウントのツイートにて一斉に紹介された。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]