天体妖精(てんたいようせい)エスメル/「お(ちゃ)はいかがですか?」》 [編集]

天体妖精エスメル VR 自然文明 (2)
クリーチャー:スノーフェアリー 2000
このクリーチャーが出た時、自分のシールドを1つマナゾーンに置いてもよい。
「お茶はいかがですか?」 VR 光文明 (4)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から1枚目をシールド化する。次の自分のターンのはじめに、自分のシールドを1つ、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

DMEX-12で登場した自然スノーフェアリー呪文ツインパクト

クリーチャー面は、cipで自分のシールド1つをマナに変換可能。今や2コストのマナブーストはありふれているが、シールドから補充するのはこのカードが初。
自分のシールドを1つ失うと言えば聞こえは悪いが、マナ回収マナ召喚手段が豊富な自然では優秀なシールド回収手段となり、盾落ち対策にもなる。たった2コストで、マナブーストをしながらシールド回収し、スノーフェアリーをバトルゾーンに残せると考えると、使いようによっては活躍が期待できる。

シールド枚数が減るのを活かし、革命鬼タイムを発動させるために使うのも良いだろう。

マナゾーンに1枚のシールド回収ができるカードとしてはこれまでにも《成長目 ギョウ》が存在していた。しかしこれだけ軽ければ【緑単ループ】系統において新たな動きが望めそうである。しかもこちらはcip任意であるため柔軟性が高い。尤も、あちらにはコマンド・ドラゴンであること、シールド・セイバーが付いていること、カードとして単色であること、《レアリティ・レジスタンス》に引っ掛からないことなど、こちらとの差別化点が多く存在する。

偶数コストなので【チェイングラスパーループ】【チェインシルキードループ】ともシナジーがある。しかも《成長目 ギョウ》と異なりカードとしてはを含むので《獅子王の紋章》手打ちにするためのマナにもなる。

呪文面は《ハピネス・ベル》下位種のような性能。
プレイヤーへの攻撃を一度は防げるため、防御用S・トリガーとしてはまずまずの性能。
何よりクリーチャー面と合わせて初動パーツとS・トリガーを兼ねられる点が強力で、デッキスペースの節約に役立つ。

環境において [編集]

2020年7月1日の殿堂レギュレーション改訂後、【白赤緑ヴァイカー】で採用されるケースが目立ち、DMEX-13期には対戦でよく見るカードとなった。《桜風妖精ステップル》と合わせて8枚体制にできるのが大きく、極論2ターン目の《ヘブンズ・フォース》から8枚体制のそれらを2体出ししてマナを伸ばし、3ターン目に《生命と大地と轟破の決断》から始動するというプランも取れる。

2021年7月1日殿堂レギュレーション改訂を機に【オカルトアンダケイン】の後釜としてアドバンスに激増した【ゼロ・ルピアループ】の初動マナブーストとしても有名であり、チャンピオンシップでは毎大会のように4位以内入賞をかっさらった。再利用して繰り返しcipを使えば、シールド落ちケアもできる。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

  • 《逆転のオーロラ》とはアンチシナジー。というのも、このカードでシールドを先取りして1枚マナブーストしてしまうことで、あちらの効果を薄くしてしまうためである。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.「シールド・プラス」や「裁きの紋章」で重なっているシールド、また要塞化している城が重なっているシールドを《天体妖精エスメル》の「バトルゾーンに出た時」の能力で選んだ場合、どうなりますか?
A.その場合、重なっているシールド全てがマナゾーンへ置かれます。
「シールドを1つ」や「シールドを1枚」とテキストに書かれていた場合、重なっているシールド全てが能力の対象になります。
なお、要塞化されている城は、シールドではないので墓地に置かれます。
引用元