赤黒(あかくろ)バクロ法師(ほうし) [編集]

《「貪」の鬼 バクロ法師》に特化した【赤黒速攻】の1つであり、【鬼札速攻】、【鬼タイム速攻】とも。

「貪」の鬼 バクロ法師 VR 闇/火文明 (4)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 5000+
スピードアタッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドを2つ、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーに「パワーアタッカー+7000」と「T・ブレイカー」を与える。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

《凶戦士ブレイズ・クロー》1マナアタッカー
《闇戦士ザビ・クロー》
《斬斬人形コダマンマ》自身のシールドを減らす
《斬斬人形コダマンマ GS》
《福腹人形コダマンマ》
《花美師ハナコ》
《ヤット・パウル》
《堕魔 ドゥンブレ》
《「大蛇」の鬼 ジャドク丸》除去手札補充打点
《Disライター》シールドを減らし、減らし過ぎたらシールド・セイバーで守る。おまけにSA1打点と非常に優秀
《ミチズレ入道》軽量除去
《暗黒鎧 ザロスト》シールドを削りつつ、リアニメイト
《アンヤク夜叉》厄介なメタカードをケア
《U・S・A・NIKER》cipアタックトリガーで1体にスピードアタッカー付与
《キズグイ変怪》アタックトリガーで自身のシールドを減らす。鬼タイム下ではフィニッシャーにも
《U・S・A・BRELLA》コスト4以下のクリーチャーの展開を封じる
《停滞の影タイム・トリッパー》マナタップインによる疑似ランデス
《戯具 ヴァイモデル》墓地肥やしリアニメイトを1体でこなせるS・トリガー獣
《爆鏡 ヒビキ》相手の呪文に反応してランデス
《新導バット》軽量スピードアタッカー
《その子供、凶暴につき》自軍スピードアタッカー化、スピードアタッカーメタ
《バサラ》革命0で除去シールド焼却《百鬼の邪王門》の踏み倒し先としては良好なスペック
《「ちくしょおおおおおおっー!!」》反撃用呪文。除去と手札リセットを行える

シールド削減でコスト踏み倒ししやすいクリーチャー [編集]

《デュアルショック・ドラゴン》S・バッククリーチャー。シールド焼却込みで鬼タイム鬼エンドの発動役にもなる
《ハクメイ童子》S・バッククリーチャー。スピードアタッカーが凶悪
《ザンジ変怪》防御札にもなるS・バッククリーチャー
《「是空」の鬼 ゲドウ権現》鬼タイムで2マナ。敗北回避が頼もしい
《鬼ヶ羅刹 ジャオウガ》鬼タイムコスト踏み倒し可能
《龍装者 バルチュリス》能動的に出せるタダ出しSA1打点
《ボルシャック・ドギラゴン》サブの防御札。投入するなら、他のカードも火のクリーチャーを多く採用する必要がある

ゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカード [編集]

特徴 [編集]

軽量シールド回収クリーチャーで序盤から手札補充しつつビートダウンを行いながら、最後に《「貪」の鬼 バクロ法師》着地させ、そのままフィニッシュするのがコンセプト。
除去を多用する相手には《龍装者 バルチュリス》《鬼ヶ羅刹 ジャオウガ》で追い打ちを仕掛けやすい。

シールドが削られるが、《百鬼の邪王門》《一王二命三眼槍》でかなりケアできる。

味方の《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》で吹き飛ばされると困る軽量のシステムクリーチャーなど、1コストウィニー《龍装者 バルチュリス》などの前のめりな構築向けの速攻要員など、【赤黒ジャオウガ】には明らかに入らないカードもある。

長所・短所 [編集]

豊富なシールド回収のおかげで切れ目のないビートダウンを行うことができる。

マナの伸びるデッキに対してはランデス、疑似ランデスが刺さる。

全体的に低コスト打点要員が多いため、《オリオティス・ジャッジ》形式のコスト踏み倒しメタには強い。

一方、マナをあまり必要とせず、呪文への依存度が低く、手札以外から軽量クリーチャーをバトルゾーンに出さない、スピードアタッカーを主軸としないデッキにはメタクリーチャーが意味を為しづらい。

メタクリーチャーへの依存度が低くないので、除去を大量投入したデッキにも弱い。

良くも悪くもテンプレのゲーム運びが存在しない。そのため、プレイングスキルの差が出やすい。

環境において [編集]

DMEX-13期にチャンピオンシップ4位以内入賞が散見された。

その後も十王篇環境 (オリジナル)で一定の結果を残した。

《カンゴク入道》が流行すると、DMRP-19期からそちらへのカウンターとしてのこの系統のデッキの上位入賞が一定数見られた。だが皮肉にもこのデッキにも相性が良いということで問題の《カンゴク入道》が使われている。《カンゴク入道》で息切れをケアできるため、《瞬閃と疾駆と双撃の決断》で1ターンの密度を上げた型も台頭。この頃の環境では《影速 ザ・トリッパー》刺さりが良い上にいくらシールド回収してもほとんど裏目にならない【ゼロ・ルピアループ】オリジナルのトップメタの一角にあり、それも追い風となっている。実際のゲーム上はシールドを減らしたことによる隙を見せないためにギリギリの打点で見切り発車することも多く、それを見越したミラーマッチ対策として《一王二命三眼槍》を搭載した型も見られるようになった。

DMBD-18期には事実上の鬼エンドの嵩増し兼ミラーマッチの鬼エンド対策として《「ひっくり返したれやぁぁぁ!!」》《熱血星龍 ガイギンガ》を呼び出す型も結果を残した。

その後勢いが衰えたが、【我我我ブランド】が余りに増え、その対策となるデッキが求められたことから、DMEX-18末期に流行が盛り返した。《百鬼の邪王門》から《バサラ》を出し、《バサラ》革命0による除去【JO退化】のアタッカーをパワーに関わらず除去できる、といった点でも環境に対する刺さりが良いというのもある。《超七極 Gio/巨大設計図》軸の【ナウ・オア・ネバーループ】も無限耐久ループを軸としておらず、殆ど個々のS・トリガーの性能に任せたグッドスタッフ性を重視した防御札のラインナップとなっているため、案外過剰打点で殴るだけで何とかなる場合が少なくない。

参考 [編集]