超竜(ちょうりゅう)バジュラ》 [編集]

超竜バジュラ SR 火文明 (7)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン 13000
進化:ドラゴン1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選ぶ。相手はそれらを墓地に置く。
※殿堂入り

DM-08で登場した進化アーマード・ドラゴン

相手に2枚のランデスを行う強力無比なアタックトリガー能力を持つ。

シンプルながら強烈であり、通常のチャージを超える速度でマナを奪っていくことができる。早期に除去できなければ、手札の除去札を使うマナすらなくなってしまう。単体で相手を完封しつつ殴りきってしまう可能性を秘めた、凶悪なフィニッシャーである。

進化クリーチャーのため召喚酔いが無くアタックトリガーを即使用できるのが強さの理由だろう。場に出したターンに2マナランデスできるので、仮に返しのターンS・トリガー除去されても最低限のテンポアドバンテージは稼げる。
次のターンまで生き残れば4枚ランデスである。ここまでくると除去できたところでそうそう巻き返されないほどの差がついてしまう。

ランデスするカードはこちらが選択できるため、多色デッキに対しては容易に色事故を誘発できる。2色デッキなら1回は耐え凌げるかもしれないが、3色以上のデッキでは特定の文明のマナが2枚以下という状況が頻発するため、特に効果的だろう。数の少ないマナを墓地送りにすることで、その後の行動を大きく縛ることができる。

進化元ドラゴン限定かつ7コストとやや重めだが、ランデス能力に加えパワー13000と能力自体は非常に強力。

ランデスと強力な進化ドラゴンの象徴として、ドラゴンの人気を集め支えてきたカードであり、デュエルマスターズの歴史を語る上では偉大なカードの1枚といえるだろう。

環境において [編集]

闘魂編DM-08にて登場。2枚ランデスという効果の凶悪さは一目瞭然であったが、登場当初は進化元や環境に恵まれず活躍するまでには時間がかかった。

このクリーチャーを出せる7マナまで達する頃には相手も同程度貯まっていることが多い。お互いに7マナの状態で攻撃すると相手は5マナになるが、返しのターンチャージを行うと6マナになるため《デーモン・ハンド》《ナチュラル・トラップ》が間に合ってしまっていた。

闘魂編転生編期までは優秀なドラゴンが少なく、特に相性の良い進化元が殆ど存在しなかった。そのため主要なビートダウンコントロールに優位性を持てず、《アクアン》らを擁する【除去コントロール】や環境を席巻した【ボルバル】等に太刀打ちできなかった。

ランデスが強力な一方で、バトルゾーンに対しては一切干渉できず、ビートダウン相手には殴り切られてしまうという欠点が目立った。
コントロールには出す前にハンデスされたり、進化元除去されるなどして対策されやすく、ランデスのためにごり押しを仕掛けるとS・トリガーを踏んであっさり退場する光景も散見されていた。

だが転生編にてクロスギアとして転生した《バジュラズ・ソウル》が登場し、これが【ボルバル】に投入され【除去バジュラズ】としてランデスデッキの火付け役となっている。

不死鳥編期に《緑神龍ミルドガルムス》の登場により【ドラゴンランデス】が成立、そのフィニッシャー枠としてようやく環境入りを果たした。当時環境トップであった《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》と枠を争ったが、あちらは1年足らずでプレミアム殿堂入りを果たし、以降は【連ドラ】【ターボロマネスク】などの強力なドラゴンを活用するデッキでフィニッシャーを務めることが多くなった。

極神編においても《龍仙ロマネスク》《母なる紋章》《龍神メタル》等の強力な進化元・サポートを手に入れ、そのカードパワーを遺憾なく発揮していた。

その為2008年4月15日、晴れて殿堂入り。進化クリーチャーとしては《パシフィック・チャンピオン》と同時で2例目の殿堂入り。同時に《インフィニティ・ドラゴン》《母なる大地》などのパワーカードも殿堂入りし、このカードをメインに据えた構築は困難となった。それほど環境を支配したわけではなかったが、公式がランデスによりデュエマの対戦ゲームとしての性質が損なわれることを恐れての規制であったと見られる。

ドラゴンデッキは環境の一線から退き、ランデスデッキもヘヴィ・デス・メタル軸の【黒ランデス】が主流となったことで、それらでも不採用となる機会も出てきた。
DM-30にて《闘龍鬼ジャック・ライドウ》が登場すると、それを軸にした【闘龍鬼ジャック・ライドウ】が誕生。1枚しか積めなくなった《超竜バジュラ》をサーチし、確実に早出しする流れは当時としてはなかなか強力であった。

神化編に入ると《エンペラー・キリコ》の登場により【星域キリコドラゴン】が成立し、猛威を振るう。しかし上位種の《超竜バジュラズテラ》等にフィニッシャー枠を奪われ、このカードの採用機会は激減。その後は《龍仙ロマネスク》《龍神ヘヴィ》等優秀な進化元が殿堂入りし環境から身を退いた。フィニッシャーが多様化していく中で、コストと進化元指定のハンデが重く響いている。

双極篇期の2019年3月のCSでこのカードを投入した【5色フェアリー・ミラクル】がCS4位入賞を果たしたことをWotC日本支部代表の真木孝一郎氏が伝えている(参考)。このことから、用途が非常にピンポイントになっており、このカードを使って結果を残すことが稀になったことが分かる。

王来篇では《王来英雄 モモキングRX》から即進化できることから再注目された。
3マナのマナブーストから繋げば4ターン目、《メンデルスゾーン》で2枚ブーストできれば3ターン目に《バジュラ》が出せるようになった。
チャンピオンシップでもこれを採用した【モモキングRX】が一定数4位以内入賞を果たすなどしている。

そして【青赤緑ドギラゴン閃】が成立すると、サブフィニッシャーとして環境でよく見かける存在となった。《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》サーチのおかげで殿堂入りのハンデはあまり感じない。ただ、王来篇環境になって【5色コントロール】コスト踏み倒し系のS・トリガー満載の構築が主体となり、《龍風混成 ザーディクリカ》でのソリティアの結果次第では返しのターンワンショットを食らう恐れもあるため、相手のマナを空に近い状態まで追い詰めなければ、このカードといえども安心できなくなった。S・トリガー獣が充実している【白赤緑ドギラゴン閃】でも同様であり、3打点が災いして《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》を踏むリスクを負わなければならないのも痛い。一応このクリーチャーから《蒼き団長 ドギラゴン剣》革命チェンジしてファイナル革命《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》を呼び出し、このクリーチャーをバウンスしてランデスアタックトリガーだけを使うことでS・トリガーの裏目を回避するという使い方はある。また、このクリーチャーから《蒼き団長 ドギラゴン剣》に革命チェンジし、そちらのファイナル革命を活かして《王来英雄 モモキングRX》ごと再展開することで、1ターンに2度もアタックトリガーを使うことができる。

その他 [編集]

  • 相手のマナゾーン以外に(殴り返しを除いて)一切干渉できず、その為単純なステロイド系のデッキに投入しても活躍し辛い(これが黎明期及びプレイス環境での立場の低さに繋がっている)。弱点の盤面処理やスピード、手札枯渇を周りのカードでカバーすることで、このカードを十二分に活躍させられるのだ。
  • 人気が高く、イラストや小学生にも分かりやすくシンプルで強力な効果も相まって非常に高額なカードであった。殿堂入りや複数回の再録によって価格はある程度落ち着いている。
  • DM-08では「選ぶ」と書いてあったが、再録された際、「選んでもよい」に変更された。ただし、元のテキストでも「2枚まで」なので任意であり、枚数も選べる(0枚を選ぶ=選ばないことも可能)。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

DMPP-02にて登場。ランデスできるカードがランダム指定になった。特定の文明のカードを除去してその文明のカードを封じることは難しくなったものの、それ以外の弱体化部分がなく、依然として2枚ランデスできることに変わりはない。

登場時点では進化元のドラゴンがそこそこ重く、ブロッカー持ちも《黒神龍ゾルヴェール》しかいないため、速攻相手だと出す前に負けてしまうことが多く、出しても既に手遅れだったり、S・トリガーを踏んで返しのターンに負けてしまうという事態も目立っている。

《龍の呼び声》《闘龍鬼ジャック・ライドウ》《武装竜鬼アカギガルムス》と、着々とドラゴンデッキのインフラが整備されていっているが、【黒緑速攻】のような超速攻には依然としてランデスが間に合わず、《フェアリー・ギフト》入り【バルガライゾウ】など相手が動き出す前に4ランデス以上まで叩き込まないと息の根を止められない高速ビッグマナにも五分未満であり、なかなか環境では活躍しづらい状況が続いている。

  • 黎明期の環境を踏襲しているデュエル・マスターズ プレイスの環境で、2020年時点でも殿堂入りしているこのクリーチャーの参戦は大きな反響を呼び、2020年2月21日には「バジュラ」がTwitterでトレンド入りした。発表当初は前述の通り当時《バジュラ》が本家デュエル・マスターズにおいて殿堂入りカードということもあり、ゲームバランスの崩壊を危惧する声も見られた。しかし、上述のようにTCG版では登場した当初は活躍できておらず、プレイスの方でも同様の結果となった。
    • とはいえ、あくまで地雷止まりなだけで出せれば強力な事には変わりない。もし十分にマナが貯まっておらず満足に除去もできない状況で出されたら、返しのS・トリガーで対応できなければ敗北を覚悟する必要もある。《エコ・アイニー》などを使えば4〜5ターン程度の着地も現実的なレベルになっている。
    • 余談だが、DMPP-02時点のTCG版では、《超竜バジュラ》は殿堂入りの中では比較的驚異ではないカードとして見られていたが、後に相性の良い《王来英雄 モモキングRX》が登場したことにより殿堂解除はまずありえないほどの危険なカードに化けることとなった。
  • DMPP-03環境では大幅に強化されたドラゴンデッキのサブフィニッシャーとして採用されている。相手のマナを増加させてしまう《無双竜機ドルザーク》と共存している場合もあり、マナ破壊の凶悪さと如何に進化獣にとって進化元の扱いやすさが重要かがわかる。
  • ゲーム内でこのカードのアタックトリガーを使用する際には、相手のマナゾーンを鎖で縛り付けるような演出が見られる。
  • また、イラスト違いのシークレットカードが存在する。そちらは「我こそは破壊の化身!」と叫び、その後火山弾が上から次々と落ちてきて、バトルゾーンに着地するような演出になっている。

サイクル [編集]

DM-08の進化・ドラゴン。DMRP-19では、鬼札覇王連合キングマスターレクスターズの力を授けた。

DMPP-02の進化・ドラゴン

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMX-01
    10年の歳月を経て、未だ頂点に在り。是、歓喜の極みなり。
  • DMX-19
    撃滅の原点にして、頂点。
  • DMEX-17
    タイム・トリッパー遅らせ大地から呼び出した緑神龍でマナを破壊しつつ進化元としバジュラで決める。関東でデュエキングとなったのは、圧倒的なマナ破壊戦術であった。 - 『サムライ・リーグ関東』
  • プロモ(P82/Y20)
    頂点に立つ者は、驕らず、侮らず、ただ撃滅するのみ。
  • DMPP-02
    破壊の化身が、世界を変える。
  • DMPP-02(シークレット)、DMPCD-01
    混迷する戦況に突如として現れた破壊の化身。あらゆるものを焼き尽くす炎が解き放たれる。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]