一王二命三眼槍(バラド・ヴィ・ナ・シューラ) [編集]

一王二命三眼槍 SR 闇/火文明 (5)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 6000
自分がゲームに負ける時または相手がゲームに勝つ時、これが相手のターンで、自分のマナゾーンに闇のカードと火のカードがそれぞれ1枚以上あれば、かわりに自分の手札にあるこのカードを相手に見せ、山札の下に置いてもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
<鬼エンド>このクリーチャーが出た時、シールドが1つもないプレイヤーがいれば、自分の山札の一番下のカードを墓地に置く。それがコスト5以下のクリーチャーなら出してもよい。

DMRP-16で登場した/デモニオ/鬼札王国

5コストでありながら、スピードアタッカーW・ブレイカーに、2つの強力な能力を持つ。

1つ目の敗北回避能力と4つ目のコスト踏み倒し能力がかみ合っており、1つ目の能力で山札の下に置いた《一王二命三眼槍》を、もう1体の《一王二命三眼槍》の4つ目の能力で出すことができる。上手くいけば一気にこのクリーチャー4体+他1体の、計5体並べる事も可能。ちなみに進化クリーチャーも出せる。

敗北回避能力は、ダイレクトアタックはもちろんのこと、相手のターン中であれば大半のエクストラウィンも防げてしまう。《姫様宣言プリンプリン》《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》などを使う場合は、このカードに警戒する必要が生まれてしまった。
当然クリーチャーを選んでいる訳ではないので《異端流し オニカマス》などのようなアンタッチャブルでのダイレクトアタックも防げる。

鬼エンドも強力だが、捲れる枚数はたった1枚であるが故に、狙ったクリーチャーを踏み倒しにくい。強いクリーチャーが捲れたらラッキー程度に考えるのが現実的。
より生かそうと思えば、《サイバー・ブック》《*/弐幻サンドロニア/*》などで狙ったクリーチャーを山札の下に仕込みたいところだが、鬼エンドの発動条件を満たさないといけないことに加え、相手の《お清めシャラップ》山札送り能力などで計算を狂わされる可能性も考えると、コスト5以下のクリーチャーを踏み倒すのに労力が見合っている戦術とは言い難い。

一方でバトルゾーンが更地でも、何度もダイレクトアタックから身を守れる可能性がある点は《光牙忍ハヤブサマル》《革命の鉄拳》《ボルシャック・ドギラゴン》を考えれば分かる通り強力。条件も非常に緩く、赤黒で種族を気にしないデッキなら難なく防御札として投入出来るだろう。
特に《ボルシャック・ドギラゴン》の様に何度もダイレクトアタックを防げば、防いだ分だけ次のターンの鬼エンドが恐ろしい事になる。

そうでなくとも5マナでスピードアタッカーW・ブレイカーを持ち合わせているため、単純なアタッカーとしても十分。

敗北回避能力のスキと、鬼エンドの不安定さはあるものの、多彩な能力を持つパワーカードには違いない。
コスト5でスピードアタッカーW・ブレイカーを併せ持つ半端なカードの存在意義を一刀両断する1枚である。
総じてビートダウンが流行する環境なら、このクリーチャーの使用機会も多くなるだろう。【モモキングダムユニバース】など単発的エクストラウィンにも刺さる。

注意 [編集]

  • このカードの敗北回避能力ライブラリアウト戦術には無力。ライブラリアウトによる敗北を回避しても、山札にあるカードはこれ1枚になるので、次の自分のドローステップでは当然そのカードを引いてライブラリアウトしてしまう。置換効果は1つのイベントに対して1回しか適用できないため、これを複数枚持っていても2枚以上山札の下に置くこともできない。
  • このクリーチャーの敗北回避能力は、《∞龍 ゲンムエンペラー》で無効化されない。《∞龍 ゲンムエンペラー》が無視するのは、バトルゾーンにあるクリーチャーの能力のみなので、手札から効果を発揮するこのクリーチャーの敗北回避能力は無視することができない。

相性の良いカード・デッキについて [編集]

《百鬼の邪王門》
同じ鬼エンド能力を持ち、《百鬼の邪王門》の鬼エンドで出せば確実にこちらの鬼エンドも使える。このクリーチャーで踏み倒せる範囲はコスト5以下なので、《百鬼の邪王門》のコスト6以下という範囲が少し勿体ない気もするが、コスト5以下に絞ってみても《鬼ヶ大王 ジャオウガ》《ツルハシ童子》《龍覇 スコッチ・フィディック》《禁断V モードス》など中々便利なクリーチャーが揃う。5コストを主軸にした《邪王門》デッキにしても十分やっていけるだろう。
《ボルシャック・ドギラゴン》
共に投入するのもいい。革命0トリガーが失敗した時の保険になる上に、進化元になれる。ただし、このクリーチャーはドラゴンでないため、【連ドラ】には向かない。《革命の鉄拳》が入るようなデッキであれば、《革命の鉄拳》の枠を奪って採用ができるだろう。
《蒼き守護神 ドギラゴン閃》
あちらのファイナル革命で踏み倒すこともでき、ファイナル革命の踏み倒し終わりに山札の下にカードを置く効果も、このカードの鬼エンドと相性がいい。
【赤黒ドギラゴン閃】
上述した《百鬼の邪王門》《ボルシャック・ドギラゴン》《蒼き守護神 ドギラゴン閃》全てが入ってるデッキのため、このカードも入れない理由がない。《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》などのデッキと相性の良い火のチャージャー山札の下リクルート先を仕込むのも強力。
【オボロティガウォック】
マナ基盤さえ用意すれば5色であるこのデッキであっても条件は比較的容易に達成できる。豊富なドローソース手札交換によって山札を一巡することも難しくないため、一度山札の下に送られても回収は割と楽。

アニメでの活躍 [編集]

アニメ『デュエル・マスターズ キング』で鬼札 アバクが手にしている槍。触れた者に鬼の力を与える能力を持つ。
この槍に触れた者は欲望に忠実、かつ過激な行動を取るようになり、それと同時にデュエマの実力も向上する。
ただし、触れてから一定以上の時間が経つと「鬼リミット」となり、鬼の姿になってしまう。一度鬼の姿になると、元の姿には戻れない。

デュエマシーンでは、「キング」33話の大長老戦で鬼札 アバクが使用。
敗北回避能力を使用し、《大樹王 ギガンディダノス》ダイレクトアタックを防いだ。

背景ストーリーでの活躍 [編集]

その他 [編集]

  • 登場当初は収録弾のDMRP-16の評価があまり高くなく、今では評価を高めた《地封龍 ギャイア》も過小評価されていたため、このカードが引けるかどうかが開封の成否に直結したとまで言われる。
  • ラド・ヴィ・ナ・シューラ」ではないので注意。
  • 現実世界の言葉をカタカナにしたものと思われるが、「バラド・ヴィ・ナ・シューラ」の意味はいまいち判明していない。
    • 「シューラ(sula)」は「槍」を意味するヒンディー語。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]