MAX(マックス)-G(ガン)ジョラゴン》 [編集]

MAX-Gジョラゴン KGM 自然文明[ジョーカーズ] (6)
S-MAX進化クリーチャー:マスター・ドラゴン/ジョーカーズ/レクスターズ 11000
S-MAX進化:自分がゲームに負ける時、かわりにこのクリーチャーを破壊するか、自分の手札から《MAX-Gジョラゴン》を1枚捨てる。(このクリーチャーは進化元を必要としない。自分のS-MAX進化クリーチャーが2体以上あれば、そのうちの1体を残し、残りをすべて手札に戻す)
W・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によって出た時、または自分のターンのはじめに、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚マナゾーンに置く。こうしてマナゾーンに置いたカードが、ジョーカーズまたはレクスターズの、クリーチャーまたはタマシードなら、次の相手のターンの終わりまで、その置いたカードが持つ能力をすべて、このクリーチャーに与える。

DMRP-22で登場した自然S-MAX進化マスター・ドラゴン/ジョーカーズ/レクスターズ

概要 [編集]

召喚時かターン開始ステップに1ドローして手札から1枚マナブーストする能力を持ち、それがジョーカーズレクスターズクリーチャータマシードなら次の相手のターン終了ステップまでそのカード能力付与される。

マナゾーンに置いたカードの「このクリーチャーが出た時」や「このタマシードが出た時」は使うことはできない。(参考)
ただし、後述の理由でこのクリーチャーを進化元にした場合のみ「このクリーチャーが出た時」の誘発型能力がトリガーできる。
《デンジャデオン <ラグマ.Star>》といった侵略からスムーズにこのコンボを狙うことができる。

手札1枚をコストに使って、カードの能力を発動させる点は《ジョット・ガン・ジョラゴン》ジョラゴン・ビッグ1を彷彿とさせるが、そちらの特徴である「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力は対象外。常在型能力置換効果を生成する能力や起動型能力cip以外のバトルゾーンを起点とした誘発型能力を、このクリーチャーが持つかのように振る舞う。

意外と盲点だが、仮に置いたカードの特性が違い能力の付与が不発になったとしても、《「Let it Bee!」》と同じマナ加速にはなっていて後続の展開を補助することができる。

考察 [編集]

カード1枚の能力を余すことなく使えるのはジョラゴン・ビッグ1よりも優れていると言えるが、発動させるタイミングが「召喚によって出た時」とターン開始ステップのみで、あくまで「手札からマナゾーンに置いた時」ではない。
そのため、他のカードの能力で該当カードをマナゾーンに置いても、その能力は得られない。

能力の追加は基本的には1枚分しか発生しないが、召喚時に限れば《ノリのりん》《Dの機関 オール・フォー・ワン》などで2度トリガーさせる事ができる。
また、追加された能力が失効するのは相手のターン終了ステップであるためなんらかの方法でエクストラターンを得て相手にターンを渡さなければ、前のターンに追加された能力を維持したまま新たに能力を追加できる。

能力をコピーできるクリーチャーのうち、ジョーカーズであれば《ソーナンデス》などのJチェンジ《メラビート・ザ・ジョニー》進化レクスターズであれば《王来英雄 モモキングRX》などのコスト踏み倒し手段は豊富に存在する。
《ラドン・ベップバーン》のようなロック《伝説の決闘者》の連続攻撃をコピー、《EVENOMIKOTO》の除去アタックトリガーと心理的アンタッチャブルを得るといった大味なコンボもあり、どう悪用されるかは未知数だろう。

無難なところでは同弾で登場した《ダイナボルト <カツキング.Star>》とは相性が良く、強力なアタックトリガー∞ ブレイカーを手に入れることが出来る。仮にも進化クリーチャーなので究極スター進化元にもなり、《<カツキング.Star>》のpigによる踏み倒し範囲にも収まっているとかなり噛み合いが良い。

《王来英雄 モモキングRX》をコピーすると、進化するたび1ディスカード2ドロー後に踏み倒しし、その踏み倒し先が1ディスカード2ドロー後に踏み倒しするチェイン・コンボが発生する。
シンカパワー《無限掌》効果も発動するので、クリーチャー攻撃しつつ一番上が《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》になるようにしておけばアンタップし、そのターンにメガメテオバーン10によるエクストラウィンも狙うことができる。
具体的には以下のような流れとなる。

+  長いので格納

気を付けたいのは、能力がすべて強制である事。
すなわちこのクリーチャー能力マナゾーンに置いたカードデメリットもすべて強制的に付与されてしまうという事である。
例えば手札が0枚の時にこのクリーチャー召喚するか自分のターン開始ステップを迎えたとして、今引きしたカード攻撃制限のある《禁断英雄 モモキングダムX》だった場合、条件を満たさなければ攻撃できないデメリットまで付与されてしまうのである。
デッキに投入する際は手札の管理と今引きしても不利にならない構築を心掛けたい。

ルールについて [編集]

能力を追加するというルールはダイナモG・リンクが参考になる。
他には《アカシック・パラレル》変身も参考になる。ただしそちらはカード名種族コストパワー文明など様々なものも一緒に更新されるので煩雑。

異なるブレイカー能力を複数持った場合は、攻撃しているプレイヤーがそのうち1つを選んでブレイクする。

召喚によって出しつつcipを得てもそれが使えない理由は、

  1. 召喚によって《MAX-Gジョラゴン》が出たイベントで、すべての「出た時」の効果が待機される
  2. 《MAX-Gジョラゴン》が解決によって「出た時」の能力を得る
  3. 得た時点では「出た時」の誘発タイミングは過ぎているのでその効果が待機したり解決したりできない

なお、「能力を持つ」という継続的効果がかかっている状態でこのクリーチャーの上に別の進化クリーチャー進化させた場合のみ、バトルゾーンに新たに出たと判定されるためこの能力で追加されているcipを使う事ができる。(根拠
ただし、タマシード能力を得ている場合、このカードまたはその上に重ねたカードクリーチャーであるため「このタマシードが出た時」で始まるcipは使えない。

3つ目の能力召喚時限定のcipであるためコスト踏み倒しで出した場合、その時点では能力を発動することはできない。(自分のターン開始時を迎えることで使うことはできる。)

裁定不明 [編集]

一部の能力は、カードタイプ注釈文が書かれているが、その注釈文は能力を得るのに含まれるのか。

  • スター進化クリーチャーは、たとえそれ1枚で構成されていても革命チェンジできない」というルールがある。もし召喚によって《MAX-Gジョラゴン》がスター進化を持つクリーチャーの能力を得て、その注釈文まで得るとしたら、「《MAX-Gジョラゴン》は離れるかわりに一番上の《MAX-Gジョラゴン》が離れる」ようになる耐性を得るため、革命チェンジできなくなってしまう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]