鬼ヶ大王(おにがだいおう) ジャオウガ》 [編集]

鬼ヶ大王 ジャオウガ KGM 闇/火文明 (5)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 7000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分のシールドをすべて手札に加えてもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

DMEX-13で登場した/デモニオ/鬼札王国

cipで疑似《デビル・ドレーン》できるスピードアタッカーW・ブレイカーを持つ。

これ1枚で鬼エンド革命0トリガーの条件を満たすことができ、シールドカードの枚数だけオシオキムーンを発動させられる。

さらに、このシールド回収能力は任意であり、いざとなれば普通の5コストのスピードアタッカーW・ブレイカーとしても使えるため、かなり使い勝手がいい。《父なる大地》などの強制的にバトルゾーンに引きずり出すカードによって意図せず追い詰められる、という心配もない。

cipさえ使えれば鬼エンドや革命0トリガーにより相手のダイレクトアタックに備えられるため、守りが薄くなるというデメリットは構築次第で簡単に軽減できる。もっとも、返しのターンにすぐさま《ロスト・Re:ソウル》《ロスト・ソウル》 を放たれるとどうしようもない。《ドラゴンズ・サイン》による《龍風混成 ザーディクリカ》早出しからの 《ロスト・Re:ソウル》など5ターン目前後にオールハンデスが飛んでくることは十分考えられるため、相手がそのような動きをしうる場合には不要なシールド回収は警戒しなければならない。

《百鬼の邪王門》との組み合わせが非常に強力である。シールド回収で手札に加えた《百鬼の邪王門》を、このクリーチャーのアタックをトリガーに発動できる。そちらの呪文で《Mの悪魔龍 リンネビーナス》リアニメイトして展開できるという意味では【5色ドギラゴン剣】にも適している。ただし、シールドが残っていることが前提となる《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》スーパーS・バックや、《轟牙忍 ハヤブサリュウ》《怒流牙 サイゾウミスト》といったマナが伸びていることが条件の重量級ニンジャ・ストライクと、このカードを最速で出すプレイングは相性が悪い。

《生命と大地と轟破の決断》で出せる範囲なので、《至宝を奪う月のロンリネス》と一緒に出して、シールド全回収&《ロンリネス》のオシオキムーンでコスト7以下のブロッカーを大量展開のコンボが狙える。

コンセプトを考えると【赤黒ドギラゴン閃】と相性がいい。シールド回収したカードの中に《龍装者 バルチュリス》が含まれていれば追撃にも困らない。

環境において [編集]

十王篇環境では【赤黒邪王門】系統で活躍。特に【赤黒ドギラゴン閃】では3ターン目の《“龍装”チュリス》から《蒼き守護神 ドギラゴン閃》への革命チェンジ《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命での着地、このカードでのシールド全回収からの鬼エンド革命0トリガー条件達成がワンショット失敗時の保険付きの3ターンキルルートとして名高い。

王来MAX環境 (オリジナル)に入ると【青黒赤緑邪王門】のパーツとしても頭角を現す。

その後も浮き沈みはあれど【青黒赤緑邪王門】で使われ続けたが、《偽りの希望 鬼丸「終斗」》登場後は【赤黒ドギラゴン閃】での使用が再燃した。だが既に3ターン目に《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命で山札捲りすることが環境インフレに追いついていなかったため、【赤黒ドギラゴン閃】での需要は一瞬で終わった。

アニメでの活躍 [編集]

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-13(KM2/KM2)
    モモキングとの最終決戦に向け、ジャオウガが今まさに立ち上がろうとしていた……。
  • DMEX-13(KM2㊙1/KM2)
    最終決戦に向け、ジャオウガもついに鬼エンドの力を解放させる!
  • DMART-01
    太古の時代、国や村を滅ぼしては略奪の限りを尽くす恐ろしい妖怪が存在した。それは「鬼」と呼ばれていた。
  • DM23-BD2
    強制的に鬼エンドを発動しつつ、打点を増やせるこのデッキの切札です。 最大で一気に手札が5枚増えるので、その中に邪王門OGがあることに期待して見切り発車するのが正解の時もあります。

収録セット [編集]

参考 [編集]