終末の監視者(ラグナロク) ジ・ウォッチ》 [編集]

終末の監視者 ジ・ウォッチ SR 水文明 (10)
クリーチャー:アウトレイジMAX 12000
T・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によって出た時、または攻撃する時、クリーチャーを2体まで選び、持ち主の手札に戻す。
相手のクリーチャーが出た時、または相手が呪文を唱えた時、ターンの残りをとばしてもよい。

DMEX-06で登場したアウトレイジMAX
アタックトリガー召喚時限定のcipクリーチャー2体をバウンスできる。さらに相手がクリーチャーを場に出すか呪文を唱えた時に任意ターンの残りをとばす能力を持つ。

ライバルとして、1コスト上には《完全不明》が存在する。
このマナ帯で1コストの差というのはあまり大きな差に見えないが、後述するようにこの差が大きく響くこともある。
能力は、相手がクリーチャー召喚したり呪文を唱えたりしたらターンを飛ばせる点が共通している。
だが、あちらは相手がカードマナに置く、あるいは攻撃するだけでもターンを飛ばせるため、相手ターン中のロックとしてはこちらより上。
対してこちらは自分のターン中にターンの残りをとばすこともできる。自分のターン中に相手がクリーチャーを出した場合、非ターン・プレイヤー解決前に相手にターンを渡すことで、cip等の能力の解決を不発にできる。しかも任意のため、かなり融通が利く。
加えて召喚以外の方法でバトルゾーンに出た時にも反応するので、召喚であるS・トリガー獣ニンジャ・ストライクのほかに革命0トリガー侵略ZEROにも対応可能。
S・トリガーニンジャ・ストライクなどからのコマンドクリーチャーによる禁断解放などを防げるというのは珍しいのでうまく活用したい。

  • 相手が呪文を唱えた時もターンをとばせるが、呪文に割り込んで誘発型能力を使うことはできないため、唱えた呪文の効果の解決は阻止できない。《デーモン・ハンド》などを使われた場合は、こちらのクリーチャーの除去は免れない。

ターンのスキップとバウンスは噛み合っており、クリーチャー手札に戻されると相手は1ターンに1体ずつしか場に出せなくなる。また、自分のクリーチャーも手札に戻せるので、自分のクリーチャーのcipを使いまわしたり、攻撃中のこのクリーチャー自身をバウンスしたりできる。
強力なロック能力を持つカードはロックしか能力を持たないことが多いが、このカードはバウンスを持つため場に出す際の隙が少ないのは大きなメリット。
攻撃時にもバウンスが使えるので、新たに登場したクリーチャーを次々に戻せば継続的に相手の展開を妨害できる。

踏み倒しをせずとも、2→4→6→10というマナカーブができればかなり早い段階で召喚でき、《完全不明》との差別化にもなる。
特に《剛撃古龍テラネスク》《コレンココ・タンク》とは相性がよく、マナブーストで6→10と伸ばして召喚をアシストできる。これらをこのカード効果で手札に戻せれば、今度は手札補充として再利用できる。
《マナゴリラ》も進化元ごとバウンスすることで、間接的にマナのカードを回収できるので相性が良い。
ただ、相手が大量展開した後だとバウンスが追いつかず、攻撃を防げないことも考えられるので注意。

踏み倒しで使うなら、召喚cipが使えない分大抵は《完全不明》に劣るが、《無限皇 ジャッキー》《無法のレイジ・エッグ》など、アウトレイジに対応した踏み倒し手段を利用できる。
また、コスト10であるため《スペリオル・シルキード》離れた時効果や、《Dの機関 オール・フォー・ワン》Dスイッチ《族長の魂友 ワチャゴナ》《SSS級天災 デッドダムド》破壊コストにすることで出せる範囲でもある。

コストが重いので、ビートダウン相手では間に合わない場合も多い。また、能力の解決権を渡さないタイプのループには無力なので、そういうデッキに対しては《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》などのメタカードも並べておきたい。

一応パワー12000以上サポートの範囲内なので青緑【ゲイル・ヴェスパー】では採用が考慮される。ただし、パワーが同じ《ボルシャック・ドギラゴン》の革命0トリガーからの効果バトルを防ぐと後述のように自分のターンがスキップされてしまうため、あちらに対しては有利でも不利でもある。

このように、出せば間違いなく強力なカードだが、バトルゾーンに出すギミックを想定しないと持て余すことになる。
《完全不明》と同様に、上級者向けのカードと言えるだろう。

ルール [編集]

《ジ・ウォッチ》側のターン中に相手のクリーチャーが出た場合、ターン・プレイヤー優先の原則により、そのクリーチャーのcip解決をスキップすることができる。例えばS・トリガーで《凶殺皇 デス・ハンズ》が出た時にターンを飛ばすと、自分のクリーチャーは破壊されない。

環境において [編集]

登場当初はやはり重過ぎることが祟って目立った活躍は無かったが、王来篇期には《流星のガイアッシュ・カイザー》軸の【青黒緑デッドダムド】《零獄接続王 ロマノグリラ0世》軸の【5色コントロール】【青赤緑ガイアッシュ覇道】などがオリジナルチャンピオンシップでこれを採用した上での優勝を記録しており、出す機構さえしっかりさせておけば十分に強力であることが証明された。

王来MAXに入ると、競合相手の《地封龍 ギャイア》等と異なり《流星のガイアッシュ・カイザー》の軽減対象かつ水文明単色である点等が評価され、【4色ディスペクター】(特に【4色ロマノグリラ天門】)を中心に流行。
ただし、同時期に登場したタマシードにはターンスキップが反応しないため、《完全不明》に入れ替えるプレイヤーも。また、【青黒緑デッドダムド】対面の場合、《SSS級天災 デッドダムド》の連続侵略で自身ごと盤面を処理されてからのターンスキップ解決、ということになりがちなので、案外着地しても安心できない。

DMGP2022』Day1(アドバンス)ベスト16を記録した【白青黒緑ギャラクシールド】に2枚投入されていた。

ゴッド・オブ・アビス環境では、【青黒緑ジャオウガ】【青黒緑グラスパー】といった《流星のガイアッシュ・カイザー》《終末王秘伝オリジナルフィナーレ》を基盤としたデッキのフィニッシャーとして広く採用されるようになり、完全に環境級のカードとなった。本来であれば《オールデリート》が主役になるはずの【青黒緑デリート】において3枚採用され、《オールデリート》の方がサブフィニッシャー的に2枚積みされるにとどまるという現象まで起こっている。

その他 [編集]

  • 「ジ・ウォッチ」の綴りは「the watch」となると思われる。
    Wは半母音になるため、これを頭文字とする「watch」の前に「the」を付けた際の正確な発音としては「・ウォッチ」となるのが一般的。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]